最近、岩崎由純先生ペップトークの講義に「ドリームキラー(Dream Killer)」という単語が頻繁に出てきます。



文字通り、「夢を壊す人」のことなのですが・・・



このドリームキラーは自分自身であったり、両親であったり、学校の先生であったり・・・わりと身近な人が多いのだそうです。



・・・で、その「ドリームキラー」の存在と影響がとってもわかりやすい映画



ってことで、今回は「ペップトーク」を実践するうえで重要な背景を学びましょう。




映画でペップトーク-ベッカムに恋して


ベッカムに恋して [DVD]


ペップトーク度(最高★×5):★☆☆☆☆

映画オススメ度(最高★×5):★★★★☆



【ストーリーと背景】


イギリスに住む主人公ジェスはインド人でサッカー大好き、ベッカム大好きな女の子。いつも男友達とサッカーを楽しんでいるが、そのプレイは男顔負け。



そんな彼女のプレイを見初めた女子サッカーチームのジュールズ(キーラ・ナイトレイ)は、ジェスに入団をすすめ、一緒にアメリカのプロサッカーチーム入りを目指すが・・・。



【ペップトークの見所】



冒頭に書いた通り・・・っていうか、ペップトークはあまり出てこないのですが・・・



・スポコンものの映画として楽しめます。


・青春ラブストーリー映画としても楽しめます。


・インドの文化やヒンドゥー・イスラム教の文化の違いが分かります。


・主人公がカワユイです。キーラ・ナイトレイも美人です。監督役のジョナサン・リース・マイヤーズもカッコいいです。



女の子は元気になるために必見の映画です。



子供を持つ親は、子供の夢をつぶさないためにどうすべきかを学ぶのに必見の映画です。






ベッカムに恋して [DVD]