なんだか、タイトルからは全く内容が想像できないんですけど・・・アイスホッケーの試合シーン満載の映画でした。


愛の伝道師 ラブ・グル [DVD]/マイク・マイヤーズ,ジェシカ・アルバ,ジャスティン・ティンバーレイク


パラマウント ホーム エンタテインメント


ペップトーク度 (最高★×5) :★★☆☆☆
映画オススメ度(最高★×5) :★★☆☆☆

【ストーリーと背景】

2008年全米公開の映画。
第29回ゴールデン・ラズベリー賞では、7つの部門でノミネートされ、最低作品賞、最低男優賞、最低脚本賞を受賞。

インドでスピリチュアルの修行を積んで「愛の伝道師」となって帰って来たアメリカ人のトピカは多くのセレブからも支持されていた。

父親がオーナーとして所有していたアイスホッケーチームを相続した娘ジェーンから、不振のチームのテコ入れを依頼される。

不振の原因は、チームの主力選手ダレンの夫婦関係。敵対するチームのゴーリー(ゴールキーパー)のジャックとダレンの奥さんが不倫していることにあり、ダレンはジャックに性的なコンプレックスを持つようになる。

それを煽るようにダレンの母親に対するコンプレックスが恐怖心となっているのだが…。


【ペップトークの見所】

まぁ、ある意味、超ヒンシュクもののコメディですね。
宗教問題といい、性的表現や性的な描写といい…。

あ、でも、そんなことがあまり関係ない日本人の大人は…笑って楽しめます。

この手の映画にしては、アイスホッケーの試合のシーンも多いし…

ペップトークはいまいちですけどね。

でも、そうはいいながらも…
決勝戦でこれが決まれば優勝というPKを得て、ビビっているダレンに対してトピカのペップトークというか…ペップパフォーマンス? があります。
Chapter:18 1:14’00”~





* * * * * * * * * * * *

ペップトークとキーワードについて、もっと知りたい方はコチラ

心に響くコミュニケーション ペップトーク/岩崎 由純

¥1,680
Amazon.co.jp

↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

AD

アメフト映画をチェックしていて、たてつづけにハル・ベリーが出ていたので・・・ついつい見たくなりまして。


キャットウーマン 特別版 [DVD]/ハル・ベリー,ベンジャミン・ブラット,シャロン・ストーン

ワーナー・ホーム・ビデオ

ハル・ベリーが出ていたアメフト映画ってのは・・・
ラスト・ボーイスカウト」と「クォーターバック

ペップトーク度 (最高★×5) :★☆☆☆☆
映画オススメ度(最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】



【ペップトークの見所】

厳密にはペップトークではないのですが、ラストシーンの語りが印象的です。
ボーイフレンド(刑事のトム)へのお手紙のようであり、自分自身へのモノローグのようでもあり、アファメーション(セルフペップトーク)のようでもあり…
Chapter:28 1:37’20”~



ハル・ベリーはルックスといい、スタイルの良さといい、運動神経といい、まさにキャットウーマンにぴったりの役者さんだとは思うのですが…
(彼女がこの映画でゴールデンラズベリー賞の最低主演女優賞…ってのは、この賞そのものがシャレだと思っているので、決して不名誉だとは思ってませんし、演技がひどいとも思いませんが…ってか、素晴らしいと思ってますけど。)

私にとって、キャットウーマンは、やっぱこの人なんですね~。

(バットマン・リターンズのミッシェル・ファイファー)
先にコッチを見たから固定観念があるのかもしれませんが…
ダサイ女の子とキャットウーマンの狂気の二面性は、こっちの方が素晴らしいと思うのです。


* * * * * * * * * * * *

ペップトークとキーワードについて、もっと知りたい方はコチラ

心に響くコミュニケーション ペップトーク/岩崎 由純

¥1,680
Amazon.co.jp

↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ





AD
The Game Of Their Lives

1966年FIFAワールドカップ(イギリス大会)における北朝鮮代表チームの奇蹟の活躍を追ったドキュメンタリーです。


奇蹟のイレブン 1966年W杯 北朝鮮VSイタリア戦の真実 [DVD]

東北新社

ペップトーク度 (最高★×5) :★★☆☆☆
映画オススメ度(最高★×5) :★★☆☆☆

【ストーリーと背景】

「ワールドカップ史上最大の衝撃」と語られるのは、この大会で、それまで全くノーマークだった北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)がサッカー界に君臨するイタリアを破ってベスト8に進出したからだ。
リーグ戦の初戦を0-3でソビエトに負けた北朝鮮はチームを立て直し、チリと引き分け、競合イタリアを下してトーナメントへ出場。
ポルトガル戦でもいきなり3点先取し…。

【ペップトークの見所】

まだ東西冷戦の真っただ中だった時代のサッカー・ワールドカップ。

開催国(イギリス)の外務省は随分と神経をすり減らしたようです。(国旗掲揚や国歌斉唱など共産主義や思想の問題からフーリガン対策まで。。。)

でも、共産主義国同士の対決となった北朝鮮VSソ連戦で、イギリス国民は平均身長165cmという小柄な北朝鮮の俊敏な動きと疲れを知らない持久力で最後までピッチを駆け回る強靭な体力、そして連携プレイを最優先したチームプレイ主体の戦術に魅了され、応援し続けたのだそうです。

人種や思想の壁を越えて、スポーツは心の障壁を取り払い、心と心をつないでくれるのです。

試合前や試合中のペップトークは出てきませんが、心に残るエピソードは沢山でてきました。





* * * * * * * * * * * *

ペップトークとキーワードについて、もっと知りたい方はコチラ

心に響くコミュニケーション ペップトーク/岩崎 由純

¥1,680
Amazon.co.jp

↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ






AD