こんにちは。イス軸法開発者の西山です。^ ^




「踵から着いて、爪先で蹴る。」


こんな歩き方を指導された事はないですか❓




この歩き方を、


ローリング歩行とも呼ばれているみたいです。



ローリング歩行用のシューズが開発されたり、

ローリング歩行の為のトレーニングをしたり、


一般的に「踵から着いて、爪先で蹴る」ローリング歩行が健康に良いと言われています。



でも本当にそうでしょうか⁉️





実はローリング歩行を行うと、

  • 体幹が弱くなり、
  • 骨盤が歪んでしまいます。



多くの方で試して結果を検証してきましたので、間違いありません。




検証の結果分かった事があります。


  • 立った姿勢の時にバランス(体軸)が悪い人ほど、ローリング歩行がやり易く感じ、

  • 逆にバランスが良く綺麗に立っている人は、ローリング歩行だと歩きにくくなります。


ですので、ローリング歩行を行っている方は身体のバランスが悪い方であり、バランスが良い人でもローリング歩行を行うと骨盤が歪む原因になり、肩こり腰痛の原因になります。




ではどんな歩き方が健康に良いのか⁉️


人体の構造的に考えると、足首や足裏の筋肉に頼らない歩き方が理想です。


足の裏をどうこうしよーと考えるのではなく、まずは正しい立ち姿勢(体軸)を整えるのを優先するべき。




正しい立ち姿勢ができると、

ローリング歩行よりも足が軽くなり、

歩幅も広くなり、骨盤が動くようになります。


そして肋骨も開くようににり、

呼吸が深く吸えます。


呼吸が深くなると、免疫力UPにも繋がります。




正しい立ち姿勢を作るには、

当会ではもちろんイス軸法を推奨していますが、

他のトレーニング法でもかまいません。




「踵から着いて、爪先で蹴る。」

先入観を一度捨てて、自分にとって一番良い歩き方とは何か!?を、身体にきいてみてください。👣