優先順位。 | 新 鎌倉インコ!

新 鎌倉インコ!

月日が流れ、鎌倉インコ亭は7王子2姫の大所帯になりました。

 
台風が近づくにつれて、不安定な天気。
自転車2台を一緒にカバーで覆っておいたら、
なんと、雨を避けたかったヘビが、
私の自転車の前かごに入り込んで昼寝をしていた。
夫が出かけるときにカバーを剥がしたら、
驚いたヘビはジャンプして逃げたそうだ。
ひぇぇ、カバー剥がしたのが夫で本当に良かった。
願わくばもう来ないで。。

 

午後になって娘が発つので一緒に駅まで歩いた。

あわただしかった5日間。

だけどやっぱり娘が来るとちょっと元気になる。

 

駅で見送った後、

さぁてと、ショッピングでも楽しもうかな。

娘と一緒に買い物はしたのだけど、

1人でのんびりする買い物はまた別の楽しみ。

とは言え欲しいものはそんなになくて。

 

よく行くセレクトショップの店長さんに言った。

母がね、だいぶ悪くなってて、念のため用意しておこうかと思って。

 

かつては高い喪服を持っていたが、

数年、或いは十数年に一度しか出番がなかった。

その間にデザインは少しずつ変わるし、こちらの体形も変わるし、

そしてしまいっぱなしの喪服はカビが生えたこともあった。

更に、葬儀が発生する季節は、圧倒的に厳暑や厳寒の季節だ。

正式な喪服はその中間に位置するものが多く、実用的とは言えなかった。

 

今後はもう、ごく近しい人の小さな葬儀にしか出ることはないと思う。

だから、そのために敢えて高い喪服を買うことはせず、

普段でも着られる黒いワンピースで代用したいと思っている。

長袖のものは去年買ってあるが、真夏には着られない。

なので、念のために、

真夏に対応可能なワンピースと薄手のカーディガンを買った。

真夏に不幸がなかったとしても別に無駄にはならない。

それ以外の用途でも着られるもの。

 

最近、葬儀とかお墓とか、そういうものに対する考え方が変わった。

もっと負担のない自由なものであってもいい。

そう思ったらちょっと気持ちが楽になった。

 

先日娘と立ち寄ったガーデニングショップに、

花が終わって整理品として裏手に無造作に置かれた

紫陽花の鉢があった。

伊予獅子てまりや、レオン、そしてマジカルノブレスだった。

マジカルノブレスは欲しいと思っていた紫陽花。

でも置いてあった鉢は、恐らく根詰まりしていて、

新芽も成長が止まった状態で、

葉っぱは何枚も枯れていて、状態が良くなかったので、

その時は買わなかった。

 

でも気になっていて、今日もう一度見に行った。

お店の人に、これ植え替えた方がいいんですよね、と

声をかけて、やんわりお値段はこのまま据え置きなのか

聞いてみたら、2割引いてくれるとのこと。

植え替えは秋までしなくても大丈夫ですとのことだったが、

私が買う意思を見せて、

「やっぱり今植え替えてあげた方が良さそうですね」と言うと、

3割引いてくれた。

明日植え替えてあげよう。

きっと植え替えたらぐんぐん成長しそうな気がするから。

 

妥協して喪服を買い、このままじゃ枯れてしまう紫陽花を助けたくて買った。

自分が何を大事にしたいのか、何に執着するのか、

優先順位を痛感しちゃったな。