まだら

テーマ:

フライデーファーマーズマーケットまで珍しく徒歩で行ってきました。

その道中会ったのがこの子(ハリー・4歳オス)。

 

image

日本のお友達のここもかにちょっと似てるな〜と思いました。

image

なかなか視線を合わせてくれません。

imageimage

 

これがやっと↓

image

 

image

image

犬見知りなのかなぁ。

 

おまけ↓

image

梨に見えるけど梨じゃない。林檎です。それもスーパー林檎・ゴールデンラッセル。

信じられないほどの味の濃さでお値段も高め。

あまりに味が濃いので料理用ですかと尋ねたら、生食用だそうです。

今のところ、フライデーマーケットでしかお目にかかったことがありません。

AD

恐ろしげな雲

テーマ:

image

まだ昼過ぎのはずなのに、薄暗い。

何か(雷鳴)が起こりそうでドキドキ。

 

外を見ると、

image

どっひゃ〜〜ん。

 

imageimage

こりゃ大変と覚悟していた割には、ドッカ〜ンもなくポツポツのみ。

 

imageimageimage

ダウンタウン方面は大雨だった模様。

 

ホッとしたペンネさん、人間のベッドでスヤスヤ。image

手足が何かのアレルギーでハゲハゲになってます(黒いのは地肌)。

カイカイが全身ではなく手足限定なので、食べ物原因説はほぼ否定されました。

軽い薬では効果がなかったので、強い薬に変えてもらったら痒みが治まってきたようです。

AD

ボタニカルガーデン付近の森の散歩道で出会ったコーギーのハル(2歳半オス)。

デカくてとてもフレンドリー。

 

image

imageimage

まっすぐ駆け寄ってきて、近くなるとはにかんだり照れたりw

 

image

ハル:えっと〜ぼ、ぼくハルです(照)

ペンネ:なんか用?

 

image

ハ:ちょっとご挨拶、いいでしょうか?

ぺ:へッ?

 

image

ハ:だからご挨拶をと〜

ぺ:ヒッ(ピキ〜ン)

 

image

ぺ:カッ(いきなり失礼ね)

ハ:ビクッ!(やべ〜こえーわ)

 

ハルの飼い主さんは「『ほっといて』って言ってるのね」と笑ってくれましたが、ジャックラッセルがどんな犬なのかはご存知なかった様子。

軽く説明しましたけど、ご理解いただけたかどうか(汗)

 

そういえば、ハルはペットショップで買ったそうですよ。

カナダでは日本同様、生体販売もあちこちで目にします。

 

image

自宅ベランダから見た夕焼け(ナイアガラ方面)。

この翌日から気温が下がり、秋らしくなりました。

AD

お気に入りの場所

テーマ:

木曜日に開催されるトロント・ボタニカルガーデンのオーガニック・ファーマーズマーケットには、ほぼ毎週ペンネと一緒に行ってます。

 

image

旬のものしか置いてないので内容的には全然大したことない(失礼)のですが、なんとなく好きなんですよね〜

 

imageimageimageimageimageimage

人間と一緒に買い物に来る犬は他にほとんどいないのもあって、ペンネはみんなに可愛がってもらってます。

ジャックラッセルを2頭飼ってるという羊チーズ屋さんは、いつもチーズの端っこを分けてくれるし(もらいっぱなしでは申し訳ないので、私もチーズやヨーグルトを買うのですが・笑)

 

image

買い物の後は、ボタニカルガーデンの周囲を散策することにしています。

ペンネは、森で走ったり川に入ったり。

 

image

山や川では、犬も野生の血が騒ぐようです。

鳥と泳いだ日

テーマ:

オンタリオ湖畔で特に美しいと評判の公園に出かけてきました。

image

トロント中心部から少し西にある、半島のようになっている公園です。

 

imageimageimage

岩場には小動物の隠れ家があるようです。

ペンネはそこら中を狩りモードで嗅ぎ回ってました。

 

image

こちらではヨットやクルーザーを持つのはごく普通のことで、特別贅沢というわけではないみたい。

沖にはたくさんのヨットが浮かんでました。

 

image

9月も終盤だというのに、日中はまだ真夏のような暑さです。

奥に見えるのはトロントのダウンタウン。

 

image

お、白鳥がいた!

 

image

一緒に泳いじゃおう。

(暑いので泳ぐ気になったようです。枝を投げたら水に飛び込んで取ってきました)

 

image

黒っぽいのはカナダガン。デカイですね〜。

 

(下4枚は夫提供)

ヒューロン湖畔へ

テーマ:

先週末は、ヒューロン湖畔で遊んできました。

片道3時間程度なので日帰りでも何とかなる距離ですが、コブル・ビーチ(Cobble Beach)で開催されるクラシックカーショーを(夫が)ゆっくり見たいということで、犬と泊まれる安宿をとることに。

急に思いついたのもあって↓こんなところしか空いてませんでした。

設備の古さには思わず笑ってしまいましたが、たった一晩ですからどうってことなかったです。犬が人間と一緒にベッドで寝ても全然平気なところがいいですね。

image

会場は前日から入場可能でしたが犬は不可だったので、特別に車を日陰に停めさせてもらい、中でペンネを待たせて私も一緒に見学してきました。

image

まだあまり車は揃っておらずスカスカでしたが、当日は素晴らしかったそうです(夫談)。

往年の名車の数々↓

imageimageimageimageimageimage

シロウトの私にとっても、なかなか興味深いものがありました。

image

虫やゴミがいっぱい引っかかってます(笑)

image

夫は翌日(本番)にも行って、大好きなクラシックカーを堪能してました。

 

image

私とペンネは別行動。

近くの公園でコーヒー飲んだり、ペンネはオヤツや草を食べたり。

imageimage

カナダガンの群れやカヌーオヤジの背中をボーッと眺めたりなども。

image

モーターボートの波が来て慌てて漕ぎ出すオヤジさま(笑)

 

image

のどかな時間が流れる美しい公園でした。

さわやかな秋を満喫中

テーマ:

image

放し飼い広場へは、週2〜3回車で通ってます。

自宅から徒歩10分くらいなのですが、どうせ出かけるなら、ついでにいろいろ用事を済ませられる方がいいと思って(単にものぐさなだけです、はい)。

具体的には、ビアストアでアルミ缶や空き瓶を換金したり(でまたビール買ったり)、スーパーに寄り道したり。

 

image

この子は韓国人のお坊ちゃんで、とても人懐こいです。

image

マロニエの実を取ってくれと私に頼んできました(笑)

イガイガを割って、中から実を取り出してます。

 

一緒に来ているおじいちゃまに、「毒だから捨てなさい」と言われてました。

 

image

生ってる実はこんな感じ。

 

image

栗そっくりですね。

 

放し飼い広場は多国籍で、英語のネイティブもいますが、韓国語やロシア語、中国語などもよく耳に入ります。

私もここでは英語を話すのがあまり苦になりません。

なぜならネイティブ以外みんな同じくらい英語がたどたどしく、気後れせずに済むからです(笑)

 

image

そして最近の「目の毒」尻尾ありコーギーのモカ・5ヶ月メス。

めちゃくちゃ可愛くて、みんなのアイドルです。

 

image

すでにペンネより大きい…かも。

 

image

ペンネはこの広場では最年長犬なので、めっちゃ威張ってます。

若者に文句言いたそうな口してるでしょ?

 

↓おまけ。

image

韓国出身だという「ソウル」。

韓国犬なんですって(飼い主は白人さん)

image

 

 

 

 

コセクイン!

テーマ:

image

本物は獣医さんでしか入手できませんでした。

 

日本のお友だちに情報をもらって以来1ヶ月近く、いろんなペットショップや薬局をはしごして探していたのですが、「そんなもん知らん(以下意訳)」という店員さんばかりで諦めかけていたのです。

でも今回たまたま立ち寄ったペットショップでダメ元で聞いてみたところ、「知ってる〜。でもここには置いてないのよ」とおっしゃるではありませんか!

詳しく聞くと、「獣医さんしか取り扱えない商品なので、かかりつけの獣医さんに聞いてみたら?」ですと。

車で来ていたので、その場でいつもの獣医さんに電話してみました。

ペンネも一緒にいるしすぐにでも取りに行けるジャン!と思ったのに、「あいにく今日は予約がいっぱい。明日ならOK。コセクイン出すには診察が必要だしね〜」とかったるいお答え。

 

仕方なく翌日出直し、診察後にめでたく入手できたわけですが。

 

それなら最初から獣医さんに電話すればよかったじゃないの!というご感想はごもっともだし、私も他人事ならそう言うと思います。けどできれば獣医さんとの接触は最小限にしたいじゃないですか(え?)

だってノンネイティブ相手に容赦なくマシンガントーク(に聴こえる)してくるんですもん。何度「え?」と聞き返したことか。(「もっとゆっくり話して」とお願いしても、しばらくするといつの間にかマシンガン…orz)

ペンネの病気で何度も通ううちやっと耳は慣れてきましたけど、それでも未だに「え?」を頻発してます(汗)。

医薬用語もわからないことがあり、わかったフリして帰宅してからPCで調べたり。

まあいろいろ大変なんです、私のようなオバサンには(居直りました)。

 

あと、どなたかご存知の方、教えてください。

「decongestants」を含む製品って、具体的には何がありますか?

「犬には毒なので与えないように」とか言われても、さっぱりわからないのですよ〜