駅の出入口が二つある理由 桜井線・畝傍駅 | 駅が大好き!misakitty
新型コロナウイルスに関する情報について

駅が大好き!misakitty

日本中の駅と駅舎をぐるりたいmisakittyの駅巡りの記録です。
私鉄全線完乗のため乗り鉄がんばっています。
2021年JMBダイヤモンド資格取得済。今年は、サファイアキープとSFC獲得のため乗り空も頑張りたいのですが、お金が…笑

この時間は奈良県の駅をご紹介しています。

撮影は、平成10年代初めのものがほとんどです。現在の状況とは変わっていることがありますので、参考にする際はご注意ください。

現在は、桜井線の駅を旅しています。今日はどこの駅かな?

また、当ブログをご利用される際は、必ずこちらの記事「免責事項について」をお読みの上、ご覧くださいね。

では,最後までごゆっくり!

 

**********

 さて、本日は、桜井線の駅のなかでは、どうしても訪問したかった駅、畝傍駅にやってきました。
こちらの畝傍駅、橿原市の代表駅となっています。
ただし、付近にある近鉄の大和八木駅のほうがはるかに賑わっているので、この駅が市の代表駅である実感はありません。

構内は2面3線ですが、実際には相対式の2面2線構造となっています。

駅舎はホームよりやや低い位置にあります。
この時点で、めちゃ古風な木造駅舎があるのが分かります。

この駅の最大の特徴は、もうひとつ駅の出入り口があることです。
こちらです。
現在は閉鎖されていますが、皇室用の出入口です。
現在でもたまに一般公開されていることですが、皇室が使用することは、なさそうです。

近くには橿原神宮や神武天皇陵がありますが、鉄道でお越しになるとしても近鉄利用でしょうから。

駅内です。
現在は無人駅となっていますが、きれいに清掃され、高い天井とあいまって風格を感じさせる駅です。

駅前広場は、その敷地をもて余すほど広くなっています。
大和八木駅などと比べて、同じ市内にあるとは重茂なくらい静かです。

では駅舎です。
駅舎は昭和15年の建築です。
昭和天皇の行幸に合わせて建設されたそうです。

駅舎の左側です。
団体用か間口の広いスペースがありました。

そしてこちらが駅舎の右側、皇室用の出入口です。
このような奈良の歴史と格式の高さをもつ駅舎、いつまでも残してほしいと思います。

 
(平成15年12月訪問)

 

桜井線沿線の鉄道と観光を楽しみたい方は、こちらで!