支援 | ひとこま ーペンギン店長のコンビニ道ー

ひとこま ーペンギン店長のコンビニ道ー

これは、事実を元にしたフィクションです。

類似した企業、団体があったとしても、そんなの関係ね~と思ってください。


被災地の現状を明確にご報告いただいています。
また、援助についてどのようが求められているのかが
しっかりと書かれています。 
「何かしたい」皆さん 参考にしてください。

被災地支援について  



以下ツイッター(朝日新聞)から引用です。
【被災地以外の方へ】・ボランティア/仙台市社会福祉協議会は、ボランティアの受け入れは
「飲み水も含めた食事や、宿泊場所を自分で確保できることが条件。ボランティアへのガソリ
ンの提供もできない」と話しています。仙台市に限らず被災地でのボランティアに関心がある
人は留意を。


少しずつ個人からの支援物資を受け付けるところが出てきていますね。
どこも、種類を限定している様子です
送りたいわたしたちは、「仕分けの手間がないように」ということでしょうか。
ちゃんと現地に必要なものを送りたいですね。
以下ツイッター(朝日新聞)から引用です。

【救援物資】東京都が18日から救援物資を受け付ける。
赤ちゃん用品、高齢者用品、生活用品、飲料水の4種類に限定。
新品・未使用であることが条件。食品や衣類は対象外。
問い合わせは午前9時~午後6時、03・5320・4585へ。

【被災地以外の方へ】アウトドアメーカー「モンベル」は生ものではない食品、
テントや寝袋などの物資を石川県羽咋市寺家町361の2の同社倉庫で募集中。
状況が整い次第、ボランティアを受け付けて物資を被災地に運ぶ予定です。


【個人からの救援物資受付】埼玉県/県中央防災基地と熊谷スポーツ文化公園
管理事務所で物資の持ち込みを受付。休日含む9時~16時。新品の食料、水、毛布、
大人・子供用紙おむつのみ。問い合わせは県災害対策本部(048・830・8281)


【個人からの救援物資受付】福岡県/提供したい人の申し出を受付中。被災地からの
ニーズに応じて折り返し連絡する。16日は紙おむつを送った。今のところ古着は不要の模様。
窓口は福祉総務課(092・643・3244)など14カ所 




私は自分が使っているHPやらWEBスペースは資源だと思っています。

(電力もさほど影響のない地区なので)

震災に役立つ情報を流す事で少しでも多くの人に

その情報が目に触れる機会が多くなればいいな と考えています。

(あまりアクセスは多くないですけど)

ネット人間の私に出来る ささやかな支援です。