ペネロペ母さんの人生腹八分

  • 16Mar
    • 次女の怪我の画像

      次女の怪我

      3週間前北海道で小中学校の一斉臨時休校が始まる前日の夕方一番姉さんから「○○(次女)、なんか大変な事になってるみたい」とメールあり。引退している姉さんのところに後輩男子から、LINEがあったよう。その日は、大会2日目。仕事も終わり、さてそろそろ帰るかーな時姉さんからの連絡で、一気に不安な黒雲が立ち込めた。レース中に転倒か??と慌ててリザルト(大会速報)をネットで見るも2本とも完走し、いつもと同じくらいかむしろちょっといい?なタイム。何かの間違えか?と思った矢先に顧問の先生から電話。オンシーズン中の先生からの電話は、9割 何か良くないことがあった時レース合間の荷物下ろしで、スキー板2台にリュック2個を担いだ状態で斜面を滑っている最中に前のめりに転び、顔面を強打し、頬の骨にひびが入ったとのこと。脳外科でCTを撮り、脳には異常はないので一安心だけど、まるで殴られたかのような状態になっていて、片目が開けらず。一番姉さんの卒業式が週末にあるも、保護者は参列できないとなり、コロナの感染リスクもあったので、札幌行きはやめる予定が、急遽旦那さんと一緒に車で向かう事に。怪我から2日後の金曜日、次女に対面。ゴーグル🥽をしていたのに、なぜ?というくらい、右目がグー✊で思いっきり殴られたように腫れて変色していて、見ているだけでこちらも泣けてくる状態。顔面全体も腫れて、口もあまり開けられず。年頃のしかも女子、痛さの辛さ以上に、この顔が一生元に戻らなかったら....という恐怖が凄まじかったかと。あれから、3週間。よーーーく見たら、少し左右の違いがあるかな?というくらいまで、回復しました‼️毎日、自分の顔を写真に撮っていた次女。(ものすごい記録写真💦)さすがに公開はできませんが(笑)、1週間を過ぎた頃から、朝起きるたびに良くなっているのが分かりました。副鼻腔に出血があった為、鼻血がしばらく止まらず、その後も10日間ほど血の混じった痰が出ました。右目の腫れがひいて瞳が見えるようになったら、白目が真っ赤に充血していて、その充血が2週間半でやっと気にならないくらいに小さく薄くなりました。幸い視力には問題はなさそう!(視力だけは良いうちの子供たち)真ん中姉さんを守ってくれたゴーグル。レンズにうっすら傷が入っただけで、割れてもいない。なのに、片目だけ殴られたようになっていた。長年選手のケガを見てきた顧問の先生も次女の今回のケガが不思議でならないよう。その証拠に、ケガ後「男子に殴られたのか?」としつこく言われたらしい。(そして、本気で疑われた男子部員たち💦)鼻血を出しながら、目が腫れて前が半分見えない状態で、2本目を滑ったというから、驚き。次女曰く「アドレナリンで滑った」ゴーグルがあったから、ケガもこれだけで済んだし、腫れてひどい顔も隠せた‼️ゴーグルがなかったら、板で顔を切っていたら、ヘルメットがぶっ飛んでいたらコロナの影響で、W卒業式の我が家は長女の高校卒業、末っ子坊主の小学校卒業を見届けることができないけど、今回の次女のケガを経験して「みんな元気なら、それで十分❣️」と、心底思いました。高校も休校になり、療養兼ねての帰省となった真ん中姉さん。季節外れの圧巻な流氷と映え写真を撮れたミラクル回復は、大自然から、エネルギーチャージできたからかな?雪のベッドでもエネルギーチャージ長すぎる休校生活も、どん底からのスタートだったので、元気になってきたここ数日から本格的に「ヒマ」を実感している次女(笑)。なにはともあれ、良くなって本当に良かった

  • 07Feb
    • インターハイで引退!の画像

      インターハイで引退!

      タイトルの通り無事に一番姉さん目標の『インターハイで引退』果たすことができました!これだけ見たらまるで優勝したかのようですが、残念ながらそうではない💦結果は思ったものではないけれど、我が家の姉さんよくこの高校でしかもスキー部で3年間やりきりました。後輩男子2人は、優勝したり上位に食い込む健闘ぶり。ひとつ上の先輩もトップ選手。そんなチームメイトがいる中での夏の陸トレは、中学生の時の一番姉さんからしたら、やれるのか????というかなりハードなレベルです。冬のレースや練習もきっと力の差に心折れることが何度もあったはず。それでも、腐ることなく逃げることなく最後までよく頑張りました一番姉さんがここまで頑張れたのは、同期のおかげ。道外から入学した2人。同じ下宿の屋根の下家族よりも沢山の時間を共にした。一番の相棒は、1、3年のシーズン初めに靭帯を切って2シーズン滑ることが出来ず。今回もインターハイに出られずラストシーズンを悔しい気持ちで過ごしているのに、まだリハビリ中の脚で会場に応援に来てくれた。一番姉さんの頑張りを誰よりも知っているから「心から素直に応援したい📣」と来てくれた。もう一人の同期は、これからもスキーを続けるので引退はまだ先。タイプが違うゆえ上手くいかない時期もあったけど、最後のシーズンは、仲間として協力しあえてホッとした。北海道の他校の選手にもたくさーーーん応援されて炭酸がけで引退を祝福してもらい本当に幸せ者です。今回、スペシャルゲストの義妹も駆けつけてくれました。娘達にとったらおばさん四半世紀前のインターハイの女王なので、(1年生で二冠、2年生は怪我で欠場3年生でも優勝🏆)大会関係者が知り合いだらけ。姪っ子の観戦だけでなく皆さんとの再会を楽しめた♫と言ってもらえ、不甲斐ない滑りの申し訳なさが少々薄まりました1本目の後に、動画を見ながらアドバイスをくれて、娘達「分かりやすい」と感動してた。お父さんから労いの握手🤝私と旦那さんも、一番姉さんのラストのレースをしっかりと見届けられて、目標達成❣️欲を言えば、滑りの成長を見たかったけれど、我が夫婦の一番姉さんの3年間の高校スキー部のゴールが【人として成長すること】しっかりとそのゴールにたどり着けたな!と感じることができました

  • 28Jan
    • キキとのお別れの画像

      キキとのお別れ

      こども達の最愛のきょうだい🐕が日曜日に天国へ旅立ちました。末っ子坊主と同級生。彼女は女の子🐕ジィジのことが大好きなキキにとって、ジィジと仲良しな末っ子坊主はライバルでもあったかな。ライバルだけど、大好き💕姉さん達が高校進学で家から巣立ってからは、末っ子坊主にとって唯一の心の友な存在だったキキ。キキが息をひきとる30分前まで一緒にいただけに、天国へいったと聞いて涙が止まらず。末っ子坊主以上に、キキを愛してやまない真ん中姉さん。訃報を遠征先で聞いて号泣だったよう。小さい頃から、1人と1匹の姉さん。ま、弟放置で、キキにべったりですけど。大きくなってからも暇さえあれば、キキとべったり❣️喉に悪性の腫瘍ができて、食べることも辛くなり最後の9日間はお水しか飲めず。一緒にねんねもしました。ジィジとバァバが旅行に行く時は我が家にお泊まり。寂しくて⁉︎真ん中姉さんの枕もとに💩をしちゃったコトもあったっけ😁一番姉さんとは、ちょっと距離感ありました(笑)。多分ペネ母と一番姉さんが上下関係では底辺コンビぽっちゃり犬でビーグルに見えないけど、そこが良いんだって!キキ12年間、我が家の子ども達のきょうだいでいてくれてありがとう。

  • 24Jan
    • 会いに行きたい〜〜の画像

      会いに行きたい〜〜

      夕方、一番姉さんからメール✉️(いまだにLINEを使わんペネ母)「今日で最後の高校生してきた!」シーズン中、ほとんど公欠で学校に行かないスキー部。今年の異常な少雪で、試合がキャンセル続き。全道高校後10日間くらい札幌にいたので、学校にも行けた。でも、3年生は卒業式前まで学校おしまい。なんか、あっという間の3年間。この想いは、卒業式の日のブログに綴ろう。「学校最後」というメールは北上する遠征バスの中からだろう。去年までホームだったカモイ岳が閉鎖になったので今年は、名寄のピヤシリが練習場。我が家から1時間半ちょっと‼️会おうと思えば行けちゃうよ♫お正月明けの集合場所も名寄だったので、練習風景が見たくてペネ母もくっついて行ってみた。姉さん達のスキー部近年稀に見る大所帯。バスに部員20 人近くと大きな荷物80台以上のスキー板💦よくまぁ〜こんなに載ってるね!というくらい出てくる出てくる。ひたすら隠し撮りする母こういう普通のショットが好き。スキー封印中につき至近距離まで近づけない望遠カメラを精一杯ズームして必死で記録に残します!ほんとは、滑っているカッコイイ写真を撮りたいのにーとにかく姉さん達が写ってればいい的な写真しか撮れずそんな母の気持ちが伝わったか、練習後に写真を送ってくれた一番姉さん!(左:次女 真ん中:長女)この日は、隣のジャンプ台で同じスキー部のノルディックの同期達が練習していたので、ジャンプの練習も初見学♫助走のビューーーーーンという音がすごくてびっくり‼️飛んでる〜〜着地のバン!の迫力にもびっくり‼️イイもの見れたわ〜〜!今度は、大会観戦に来たい!『姉妹揃って』がラストになっていく日々。見れるものは見逃すまい!と、2人に会える時にはパパラッチと化すペネ母でした。

  • 23Jan
    • インハイクライシス

      姉さん2人のインターハイ人生で最初で最後の姉妹揃ってのインターハイ他の競技だったら、いやいやアルペンでだっていくら競技人口が少ないと言ってもどんなに速い選手でもコースアウトすればそこでおしまい。かと言って、安全運転すれば良いわけでもないコンマ差で明暗が分かれる競技。うちの姉さんは、2人とも特別速い訳ではないので😅1人行けるだけでもレベル。なので、姉妹揃っては神様からのご褒美レベル❣️仕事も夫婦揃って休みが取りづらい月初それでもなんとかやりくりし(只今モーレツ仕事詰め込み中)お高い旅費も「えいっ!」と出そうと決めたところに大会のゴール付近までスキーを履かないと行けない疑惑浮上ワタクシ、びっくりするくらいスキーが下手。地元のスキー場でも「お母さん 滑らないで!」と言われてるのに超アウェイなリゾート系の大きなスキー場の「チャンピオンコース」なんて、200%無理滑ってもないのに母 まさかのコースアウトペネ母のインターハイの応援📣の夢はかなく散りそう

  • 21Jan
    • 抱負 2020の画像

      抱負 2020

      毎年、元旦の夕食の場で『今年の抱負発表会』を強制的に開催するペネ母今日、自由時間があったのでCanvaでイメージに合った抱負覚書を作成。一番姉さんスキーは卒業だけど、高校3年間で男子と同じハードメニューで鍛えた身体を生かして欲しいな。いい人とコトとの出会いを自分のチカラで見つけて欲しいな!という母の念力が通じたかのような抱負真ん中姉さん大好きな従姉妹?犬デザインで。(左の従兄弟君は先月天国へ😢)『1日で2日分の事をする!』いいね〜 その貪欲さ😁末っ子長男えっ、君いくつ?どっかの企業の広告みたい(笑)。旦那さんのは、非公開ペネ母欲張りな私は、これ以外にもありまして↑年1ー2回は寝込むのに、去年は疲れたらとにかく「寝る」をしていたら、ダウンしなかった‼️いやなことがあっても、寝てリセットって事で、今年は更にその「寝る」の「質」を高めたいと思います!↑薄っぺらい40代になりたくないので、感性と知性を磨こうかしら✨と↑狭くて深い付き合いが苦手逆に人見知りゼロ性格♫自分の成長を大切にしている方との出会いを積極的にしていきたい!これらは、今年に限らず大事にしている事!抱負発表会の最後なぜか母だけ家族から「抱負」を「指定」されました抱負というより「注文」だった。

  • 20Jan
    • ダメ出し?!の画像

      ダメ出し?!

      昨日久々オフだった姉さん達。遠征を一旦終えて、下宿にいるので、昨日はサツエキにお買い物。ポジティブ言葉好きな真ん中姉さん「欲しかったポエム買ったの!」ポエム久々に聞いたよ!あぁ、なんか『青春』って響き!ポエム「お母さんにいい言葉見つけたの❣️」なんだろ〜まさかの上から目線なメッセージ(一応、そんな母を目指していたつもりなんですけど👉👈)あまりの衝撃に、その後に読み聞かせてくれた色々素敵なポエム一切頭に入らず。携帯片手にフリーズする母を見て末っ子坊主「ダメ出しだな」と笑ってる。真ん中姉さんは、「自分もこんなお母さんになりたい」と心に響いたから私に言ったのだと思うけど、今日、仕事でも己の「できないっぷり」を痛感した矢先だっただけに、このタイムリーヒットにやられました一切頭に入らなかったモノ↑落ち着いてから読んだらなんか嬉しかった。真ん中姉さん「これすごくイイ」私が伝えたいコト日々伝えているコトポエムが代弁してくれていた。そして、次女にも伝わっていた

    • 眉毛×末っ子坊主の画像

      眉毛×末っ子坊主

      お母さんになる前から、ともすると中学生くらいから?中学生になるくらいの男の子の鼻の下おひげの準備が始まる頃の濃い目の産毛がそのままの感じがちょっと苦手自分に男の子ができたら、この時期をやり過ごせるかな〜〜な年頃になってしまった小6末っ子坊主夏ぐらいから口元が気になってしょうがないからお手入れするように教えたら結構マメにお手入れしてるそして遂に手入れし過ぎて?眉毛もジョリジョリうっかり手が滑って?眉山なくなり軽くヤ○キー風  隣の席の女子に「なんか眉毛薄くない?」と気づかれた💦「手が滑った」って言ってたけど、多分意図的「真っすぐな○○の眉毛がかっこいい」と言っていた。本人曰くヤ○キーというより「芝犬🐕みたい」かっこいいどころか可愛くなっちゃった。

  • 19Jan
    • 初心にかえると

      毎年 元旦に心に決め、正月明けには早々に三日坊主なコト『日記をつける』アメブロを始めたのが8年前!(えーーーそんなに前だったかー!)ここ2、3年すっかりご無沙汰ちゃんだったアメブロ。色々思うところがあって「今年こそは復活するぞ!」と思い、最初の記事を見返した。いい意味で変わってない私の根本悪い意味で変わっとらん日記が続かないコト悲しい、私の成長のなさっ!この8年で、子ども達がすっかり大きくなったのはもちろんの事、のんきな専業主婦からいきなり団体立ち上げ(いやがおうなし)事務のできない事務局長施設の管理運営にファミサポ のアドバイザーと心が追いつかない勢いで環境が大きく変わったペネ母。仕事用にと始めたFBが中心になってすっかりアメブロさんと疎遠になっておりました。仕事は、まだまだ荒波にもまれて転覆するんじゃと毎日気の抜けない状態ですが、だからこそ【自分がやりたいこと】→【アウトプットする】を見失わないようにしなくちゃな‼️と。日記が続かない理由『3行に文章が収まらないから』なのかもしれない『一発で文章が書けないから』でもある。ブログなら、この2つクリアできる一番姉さん18歳真ん中姉さん16歳末っ子坊主は見た目12歳(中身は43歳、同級生⁉︎)子育ても第4コーナーにさしかかるところ。気がつけば、家にいるのは末っ子のみ。ぼやっとしてたら、旦那さんと2人ぼっち。新鮮なネタが手に入るうちに、子育ての日々を通して【今】の自分の気持ちを綴っておこうと思います。

  • 18Jan
    • 末っ子坊主 育ち盛り!の画像

      末っ子坊主 育ち盛り!

      地元のスキー場木曜日からナイター営業もスタート!レーシングの練習がお休みだった今日朝9時からナイター終了の20 時までスキー場にいた末っ子坊主。お迎え予定の16時に迎えに行くと、ヒュッテで6年生の同級生達とわいのわいの。「ナイターも滑っていい?」ほぼ約束せずにスキー場に行き結局20 時まで😁数年前に姉さん達の遊び用に買った短いスキー。ファンスキーって言うのかな?姉さん達は殆ど使わず。ピンクの女子柄ですが(笑)、全く気にせず「今日、これで滑って来るわ〜〜」短いので、クルクル回るらしい。色んな板での滑りを楽しみたい末っ子。一番はきたい板は、もう少し雪が積もって板が傷つかなくなったら、登場させるよう。(登場せずにシーズン終わってたりして💦)多趣味且つその趣味がオッサンレベルな末っ子坊主。放課後は、まっすぐガレージ。休日もジィジが友達。こんなんで大丈夫かな💦と思っていたけど、スキーシーズンになりゲレンデに行くようになってから、練習後にも、友達と滑ったり、ヒュッテでチームメイトと戯れたり。家族といるより友達時間が多くなる。今日は、おにぎり2個と500円玉1枚。想定外の長時間滞在で、食糧不足💦友達のカップ麺の残りをもらったりしながら腹ペコこらえて滑りまくったよう。21時前に山盛りの🍚を平らげた!心も体もTHE 育ち盛り❗️母は、半歩ずつ下がって見守っていかねばね😉いつものスキーはお弁当。よく見たら、ハートとLOVEの文字満載な女子なバンダナだった🤭でも、苦情がないからまーいっか😁末っ子長男、お年頃でもピンクもハート柄も気にしない(笑)‼️

  • 15Jan
    • 全道高校 応援できた!の画像

      全道高校 応援できた!

      晴天に恵まれた2日間。インターハイ予選でもある全道高校の試合の応援に夫婦で行く事ができました。高3になった一番姉さんと高1の真ん中姉さん2人で同じ高校のスキー部での最初で最後のシーズン。今年はアルペンだけで19人という大所帯。我が子だけでなく、部員みんなの応援もあるから、さむーーい雪上での観戦も耐えられる!初日はGS、2日目はSL。一本目は、📸二本目はお母さんの声援入り動画で😁中学生までは、お父さんがコーチ。今も、お父さんのアドバイスが欲しくて、スキーシーズンになると、お父さんに電話をかけてくる2人。ありがたいね!年ごろの娘からラブコールがあるなんて❣️(普通なら、着信拒否でもおかしくないよ!)高校までアルペンスキーを続ける女子選手は少ないので、頑張ればインターハイに行ける。トップとのタイム差はだいぶ大きいけれど、「インターハイで引退する」という一番姉さんの目標は、叶う事に。真ん中姉さんも、一年生で両種目でインターハイの切符を手にできた。北海道は、北と南と分かれていて、且、学校枠3名という縛りがある。選手層の薄い学校だとチャンスがあり、強豪校に所属しているとどんなに速くても、インターハイに行けない。娘達は本来女子4人。3年生3人、1年生1人。3人目の枠、姉妹で争うはずだった。一番姉さんの同期、シーズン初めの年末に靭帯を切ってしまい最後のシーズン、滑る事が出来ず。1年生でも靭帯を切ってほぼ大会に出れなかった彼女。3年間で一緒に滑れたのは1年だけ。つらい夏場のトレーニングも一緒に乗り越えて来た同期。彼女がいなかったら、うちの長女はこの学校のこの部活でも3年間がんばれただろうか?そのくらい、娘にとって最高の仲間。大会には出れないけど、彼女ののぼりもちゃんと立ててくれた先生。19本並んだのぼりに、涙が止まらず。滑りたくても、滑れない仲間の分まで、一番姉さんは、頑張らなくてはねっ‼️引退まであと少し。「やりきった!」と思える時間を過ごして欲しい😌

  • 13Mar
    • ”6年前の今日の3コマ漫画。”

      5年前の今日の記事。あー、この時に戻りたい!この頃は子育て全盛期で「早く大きくなって〜」って思ってた自分に「この時期が一番可愛いんだよ〜❣️」「専業主婦バンザイ!」って伝えたい。

  • 10Mar
    • 強い気持ちの画像

      強い気持ち

      本人不在の卒業式に行って来ました。式が始まる頃に、真ん中姉さんの中3次女勝負のレース。前日に思うような滑りができず掴みかけた全国大会への切符逃げていったかな😞と正直思っていた母。期待はせずに、怪我だけせずに終われますように🙏と祈りながら、同級生達の卒業式を見守っていました。卒業証書授与の際の返事の「はい」野球部男子達が、めちゃくちゃ元気よくノリよく返事をして、楽しませてもらいました。卒業生の最後から数人目が真ん中姉さんの番。もうすぐ名前が呼ばれる!その時に「おかー」「よんばん」「いえーい!」のメッセージ。※オールひらがな 中3ですが😑名前が呼ばれた瞬間我が子の卒業証書授与を見れない寂しさと良い滑りができた嬉しさとオールひらがなメッセージに色んな意味で泣けました(笑)。卒業式が終わり、学校を出る頃に旦那さんから「ジュニアオリンピック決定!」の吉報が。シーズンラストのこのレースで、中体連の全国中学の他にもうひとつあるジュニアオリンピックという全国大会に行けるかどうかがかかっていました。ポイントレースで、拮抗する選手がひしめく中での最終レース。2日目の快心の滑りで、4位入賞!タイム差から計算されるポイントを更新して、全国への切符を再びつかむことができました!1日目が終わって、「今日はダメだった」「明日頑張る!」というメッセージをくれた次女。「中体連の全道大会リメンバー!」と返信した母。1月の全道中学でも前日の悔しい結果をバネに2本目で3位のタイムを叩き出し総合成績は6位!そして今回も快心の滑りでタイム差1.55で4位!選考枠の順位がこれまた6位6今シーズンのラッキーナンバー🤞今シーズン、大きく成長した彼女。まだまだ成績にムラがあって実力を安定的にレースで出せないけれどここぞ!という時に、きっちりいい滑りができている。「勝つことしか考えていなかった。」ときっぱり。「負けた時の心の準備」をしていた私とは大違い(母反省)。テーピングのお陰で、ぶっ飛び系のコースでもリカバリーできたよう。卒業式で教室前に展示されてた次女の作品。白い球体は同級生水色の球体は雪山にいる自分棒状のパーツはスキー板とストック卒業というテーマの作品作り。卒業式の日に中学校ではなくスキー場を選んだ彼女。『全国大会でリベンジしたい』強い気持ちで、結果を掴みとりました。「勝てる」という気持ちは、練習で積み上げてきた自分の滑りの手ごたえがあるからこそ。練習の度に、ダメな所をコーチのお父さんから聞いて滑りの度に修正かけて。ただただ量をこなした訳でなく考えた練習ができた成果だと二人を見ていて思います。何事も、頭と心がきちんと使えてはじめて身体が動くんだろうな。最近、頭も心も上手く使えていない私( 効率悪い生活中💦)。見習わねば。

    • 卒業式に雪山ですの画像

      卒業式に雪山です

      本日、次女の中学校の卒業式。しかし、我が家には私ひとり。当の本人は今頃スキー場。そう、中学校の卒業式ではなくスキーの大会を選んだ次女。中体連の初めての全国大会で、悔しい結果に終わった娘。全国大会で、今までとは違った経験をたくさんしやっぱりスキーが好き❣️もっと勝負していきたい‼️と実感したよう。中学校生活は、びっくりするくらい順調で(あ、学力以外)学校行事も部活もクラスでの役割もいつも先頭に立ってやっていた次女。友人にも先輩後輩にも恵まれ親としては悩みゼロ(あ、学力以外)。小学校低学年までは、そんな子になるとは思いもしなかったなぁ〜。担任の先生にとっては、初めての卒業生。3年間お世話になったので、最後に全員揃わなくて本当にごめんなさい🙇‍♀️「先生に申し訳ないよね〜」と言ったら「ここまでクラスを(私が)まとめてきたから最後は先生が仕上げて!」と言った次女😳図太い😑この図太いメンタルで、最後の勝負レース最高の滑りをして下さい‼️大会前に練習で大クラッシュ😱打撲で痛む膝の内側をテーピングで治癒力アップと補強をし大会に送り出しました。↑この冬は、整体師の健足さんにかなりお世話になっています!最近、思うように本番で実力を出せずに終わる次女。今日のレース中学生最後になるか否か‼️卒業式には、母がひとりで参列。次女の代わりに、制服着て証書をもらってうそうそ(笑笑)。次女の代わりに眼となって卒業式の風景を見届けてきます。最後の登校はジャージ。ま、次女らしい。

  • 01Feb
    • ねんねのお供  続々との画像

      ねんねのお供 続々と

      真ん中姉さんの全国が決まり入試も無事に終え(点数はひどかったらしい😓)やっと日常にもどれたぁーと安心した矢先元気印の小5の末っ子坊主【例年の10倍】なインフルエンザにやられました。しかも、親元離れて大会遠征中😱初日のレースを終え5、6年の部 30人中6位!入賞❣️の報せを仕事中に受けて喜ぶも、数時間後「38.8度 」の続報が😭引率のコーチが時間外で受診してくれ(申し訳なさすぎる)インフルエンザ確定。深夜に旦那さんと往復6時間かけて遠征先までムスコを回収に。(旦那さんも疲労のピークでよく運転できたなぁ〜と思い出すだけでゾッとします)みなさんに多大なるご迷惑と心配をかけながら、インフルエンザ看病生活スタート。なにがなんでも全国大会前の真ん中姉さんとコーチであるお父さんに移してはならぬ。ジィジとバァバの全面協力をいただきながらこの1週間、なんとか乗り切りました。高熱で3日で3キロ痩せた末っ子坊主。ヘロヘロになった彼が欲したもの「ぬいぐるみ」インフルエンザな彼がリクエストした子この子。真ん中姉さんの赤ちゃんの頃からの相棒。姉さんの代わりにインフルエンザの餌食となりました。おかげで、末っ子坊主熱とひとり幽閉されたつらい時間を乗りきれた。ぬいぐるみの癒し力再び実感。相棒が餌食となった事を知った瞬間真ん中姉さんがキレたことは言うまでもない。さすがに、これからの遠征のお供としてバッグには入らないよね、ぶたさんは。(ちゃんと洗って返すから!)それならこの子。おーーー!いいサイズ!いいゆる加減!※私のいとこがイラストレーターでしてその彼が作ったキャラクターのぬいぐるみこうして、にわかにぬいぐるみ🧸熱再燃中の我が家。母は、そんな子ども達の行動に癒されてます。

  • 25Jan
    • 高2のねんねのお供の画像

      高2のねんねのお供

      年末年始に束の間の帰省をした一番姉さん。遠征先→自宅→遠征先と旅がらす生活ゆえ大きな遠征バッグに必要な荷物をぱんぱんにして帰ってきました。バッグのファスナー近くが破れるくらいギュウギュウに詰め込んだ荷物から出てきたものぬいぐるみ😑「必要な荷物」から「必要ない荷物」が出てきたよね。でも、彼女にとっては必需品らしい。いわゆる「癒しグッツ」そのくらい、下宿生活、遠征生活、部活でのアレコレはストレスフル。我が家に戻り、4、5日の滞在でストレスフリーになったのか忘れて帰ったよねぬいぐるみ。そのままうちの子にしようかと思ったけど、きっとまた「必需品」になるだろうから他の荷物と一緒に送ったよね。この子。鳥大好きな私、たまらない。先日、一番姉さんの下宿に行ったらいたいた、ねんねのお供!しかもいっぱい🤩ゆるめキャラの中で眼光鋭めな赤い子が気になるところ。小さい頃のねんねのお供は親指だった一番姉さん。今はぬいぐるみです。

  • 20Jan
    • 全国大会への切符の画像

      全国大会への切符

      高2一番姉さん インターハイ中3真ん中姉さん全国中学揃って出場の切符を手にできました!高校生のアルペンスキー全道高校大会は、北と南に分かれていて高校になると選手の数は約半分に。中学校の大会に比べて全国へのハードルは下がるけれど、一番姉さんにとったらそれでも快挙。しかも2種目でいける。レースは、2本の合計タイム。1本目で失敗したらそこでおしまい。2本目もゴールできなかったらアウトだし、2本完走できても、コンマ何秒差での戦いだったりするので、ちょっとのミスが命取り。トップ選手が攻めてコースアウトしたり失敗する中、よく2種目滑りきった!タイムは全然らしいけど、メンタルも滑りもダメダメで自信ゼロの状態から、よく頑張った!中学生の全道大会。こちらは、選手も多くしかも北海道はレベルが高い!(高校もそこは同じ)全国に行ける人数も女子だとたったの9人程。100人近い選手から9人。トップ選手5-6人は安定なので、いかに残りの枠に食い込むか。そこを争うメンバーがまた多く真ん中姉さん、全国にいける滑りなのにこれまで大会でも上位に食い込むことができず。初日は、苦手なSL。細かいターンの種目です。強い横風向かい風が時々吹く悪条件の中のレースで、悔しい15位。今回、コーチの父と真ん中姉さん、かなりの準備(心も体も道具も)を入念にしている。気持ちはふたりとも「全国に絶対に行く!」2日目。「気分上げていこうゼェ!」的な飛行機雲。スピード系の得意なGS(大きなターン)。1本目で入賞射程圏内の7位をしっかりマークし、気持ちをつなげて2本目で、なんと3位のタイム!1、2位にコンマ差の好タイムで合計6位入賞を果たしました‼️いつもレースで実力を出しきれずに15位〜20位を定位置にしていた真ん中姉さんよくやった!技術的なコトはもちろんだけど気持ちのセルフコントロールをかなり意識してレースに臨んだ様子。周りの人に影響されない真ん中姉さんの強みをしっかりと生かしていました。そこだよね、最後は。メンタル。2本目をゴールし入賞が確定した瞬間同級生の仲間たちが、娘に駆け寄って一緒に喜んでくれました。自分達も全国に行きたくてでも行けなくて、本当はとっても悔しいのに自分のことのように喜んでくれました。一番の仲良しさんは、泣いてくれました。高校でもアルペンを続けると決めた真ん中姉さん。中学で辞めてしまう仲間とはこれが最後のレース。一番姉さんも真ん中姉さんも、ここまで頑張ってこれたのは、大会で会える同級生がいたから。ライバルだけど、競技人口の少ないアルペンスキーでは、違うチームの子もみんな競技の仲間。悔しくつらい思いもたくさんするけど、貴重な経験もたくさんできる練習の日々。学校の友達、日々の生活とはまた違った存在と場所があるというありがたさ。この冬、ほとんどを雪山と合宿所で過ごした真ん中姉さん。ハードな練習と生活もさらっとこなす強さも出てきた中3のこの冬。巣立ちの準備が整ってきました。全国大会への切符は、真ん中姉さんにとって、進学への切符でもあり。自分で勝ち取った彼女。大きな自信になると思います!あーーー母、真ん中姉さんの頑張りを間近で見届けることができこの上なく嬉しい!長女と末っ子についつい時間とエネルギーを持っていかれる3人子育て。次女の大事な瞬間を共有できて本当に良かった😊

  • 05Jan
    • 2018年のふりかえりとこれからの画像

      2018年のふりかえりとこれから

      大変ご無沙汰しておりました。昨年の春に17年の専業主婦生活から一転、子育て支援団体を立ち上げ(強制的に!?)事務のできない事務局長として拠点施設の管理運営を任され4月からスタートしたファミリーサポートセンターのアドバイザーという二足のわらじを履く!という無謀な1年(笑笑)それに加えて、町の教育委員というお仕事も任命され足の数以上のわらじを履いての1年。みなさんにいつも心配されながら(私、相当大変そうだったのねぇ〜)なんとか乗り切りました。これもひとえに、家族の協力と優しさと一緒に関わってくれているみなさんのおかげ。忙しい中でも振り返ってみたら実家に帰省し母校巡りしたり↑高校のそばの小田原城ぶらりと行ったのにもかかわらず、部活の同期に再会でき、2人で散策♫パーソナルカラー診断を受けたり↑私のパーソナルカラーいつもチョイスする色とドンピシャ!で納得‼️強み発掘セッションで自分の強みを知ることができひそかに仕事に反映させたりたまの休日に我が子と自然をのんびり味わえたり↑仕事の合間に大好きな浜でも束の間の家族タイム一番姉さんの仲良しさんが我が家にホームステイ↑次女と休日に裏の森を散策(あ、これは森ではないけど)↑釣りクラブの息子とその仲間達の自主練に付き合う時間も作れました!ハンドメイドも、ワークショップとイベント参加を2回ずつはできた!仕事では、町内の方だけでなく町外の方ともたくさんつながれ、ステキな出会いに恵まれ、学びの視野が広がりました!↑旭川の整理収納アドバイザー井下佳子さんとの出会いが2018年 No.1❣️2017年にひそかに取り組んでいたマクラメジュエリーの認定講座も無事に終え、夏に認定申請完了!12月の最後の最後にお礼と近況報告を兼ねて札幌の松田こづえ先生のレッスンを受けに行くこともできました!↑先生のアトリエに行くとやっぱり私はアクセサリー作りがしたい!と再確認できる‼️2018年自分の「やりたいこと」が周りから求められた「やらねばならないこと」に押し流されそうに何度もなりましたが、その都度、強制的に自分時間を確保して地元を脱出して、新しいコトに触れて心身ともにリフレッシュしてみました。子ども達が大きくなって身動きができるようにもなったので、できることでもあります。(なにより、旦那さんの理解が大きい💕あ、正確には【諦めに近い理解】😁)2019年仕事をスムーズにこなせるようにし(凡ミスなくす‼️)自分のやりたいコトを通じて地域の中に還元していけるよう(私が子育て中に求めていたモノを若いお母さん達に提供できるよう)やっていきたいと思います!周りに心配されないようにね😉さて、今日は御用始め。初出勤で愛車のワイパーが壊れて夫の車を恐る恐る運転・・・という初日からハプニングつきですが、今年も大小さまざまな困難もポジティブにとらえて笑い飛ばしていきたいと思います😊今年はアメブロもきちんと更新するぞ〜〜‼️

  • 23Sep
    • 次女の強さの画像

      次女の強さ

      只今 思春期真っ盛りの真ん中姉さん中3の次女。とはいえ、一番姉さんが3人分の大変さをひとりで稼いでくれたので(笑)大して次女には悩んでません😁それでも、ちょいちょい「あー、ちょっと前と違うな😞」「部屋にすぐこもるなぁ😒」「私の言うこと、うざがられてるなぁ😑」などなど、感じる日々。陸上も今シーズンは、大会にもあまり出ず、やる気はあるけどなんだかなぁー。勉強も一番姉さんに比べたら全然やる気はあるのに結果は姉さんと変わらず低空飛行😭やる気なく、だらしなくいい加減ならこちらもそれ相応の手段に出れるけど、やる気あり、きちんとしているだけに結果に結びつかないもどかしさだけが残ります。思春期模様 それぞれです。1週間前引退を延期して駅伝に初挑戦!一年生の後輩が女子だけで今年6人入ってくれた陸上部。長距離チームが女子4人になり、ひとり短距離からメンバー入りさせて北のはじっこの駅伝大会に!駅伝といっても、地元の中学校のバスケ部の出場が多いのですが、初めて走るコースでチームで2位!4区の次女までは1位だっただけに本当に惜しかった!男子は、昨年初出場で初優勝し、今年はぶっちぎりで二連覇!次女、疲労骨折気味だと思われる脚で「どうしても走りたい!」と。前日にプロにテーピングをがっちりしてもらい、レース前には痛み止め(薬嫌い)を飲ませ無事完走&区間賞!ゴール後歩けなくなり、痛み止めが切れたら痛みが襲ってきたよう。今シーズン最初で最後に次女の持ち前のガッツを応援できて、母満足。翌週の学校のマラソン大会は欠場しました。以前の私なら「びりでも出なさい」と言ったと思う。オニ母だから(笑笑)。子供たちがちょっと大きくなってそれぞれが、自分で考え、答えを出していくべきだと気がつけてから、アドバイスはしても最終的な答えは本人に委ねています。この駅伝も、走れないと思った母。そのくらい駅伝前数日は走れてなかった(歩くのも痛く、本人も塞ぎ込んでた)。走ることを自分で決めて、たすきをアンカーの後輩にたくせた駅伝。優勝は逃したけど「達成感しかない🤩」と超満足気(さすが次女だな)。アンカーの一年生は、責任感で泣いてしまったけど、先輩はみんなで走れてベストを尽くせて満足しているから大丈夫👌来年、リベンジかけて挑んで欲しいな!大きな大会ではないしものすごく速いわけではないけれど、こうやって自分の力を試せて手応えを得られる機会が持てありがたい!忙しい中大会の引率をしてくれた先生方と一緒走った仲間達と、お母さん達(お父さんも多かった!)には本当に感謝でいっぱい!部活最後に駅伝大会🎽いいシメが出来ました!

  • 19Aug
    • 逞しくなった姉さんの画像

      逞しくなった姉さん

      この夏も、地獄の夏合宿を乗り越えた一番姉さん。130キロの自転車峠越え2回黒岳登山アルペンなのに、ジャンプそして陸上トレーニング(地味にこれが一番憂鬱らしい)去年、初めてこのメニューをこなせた事に、家族みんなで賞賛し、ムスメを見直しました。そして今年。さらっとこなした一番姉さん。厳密には、やっぱりハードだったようですが、去年何分も飛び立つまでにかかり半ベソだったジャンプをサラッとこなしたよう。着地に失敗して傷だらけになる部員がいる中で、無傷で着地!ジェットコースターすら乗れないのに。こうやって、環境が人を変えていく。特に10代は、家族以外から受ける影響が絶大‼️真ん中姉さんにもたくさん成長できる環境に身を置かせてあげたいな。一番姉さんの逞しくなった身体と心を夏休みに実感しますますそう思うのでした。一人旅になっても自転車完走という自分との闘いに打ち克てた姉さん!うん、強くなってる!