TGI Friday! 神様に感謝する金曜日。

今週もよくがんばりました。

 

さてと

 

前回記事で投げかけた

「油返し」問題。

 

フライパンの下準備が終わっても、しばらく

油がなじむまでは「油返し」をしなくてはなりません。

 

「しっかり熱くして、冷まして、

おたま1杯くらいの油を入れ

火を入れてなじませ、

油をオイルポットに戻し、

火力調節してから」

 

・・・・・・・調理開始。 チーン

 

なれちゃえば楽、といいますが

朝忙しい時間なんかは

ほんとに面倒。

 

しかも揚げ物をしない我が家には

オイルポットがなく大き目のマグカップを

代理に使っていたので油を戻すときに

こぼれたりして大変。

 

(いずれ油返し不要になるんだから

オイルポットを買うという発想はない。)

 

油返し後はウエス片手につやつやに戻るまで

掃除掃除掃除。

気が狂ったように掃除。ゲロー

 

ていうか、常にお掃除ありきの

おそうじペコにとって、油があちこちずるずる

こぼれたりネトネトするのが

ものすごいストレス!!

 

料理<掃除 それがおそうじペコ。

 

駄目な主婦。

 

ガーン

 

そもそも

 

「くっつかなくなるまでやらないといけない」

 

の定義がよくわかりません。

調べると、1か月だったり、半年だったり。

 

もう一度説明書を読んで考えました。

 

つまりフライパンにある無数の穴をひろげ

油をそこに入れ込めばよし、ってことでしょ。

 

通訳すると

 

お風呂に入って毛穴をひろげてから

しっかりローションを塗れば肌に浸透する。

 

お肌と同じよ。

 

というわけで、1週間油返しをとりあえずやって

後はこれを使うことにしました。

 

世の中には油引きという

便利なものがあるのよ!

 

 

これを踏まえて鉄フライパン使用レポいきます。

 

1.初めの準備

 

説明書通りの形だけの焼き入れをし、油ならしをして

2回くらいクズ野菜をいためました。

その後1週間ほど油返しをしてから調理してました。

 

2.普段の使い方

 

強めの中火でフライパンをしっかり熱くします。

ちょっと煙が出る程度。

 

 

しっかり熱くなった=毛穴が開いた

ところで、火を消して油引きで多めの油

まんべんなく塗りこみます。

美容液を入れ込むようにね。

 

 

ここの油の量は、その日の温度湿度とか

前日なじませた油の量とか私の気分で加減。

多すぎればウエスでぬぐったり、逆に

油引きをもう一度足したり。

 

で、再度中火にして熱くします。

塗りこんだ油がさざ波のように真ん中

に集まってきたら準備OK。

ちょっと油煙が出るくらいまで。

 

 

あまりに油煙がでちゃったら、

いったんフライパンを持ち上げて

少しクールダウンしたり一呼吸おいて

弱火から中火で調理開始。

 

ここで「鉄は強火だ!」ムキー

なんて思って(最初やっちまいました)

強火のまま材料を入れると

バチバチバチっと油がはねまくって

気持ちが萎えるので私は弱火から。

(こんな時でも使用後の掃除を考え

オヨビ腰)

 

弱火~中火でも十分綺麗な焦げ目がついて

しっかり火が通ります。

 

また、早めに火を消して余熱で調理もできます。

 

3.調理の感想

 

最初はもやし炒めばっかり作ってましたが

3日目くらいからタンパク質のものも焼いてみました。

 

「豚肉の生姜焼き」

肉くっつきません。

 

 

「カブと茄子とベーコン炒め」

茄子が油吸って焦げ付くかと思ったけど平気。

 

 

「ハンバーグ」

ひっくり返せないかもと思いきや

綺麗な焦げ目(焦げすぎか?)。

気持ちよくひっくり返った。

 

 

「粉もの」

大丈夫、ぺろりとひっくり返せます。

 

 

「目玉焼き」

弱火でも綺麗に焼けます。

 

 

表面しっとり半熟なのに、裏側はしっかりとした

焦げ目。美味しい目玉焼きの条件よ。

ぺろんと剥がれます。

 

 

つまり、最初の1週間だけ油返しをやって

その後はしてません。

 

「毛穴を開かせ、油を塗りこむ」

「しっかり熱して、調理時は弱火から」

 

これでくっつかず上手に使えてます。

 

ガスだから?

昔IHではもうちょっと苦労しました。

 

嘘のようだけど、育てるというより

勝手に成長してくれてる感じです。

 

次回は鉄フライパンのお手入れ方法。

 

あら、あなたも鉄フライパン

欲しくなっちゃった?

 

まじかるクラウン よろしければ応援クリック

お願いいたします。
 
キラキラ油ならし不要のもあるのか

 

 

 
キラキラFollow me
   
 
読者登録してね