ドライブスルーの悲劇

テーマ:
嘉手納基地で働く友人の同僚Hさんは、日本とアメリカのハーフで二ヶ国語がペラペラ。 そう、うちの同僚Yさん と同じく。 まぁHさんの日本語力は、Yさんよりも上なのかもしれませんが・・・笑

そんな彼が基地内のバーガーキングに行った時のことハンバーガー
ドライブスルーに対応した店員が日本人らしかったので、日本語で注文したHさん。
注文を終え、車をカウンターに回して待っていたら、商品を持った日本人従業員が現れました・・・その時、悲劇起こった

どうやら、ここのドライブスルーのメニューパネルにはカメラが設置されていないらしく、確かに日本人が日本語で注文してきたはずなのに、目の前停まっていいるのはアメリカ人・・・マイク 実はHさんは欧米の血が濃くて、一見純粋なアメリカ人に見えるハーフだったため、思考回路が混乱してしまった哀れな店員さんは、商品を渡す際に歴史に残る一言を放ってしまったのです。 それは・・・ダウン















Thank you ございました。爆爆爆


ギャハハハハ爆笑 いけないと思いつつ、その場を想像したら笑いが止まりませんでしたかかえるかかえるかかえる

しかし、ワタスだって数々の恥ずかしい体験をしてきた身。 その言葉を言った後の店員さんの気持ちが痛いほど分かります・・・汗


peko-tinがゆく!-scream

Oh no! オラ、やっちまっただ!(←代弁笑)




本人はそれこそ『穴があったら入りたい』気分だったでしょうが、この話を聞けたワタスが、その日一日を笑顔で過ごせたのは言うまでもありません(←酷い笑)


ワタスの内に秘めた野望・・・それは、外見は純日本人、中身はアメリカ人のYさんに英語で注文してもらって、今度は店員さんに更に高度なありがとう very muchと言わせることネコネコネコ これを達成した瞬間、きっと店員さんは『生きた伝説』となることでしょうネコネコネコ



その時はワタス、仕事を投げ打ってでもドライブスルーに駆けつけます。

まず店員さんを無言でハグ。 そして、そっとこう囁くでしょう。 


peko-tinがゆく!-ドンマイ
ドンマイ・・・そして、笑いをThank you ございました爆爆爆



今日も良い一日を~♥akn♥クローバー







愛の応援クリックお願いいたしますぅクリック!
  ↓  ↓  ↓
peko-tinがゆく!-ブログランキング
どうもありがとうございま~す♥akn♥