冷えや熱で筋肉は緊張する | 京都の鍼師★岡田晃明(おかだてるあき)のBlog

京都の鍼師★岡田晃明(おかだてるあき)のBlog

京都の桂で鍼灸院をしている岡田晃明(おかだてるあき)です。
仕事の事、身の回りの事、健康の事等色々感じたことを
書いていきたいと思います。


テーマ:

寒いと血管が収縮します。

血液は温かいので、冷えるとそれを逃がさないように自律神経の働きで収縮するわけです。

その結果、血行が悪くなります。

血液が組織に栄養と酸素を供給し、二酸化炭素や老廃物を回収する役目を担うので、

血行が悪くなると筋肉は緊張してしまいます。

鍼が最も効果を発揮するのは筋肉の緊張による症状なので、

冷えで発症や悪化があり温めると楽になるのは鍼の適応症です。

 

ただ、何事も中庸がよろしいようで、、、

温かいのを通りこして、熱くなると逆に血液中の水分が減ってドロドロになる為に

血行が悪くなってしまうことがあります。

体温が上がってあちこちが痛くなるのはこの為です。

この痛みに関しても鍼の適応症です。

そして、水分やミネラルを補給してゆっくり休むのが良いでしょう。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

北京堂鍼灸の特長     

鍼療時間・治療方法・鍼療代

プロフィール         

患者様の声

交通アクセス         

お問い合わせ

北京堂 ホームページ      


頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・捻挫までも

京都市西京区桂野里町32-12 北京堂鍼灸京都

☎:075-202-4098

鍼療時間 9:00~22:00 

(19時以降の治療は19時までにご予約下さい)

月・木曜日定休 (土日祝は鍼療しています)

 

岡田晃明(おかだてるあき)★京都の鍼師さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス