image

 

image

 

 

横浜駅の地下にこの絵があって・・・

 

色の使い方が好み★

 

瞬時に気持ちよく買える財力が欲しい~!

 

福井です

 

 

前回の記事の続きで

 

実際のクライアントさんの例をご紹介します(ご本人には許可済)

 

40代でPC作業が多いお仕事をされているクライアントさん

 

「とにかく身体が硬い・・・・」

 

元々ジムに通っていてトレーニングもしていた方でしたが

 

特にハムストリングスが硬く、腰痛もあり、肩こりや首の張りもありました

 

前屈も膝辺りまででストップえーん

 

 

末端の還流指数も低く呼吸も浅い事が分かりました

 

徐々にセッションごとに変化は見られましたが・・・

 

あと一歩!!!!!

 

 

 

もしかしたら、、、と思い咬合を軽く調整をしたところ

 

 

 

あれ?????

 

明らかにアライメントや前屈の可動域に変化が見られドキドキドキドキドキドキドキドキ

 

お互いにびっくり~~!! ワッショイ~~

 

(あぁ~ここだったのね~)と私は心のなかで少しほっと・・したところ

 

それから1か月後のセッション・・・・・・・

 

お会いた時に後ろの姿勢を見たところ

 

(あっ?頭位のアライメントの位置がなんかいつもと違う気がする~)

 

カウンセリングするとオススメしたツールを使用していることが分かり、なおかつ

お身体を触ったところ、いつもカチコチの所が

 

 

 

「柔らかくなってるぅ~~~」

 

自覚症状は無いようですが触った感触は明らかに変化がありました

 

 

彼女の場合は他にもありますが、原因の一つとして

咬合の不安定性が身体の緊張を生み出し、関節可動域の制限があったと考えられます

 

 

このように筋肉が硬い、関節が硬い=伸ばすストレッチ

を選択するというのは根本の解決にはなりにくいという事を皆さんにも知ってもらいたい

と思います

 

なんで緊張してしまってるのか?

を考えてみてはどうでしょうか??

 

ドキドキ10月の1週目はオンラインレッスンのキャンペーン実施中ドキドキ

 

https://www.yokosuka291.com/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3/

 

 

 

 

この機会に是非自分の身体を知ってみるのはいかがでしょうか?

 

曜日を決めてコチラへ~~!!

 

https://www.yokosuka291.com/%E3%81%94%E7%9B%B8%E8%AB%87-%E3%81%8A%E7%94%B3%E8%BE%BC/