不器用なボクでも 魚が釣りたい

不器用なボクでも 魚が釣りたい

何をやってもブキッチョなボクが 先生のレクチャーを受けた後 実釣しながら たくさんの失敗を 試行錯誤しながら ターゲットを釣って行く奮闘記です。

Amebaでブログを始めよう!
前回の釣りが終わり 仕事漬けの現実に戻っていると 私の釣り先生のゆーきさんから「沖堤防コラボ 予約しておきましたから一緒に行きましょうよ!」とのLINEが

私「えっ 沖堤防?俺船酔いするじゃん。相手方、大丈夫なの?って 相手誰?」

ゆ「よ~ぜふさんと... 」

私「ふ~ん... ええっ?よ~ぜふさん!行きます。行きます。コラボ設定ありがとうございます!」

って感じで よ~ぜふさんとコラボして来ました。
よ~ぜふさんとは 不器用でなかなか釣る事が出来ない私に魔法のカゴで釣果アップさせてくれたり 豊富な知識でアドバイスをしてくれたりと 私にとって「神」的な人です。
知り合ってからだいぶ経ちますが 実際にお会いするのは今回が初めてなんですよね。
もう嬉しくってしょうがないです!



釣り当日の金曜日早朝に現地でよ~ぜふさんとお会いすると「いかにも釣り名人!」って感じでしたね。
LINEでのやり取りを重ねているので 会話はごく自然に出来ました。
よ~ぜふさんと一緒に来られた方は 三島のKさん(地磯マイスターらしい) ぱかぱかさんです。
早速御挨拶をし よ~ぜふさんのMYボートに乗船しました。
湾内で穏やかだったので 心配していた船酔いはクリア出来ました。
沖堤防に乗り Kさんの指示に従って好ポイントに入ります。

「いや~ 取り敢えず何か1本釣りたいなぁ。」
皆さん準備が早いので もう隣で青物釣ってます。
「もう釣れたの? じゃあ第1投目 投げますか!」




バチ~ン

「あれっ?何が起こったの?」
手元を見ると大バックラです。
周りが釣れているので焦ってしまい やり取り後のぱかぱかさんとバッティングしてしまいました。
すみません。

すぐバックラをほどこうと 糸を手繰ったり巻いたりしましたが時間のムダなので泣く泣くラインカット。
半分以上無くなっちゃいました。
もうこれで両軸遠投練習は絶望的になりました。
気を取り直してスピニングに切り替え 第1投。


「ブチッ~。」

? ? ?


「うお~っ! 高切れ。
この日のために用意したよ~ぜふさん特製国産夜光カゴ まだ1回も使ってないじゃんかよ。」

不吉な予感満載です。


気持ちを切り替え 再度両軸竿で投げ続けます。
周りの皆さんよりかなり手前までしか飛びません。
スピニングも同様 糸巻き量の限界で両軸竿並にしか飛びません。


こうなると仕掛け 棚等指示通りに投げ倒しても 結局ポイントに届かないので釣れないんですよね。

皆さん青物 デカイサキ イナダ等々バンバン釣ってるので 大堤防の時のようなミラクル起こるかも?を信じてやりましたが 神様は微笑んでくれませんでした。

デイゲーム ボ

あまりに釣れないので Kさんがデカイサキを ゆーきさんがカサゴを分けてくれました。
ありがとうございました。


皆さん こんな不器用でヘナチョコな私とコラボしてくれてありがとうございました!
次回はもう少し段取り良くするので これに懲りずにコラボ宜しくお願いします!



帰りにずっと前から探していた「ホンモノの塩カツオうどん」が食べられるお店がこの町にあるんですよ。 とよ~ぜふさんが教えてくれたんですよね。
食べる事は趣味でもあり 仕事でもある私なので 疲れた事等忘れて突撃しました。


厚木SAで出している「B1グランプリの塩カツオうどん」は食べた事があるんですけど 冷やしたぬきうどんに塩カツオふりかけがかかってるモノだったので 食べた印象は「なんだこれ?」だったんですよね。
ご当地グルメは やっぱりその土地に行かないとホンモノにはありつけないと悟りました。


店構えは普通の蕎麦屋って感じだったので一瞬躊躇しましたが 「ホンモノ食べたい!」が勝り 扉を開けると中はキレイ。
お店の方に事情を伝えると「分かりました。ホンモノを出してますので お席にどうぞ。」と。

御主人や御家族も良い人ばかりで 期待出来そうです。
待つ事数分。




ホンモノは 温うどんにメチャメチャしょっぱい塩漬けカツオの生干しを薄切りにして炙ったモノをメインに入れた料理だったんですね。
あまりにしょっぱいので こちらのお店はサービスで白ご飯をセットで付けてくれてるんですよね。

一口おつゆを飲むと メチャメチャカツオの旨味が出ているんですよ。
「まいう~!」

ちょっと塩カツオをかじってご飯を頬張ると これまた「まいう~!」なんですよ。

どんどん食べすすめて行くと お茶漬け風もイケるでしょ!って考え やってみると「まいう~!」です。

名古屋のひつまぶしじゃないですけど 一つの料理を色んな食べ方を楽しめて 非常に満足出来ました。

また 来れたら絶対寄ろうっと!