おしのさんの東京生活~50代の津軽海峡越え

楽しんで たのしんで。

笑って わらって。

だいじょうぶ。

道産子半世紀 ひょんな事から上京。

色んな事を生み出す『おしのさん工房』始まります。


テーマ:
ちょっと無理をし過ぎたのか 帯状疱疹が

悪化して何日か 入院するはめになった。

病室から見える青空は 何だか妙に感じる。


こんなに空が青いのに そんな所で

何をしているの?

こっちに出て来て 笑って遊ぼうよ。


空を舞う天使が そう言ってそう。



前のブログは 削除したのは訳がある。

私達は 住み込み管理人の今の職場を

去る覚悟を した。


そして履歴書を 書き。面接し。。と

次の手を打つ事に した。

それは余りに直属会社が いい加減だからだ。

ピラミッド型の組織の 下請け会社の一社に

私達は属している。

大元は それはそれは大きい企業だ。

日本で知らない人は いないだろう。


それなのに。

どうして こんないい加減な下請け会社に

寮の管理を任せているのか?!

それが 私達住み込み管理人夫婦の最後の

疑問だった。


大企業側の担当と 私達の

直属会社担当者が 同時に来るその日

私は ずっと溜まった怒りが爆発しそう

だったので サッサと逃げた。


高円寺でも 渋谷でも 吉祥寺でも

どこでもいい。

お茶でもして タバコ吹かして

息抜きしようぜ。


痛む体を抱えて街を 歩きながら

ふつふつと

『どうして?!辞めなきゃならんのか?!』

と 何度も浮かんで来ていた。

こんなに頑張って来たのに。

おや?待てよ。

あたしゃ 辞めたくないんだーね。





3時には 大企業 直属会社 夫。と

面談し パソコン問題を解決してるはず。



どうせ帰っても夫は 10時半まで厨房で

働いて居ないし あそこに帰るのが

その日は 本当にイヤだった。


でも帰る場所は そこしかない。




夜も9時を回った頃 静かに帰った。

そして じっと夫の帰りを管理人室で

待った。




夫は疲れた顔をぶら下げて いつもの

コック服で私に「遅かったね。」とだけ

言った。


この人はいつもこんな時 私に何をして

どこに居たか?なんて事は 聞かないで

居てくれた。


で。。どうだった?


夫は まず休ませてくれ。とジュースを

一口飲んで 驚く事を言った。


「全部 話したよ。」



は?全部って誰に?何を?どこまで?



いつも 聞く方は私 だった。




「いや 直属の担当者にも大企業側にも  

 さ。」



「引き継ぎも何も何も 無ければ

 前の担当者は 病気で入院なんてして

 いない。あらゆる悪さの限りを尽くして

 自分からとっくに辞めたんだ。ってさ。


 大企業側は 未だに入院してると思って

 たよ。

 直属の担当者には 全部言ったよ。

 こんな状態で仕事 できますか?ってさ。

 そしたら。

 直属の担当者も ただポンと前任者の

 携帯渡されて 頼むねと言われて

 引き継ぎも無いんだとさ。

     大企業側は 何とか 頑張って下さい。

 とさ。

 直属の担当者も それは酷い!!

 とさ。僕も困ってるとさ。



 だから おしのさん。





 もう少し ここで 


 やってみないか?」






ほぉ。。ニヤニヤニヤニヤ


そう。来たか。

そう。転んだか。

そう。運んだか。





私は 「ふぅーむ。」と 言って

嘘を考える時にする私の癖。。

右上を見上げた。



まぁ。あなたが そう言うならね。。



そう言って 何だか無理矢理

話題を 変えた。





神様は まだここで やることが

あると 言っているのか。。

辞めるな。やってみろ。と 言って

いるのか。





コーヒーをいれて ふーむ。と

思っていたら。


夫がポツリと 話し出した。


「おしのさんも多分 俺も。
 
 純粋で 真っ直ぐなんだろうけど。

 これからは 少し 小ずるく

 一筋縄で行かないぞ。って部分も

 見せなきゃダメだと 思うよ。」


私は コーヒーをすすりながら。



深く短く うなずいた。



そして私の心の 清んだ所で


この人と結婚して 良かった。と


なぜだか 思った。



夫婦ってのは 不思議なもんだ。





また やっていきますよ。


東京生活。


ここで。



ちょっと 休んだら。



またね。





手始めに 夫に似ているこのイラストを

模写して

食堂に 飾ろうかね。



笑い泣き

よかったら 応援してください。


がんばってみます。


この人と。



 

 

 



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

おしのさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「エッセイ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。