皆さまは、多目的トイレ(障がい者用とか乳児用?)を利用したことがありますか?

 

正常な体調。心持ちなら、自ら使うのは気が引けますよね?

 

お腹が痛くて、かけこんだ。とかそういうのは仕方ないと思います。

 

しかし近年、とんでもない理由で使う人がいてるらしいです。

 

コンサート会場の近くのショッピングモールではライブならではの服装に着替えるのに使うとかあります。

ヘルプマーク付けていない時代に、私も入ったことあります。

母親と一緒に入ったのですが、すごく嫌な対応をされました。

着替えたのは悪かったかもしれませんが、実際、普通の個室だとドアのかぎが固いとか、狭いとかで使いにくいことが多いのです。

だから多目的トイレが必要なのです。

 

今年も嫌な対応されたんです。

ヘルプマーク付けていたし、一緒に居た友達に、私、ここ入るわ。と言って自分だけ多目的トイレに入りました。

っで、手洗いまで全部やって、トイレのドア開けたら、何と赤いコーンが置かれていたのです。

友達が、私出てこれるのか心配してくれてました。電気付けて、人が入っているの分かっててコーン置いたのだとしたら失礼ですよね。

何年か前に対応した人と同じ人やったんやろか?

 

私は足引きずっている訳じゃないし、杖を使っているわけではありません。

長袖着ていて手が見えなかったら(見えたとしても?)障がい者ってことを分かってもらえないことが多いのです。

そやから、優先座席座っても、どいて!って言われるし、多目的トイレ使おうものなら白い目で見られます。

だからヘルプマークを常に身に付けておかないとですね。

でもあんまりヘルプマークをアピールするのも、いやらしいので、さりげなく付けている感じです。

ヘルプマークつけているからといって、役に立ったのは指折り数えられるほどですが、多目的トイレに入りやすくなったのは事実です。

どこに出かけても多目的トイレを選んで入るようにしています。

 

ベビーカーとか抱っこ紐するぐらいの小さな子供を連れた人が入るは理解してもらえるのに、車いすを使用しておらず、普通に歩いている障がい者が入るのに変な目でみられるって、おかしいと思います。杖をつかないお年寄りの利用も理解してもらえるんかな??

 

多目的=どんな目的でもいい。ではなく、必要な人が使いやすいように設計されたり、

処置が必要な人に対して、必要なものが揃っているトイレだと思っておくといいかもしれませんね。

 

久しぶりにまじめに書いてみました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ブログランキング(スマホ用)