こんにちは、PECの遠藤です。

 

当社では、地中熱工事を承っていますが、その地中熱利用における熱交換器(Uチューブ)設置工事の事前調査として地層の熱伝導率を把握する『熱応答試験』(サーマル・レスポンス・テスト、略称:TRT)の試験機も保有し、TRTも実施しています。

 

そのTRT試験機につきまして、このほどNPO法人地中熱利用促進協会が実施している『TRT装置認定制度』の認定を受けました。

 

この認定制度は、今年4月に本格的な適用が始まった建築物省エネ法に基づく省エネ基準適合義務化に関連するものです。

 

地中熱システムも省エネ基準適合義務化の中で導入することが可能ですが、適合申請の際、省エネ基準のWeb プログラムで消費エネルギーを計算する必要があります。

 

その計算には地盤の『有効熱伝導率』が必須となりますが、その値をTRTで求める際には、NPO法人地中熱利用促進協会が策定した「一定加熱・温水循環方式熱応答試験(TRT)技術書」に基づき認定を受けた装置を用いるほか、技術書に定める方法で試験を行う必要があります。

 

今回、認定を受けたことで、当社では地中熱システムを利用した建築物の省エネ基準適合申請における省エネ計算等の対応が可能になりました。

 

地中熱システムによる建築物の省エネ化に取り組んでまいりますので、ぜひ、ご相談ください!

 

 

※当社ホームページ( http://www.pecbor.cc/