パールフラクショナルVS Er:YAGフラクショナル | パールフラクショナル @銀座シンシア
2010-02-22 20:37:56

パールフラクショナルVS Er:YAGフラクショナル

テーマ:パールフラクショナル

前回の解説ではパールフラクショナルと、ノンアブレーティブフラクショナルレーザー(フラクセル2、アファームマルチプレックス、モザイク、LUX1540)などとの違いを解説いたしました。
http://ameblo.jp/drcynthia/entry-10463879529.html
をご覧ください(^∇^)

今回は、アブレーティブフラクショナルレーザーのなかでEr:YAGレーザーを使用したフラクショナルレーザー

(ピクセル2940、LUX2940、プロフラクショナルなど)

との比較を行いますね(o^-')b

ノンアブレーティブフラクショナルレーザーにLUX1540というモノがありますが会社は同じで別の機械です。

ややこしいですね(;^_^A
シンシア~Sincerely Yours 銀座の美容外科・美容皮膚科 Er:YAGレーザーはもともとは、炭酸ガスレーザーと同じようにスキンリサーフェシング(※表面全体をうすーく削っていく治療法、効果は高い反面ダメージが大きすぎて日本人には適応不可能でした)。

特徴としては水分に強く吸収され蒸散作用がほぼ最強になっています。ところが凝固作用が殆どないため血管がある部分にはあまり向いていない(´・ω・`)ということなのです。


フラクショナルレーザーに使用する場合は出血リスクを避けるためあまり深くは入り込まない設計になっています。


フラクショナルレーザーというのはやはり血管の多い真皮層の深い部分まで治療して初めて意義がある治療法なのでそういう意味ではEr:YAGレーザーというのはそもそもフラクショナルレーザーに向いていないレーザーだと言わざるを得ないでしょう。


また、凝固が少ないということは周辺コラーゲンへの熱影響も少ないので、コラーゲンの収縮・増生の作用も少ないということがあげられます。

メリットももちろんありますよひらめき電球

それは、創傷治癒がいいことなんです。(ダウンタイムも短め)


シンシア~Sincerely Yours 銀座の美容外科・美容皮膚科
なお、アブレーティブフラクショナルレーザーの中でも

炭酸ガスレーザー系Eco2などたくさんあります)


YSGGレーザー(特許の関係でパールフラクショナルだけ)
はしっかり穴をあけつつしかも凝固もでき出血をおさえるので深いところの治療がしっかりできるのですクラッカー

フラクショナルレーザー治療というのはダウンタイムがある分効果が高い理論の機械が望ましいのは当然ですよねおひつじ座

そうしたら、

凝固能力があまりないEr:YAGレーザータイプ

(PIXEL2940、LUX2940、プロフラクショナルなど)


凝固能力も兼ね備えている炭酸ガスレーザー・YSGGレーザーのタイプ
どちらを選びますか?てんびん座

☆☆☆パールフラクショナル キャンペーンメニュー☆☆☆

はこちら。

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ ←これを是非押してください~

面白かった、役に立ったよ!という人は是非クリックしてください。

押してくれるとこのブログにたどりついてくれる方が増えるんです~

1日1回ずつの応援クリックですごく元気が出ますニコニコよろしくお願いします(*v.v)。

コスメディカルクリニック シンシア(美容外科)

http://www.cosmedical.jp

http://www.cynthia-facelift.jp (フェイスリフト専門サイト)

info@cosmedical.jp (お問い合わせ)

0355500567

院長がお待ちしてます虹

美容のことお気軽にご相談くださいね(*^.^*)

パールフラクショナル シンシアさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス