• 29 Oct
    • 電気代

      まぁ戸建住宅での一人暮らしとなればできることは限られてくるんですが、一応この2年ほど、いろいろと工夫したりしてみました。それでもなぜか1万円の壁がなかなか切れず・・・もちろん夏場や冬はチャッピーも居るのでエアコン等はしなければいけないわけですが、今年はエコ雨戸のおかげで9月はほぼエアコンなし、その上「炊飯器を封印」して、土鍋でご飯を炊くようになりまして、とうとう8千円になりました!!おそらく単価は都度変わるので、電気使用量で比較してみました昨年(そこそこ節電を始めている)と今年で(9/22-10/21)去年 455kwh  今年370kwh (-85kwh)これでも多い方の部類でしょうね。日中家に居ない家庭ならば、もっと控えられてるでしょうし。洗濯も2日か3日に1回にし、炊飯器は使うときだけであとは電源から切るようにしています。基本的に個の時期は昼間はつけている電化製品はパソコンだけなんですけどね。夜もLED電球のルームライトのみの間接照明だし。もう少し頑張れそうだな。夏よりも冬の方が工夫は出来るので、真夏以外はできるだけこのくらいの使用量で頑張ってみます。

      38
      2
      テーマ:
  • 20 Oct
    • 夢見るレシピ スープのささやき 有間カオル

      夢見るレシピ ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫 あ 25-1)/有間 カオル ¥637 Amazon.co.jp スープのささやき―ゲストハウスわすれな荘 (ハルキ文庫 あ 25-2)/有間 カオル ¥637 Amazon.co.jp お料理系小説かなぁと思いつつ、またもや表紙買い(笑)それも「スープのささやき」から・・・でも、人物関係などもきちんと描かれているので2冊目から読んでも十分わかるのです。そして、スープのささやきから、1冊目の夢見るレシピを入手して読破しました。東京の山谷地区にあるゲストハウス(もちろんフィクションですよ)の通称・わすれな荘というゲストハウスを舞台に、そこに長期滞在中の主人公と同じく同居人たちのさまざまな国の人たちとの人間関係や、主人公の成長を描いています。そして、住民それぞれがフィーチャーされたお話もあり、すごくわかりやすいのです。大阪にも似たような地域があり、ゲストハウスというか短期滞在から長期滞在までできる基本的に日払いの棲家についても何となくイメージできるんです。でも、そういうところってどっちかというと色んなバックボーンを背負った人々とかが多いのかと思っていたら、今は海外からの留学生やバックパッカーも利用するんですね。秋田から上京し、しばらく身を寄せようと思っていた遠距離恋愛中の彼氏に裏切られ、当面の生活の基盤を固めるまでの一時逗留のつもりできたゲストハウスだったけど、いろんな人とのふれあいで彼女自身のなかにもいろいろと考えに変化も起こってくる。そして住民たちそれぞれも考え方が変わってくる。そしてシェアハウス的かと思いきや、基本的にはみんなゲストでもあるので、適度な距離感も保たれている。管理人さんでもある翔太さんが語学堪能で、みんなとうまくコミュニケーションを取りながらひとつずつうまくいくように導いている。そして「役立たずで飲んだくれ」のオーナーさんの幼いころの話も出てくる。ほんと悪い人が出てこないこの話。何か気持ちがほっこりしますし、海外の料理レシピも載っている(小説で出てくる料理のレシピがその章の終わりに載っているんです)ので、一石二鳥!味の描写も載っているので、ぜひ作ってみたいなと思わせます。

      80
      テーマ:
    • きのこご飯(備忘録)

      味付け的にも、ご飯の柔らかさも今回はGOODだったので、レシピを記録。マイタケ(1パック)、シメジ(通常の半分)、ニンジン(中位のを1/3)調味料:ほんだし(1/2袋)、しょうゆ(大匙2)、みりん(大匙2)ご飯2合、水は400mlを30分間吸水→約15分中火(湯気が勢いよくでて1分で切った)→10分蒸らしシメジが半分残ってるし、あとシイタケもある。土鍋で炊くとキノコ類はなんでもマツタケ風の香りになるのだと判明。しめじは特にそれっぽさ満点。土鍋の許容量がまだ良くつかめていないので、炊き込みご飯系はどこまで具を入れることが出来るかを手探りでやってます。キノコはうまく行ったので、今度は栗ごはんにもチャレンジしてみたいなぁ。そして・・・こんだけ2日に1回ご飯をガスで炊き、料理もそこそこちゃんとしてるんですが、1か月のガスの使用量が1m3でした・・・え?そんなもんなんだ。そして炊飯器を封印して1か月ちょっと。今月の電気代はどうだろうなぁ・・・

      5
      2
      テーマ:
  • 18 Oct
    • まぼろしのパン屋   松宮宏

      まぼろしのパン屋 (徳間文庫)/松宮 宏¥659Amazon.co.jp最近、なぜか食べ物に関するエッセイとか小説ばかりを読んでいたりします。これもそんな感じなのか・・・と完全なる表紙買いで、しかも帯すら読んでいませんでした。まったくの先入観もなく、作家さんの情報もないままに読み進めました。どうやら短編集(3篇の小説が入ってる)で、1つめのお話が「まぼろしのパン屋」とある関東の私鉄沿線で都市開発を進めている私鉄会社のグループがあり、その開発に関わっていた企業のあまり出世も期待されていない目立たないサラリーマンだった男性が、電車で出会ったおばあさんにとてもおいしいパンをもらったところから話が急展開する。。。という話。その男性の奥さんはパン作りにはまっているとか、その味見に付き合わされてパンに対してはあまりいい印象をもっていないとか・・・いろいろあるんですが、最後はすかっとするお話。不覚にも涙が出そうになりました。うまいなぁ・・・この作家さん。で、次の「ホルモンと薔薇」もちょっと泣けるお話。でも次の展開があまりわからなかったので、このエピソードと全体の話がどうつながっていくんだろうとか、そういうのが楽しみになる話です。これは神戸のとある下町が舞台になっています。そしてテーマは「焼肉」そして最後の「こころの帰る場所」は姫路が舞台、そしてテーマは姫路おでん。姫路の御祭り(結構昔は若い子が暴れていたそうな)を舞台にした中途半端にぐれたヤンキーたちのお話。これはほんとに涙腺崩壊しかけました。3つともその食べ物の描写もすごく絶妙で、めっちゃお腹が空くんですが、それ以外にも親子関係、夫婦関係・・・そういうのを描くのがとてもうまい作家さん。短編だけど、とても満足感のある作品でした。

      19
      テーマ:
    • 車移動は

      やはり早い。ただ、視力の低下もあるのと、以前に比べて極端にまぶしいのが苦手になってしまったので、日が落ちるのが早いこれからの季節は帰宅も早めになります。母の病院も母はご飯は17時前には終わるので、その後少し様子を看て、痰が多そうならば看護師さんに伝えるくらいしかできないし。来週は普通に1週間あるけど、たぶんまだ月末ではないので、そこまでいそがしくないし、平日に病院にも顔を出せそう。月末月初は自分の都合だけではいけないので、そこはあきらめないといけないんだけど。そして今日はチャッピーをお風呂に入れたので、何かあってはいけないし、少し短めでした。今は機嫌よくこっちむいてのびのびしてます。

      6
      テーマ:
    • ワンコのお風呂

      今日はお昼は25度くらいになるそうなので、チャッピーをお風呂に入れました。心臓が良くない子なので、トリミングに預けるのはもう2年くらいしていないんですが、家でストレスを与えないように洗ってあげるのはいいんですよって動物病院で教えてもらったので、不定期ですがお風呂に入れています。しっかり洗って、少しドライヤーで乾かして、そのあと・・・横でふてくされています。・・・ちなみにこのオットマンに毛布を置いたものなんですが、一昨年にアニマルコミュニケーターと言われる人が「チャッピーがやってほしいこと」として伝えてきたことなんですよ。私がPC前に座っているので、その横の日当たりが良い場所に毛布を敷いてほしいって。真夏は暑すぎますけど、今はちょうどいい季節だし。ちょっとだけ気持ちよさそうかも・・・

      6
      テーマ:
  • 17 Oct
    • 今週は速い

      もう土曜日・・・三連休だったので実働4日だもんね。とはいえ、昨日は部署の送別会があったんで、ちょっと帰るのが遅め、しかも久しぶりに結構飲んでしまい(それも普段はしないビール+チューハイ+ワインという呑み方・・・)、二日酔いにはなっていなかったものの、今朝ちょっとショックなこともあり(深刻なことではないけど、寝ぼけている+暗くて良く見えていなくて・・・で起こった失敗)、昼前くらいまでのろのろと動いていました。おかげでチャッピーともゆったり過ごしたんですが。で、夕方母の病院へ行ってきました。そろそろインフルエンザの予防接種の案内も来ています。もうそんな季節なんですね。

      7
      4
      テーマ:
  • 12 Oct
    • 連休最終日

      こないだのシルバーウィークは詰め込みすぎて体調を崩してしまった反省から、今回はゆるく過ごす休暇をこころがけました。初日だけは今回写経会を入れたんで、土曜日までが平日で、残り二日を自分の休日って感じで意識しました。昨日はゆっくり家ですごしました。今日は朝から少しだけ動こうと家の前の部分の草取りと枝切りをして、すこしだけスッキリしました。あとは庭なんだけど・・・こっちはまだ大きな蜘蛛の巣が沢山あったりするんで、もうちょっと気温がさがらないと無理かな。でもまぁ、ほんのちょっとでも「できたこと」があるだけで気持ちが上向きになりますし。母がいたころは毎日のように他人さんが家に入るので、玄関先にしても室内にしても散らかさなかったし、整理整頓にも気を付けていましたけどね。さすがに2年近くほとんど人が訪ねてこない生活をしているんで、その辺手抜きになってるなぁと実感。ちょっとほったらかすと外から見ても空家に見えかねないので、気を付けないと。できれば今ぐらいからちょこちょこ大掃除を開始すればいいっていうけどね。まだ寒くないし。今のところ週末に出掛けなくてはいけない(病院以外で)予定がはっきり決まっていないので、週末のどっちか1日はそういう日に充てて行こうかな。

      48
      テーマ:
  • 10 Oct
    • 妙法写経会

      今日は初めての写経会に参加。写経会って、みなさんで心静かに写経をするだけって思っていたんですが、今回のは写経をする紙をいただくお作法や、墨をするためのお水を亀井堂と同じ水源をする井戸からお水をくむお作法などを経て、きちんと勤行をしてから写経をする。1枚を1時間で写経するだけではなく、その写経を四天王寺さんのお坊さんがたのご協力のもと、五智光院という5月に授戒をうけた道場で行うんです。しかも、その写経・・・お坊さんたちと一緒にするんですよ・・・まぁ精神集中して、下敷きに書かれている般若心経を書き写すんですが、普段毛筆を使わなくなっているので、筆先のコントロールがまったくできない。そういうのも含めて、落ち着いて筆先にまで意識を集中させなくてはいけないんだなぁ・・・さすがお坊さんたちは慣れているので、すらすら書かれている。墨をするのも短大ぶり(一応国文科だったので書道の授業もあったりした)・・・いやぁ懐かしいなぁ。でも、下敷きに書かれているものすら満足になぞれない自分に、もっと手先に集中して字を書かなくてはって反省しました。これでも子供のころにお習字を習っていたのにな。でも、ちょっと最後の方は筆にもなじんできたので、定期的に自分で書くことを続けてみようかなって思っています。手先を使うことも精神集中に良いでしょうし。そうそう、四天王寺の奥殿の門で「猫の門」っていうのがあるんですが、ここに左甚五郎の「ねむりねこ」が居るんですよ・・・そして、なぜかこの門周辺には野良猫?散歩ネコ?が数匹いました。前回の授戒は1日がかりで16時前に終わったため、なかなか境内を散策できなかったんですが、今回は早めに終わったし、写経の前のお作法として境内の中をあちこち移動したおかげで色々なところを見ることができました。お約束の亀の池です。都市伝説でここにすっぽんが混じってるとかなんとか・・・そうそう、帰りに参道の「あもや南春日」でみかん大福を買いました。実は前から気になっていた和菓子屋さんです。季節の果物で大福を作ってるそうで・・・また来てみようかな。写経道具もこの参道には結構売っているので、それを見に来てもいいかなって思っているので。

      27
      テーマ:
  • 03 Oct
    • 何とか乗り切りました!!

      シルバーウィーク明けに強烈な風邪で体調がどん底になり・・・ここまでひどい風邪も久しぶりだったのと、巷でもインフルエンザや風邪が流行っていると聞いてたので、とにかく病院にいって遷すことだけはしてはいけないと、心配ではありましたが9日間も病院に通うことができませんでした。で、仕事も結構忙しい時期ではありましたが、何とか残業などで乗り切って、ようやく土曜日!今日は船場まつりでもあり、坐摩神社で行われた鎮守の杜音楽祭の本番。10数分の出番ですが、夏からしっかり練習してきたので悔いなくやり遂げたいなと。と・・・いいつつ。舞台(本殿)の裏手、で楽器をもって仲間が来るのを待っていた時の写真です。咳止めなどを飲んでいたので、咳は大丈夫だったんですが、なぜか舞台に上がった途端に左側がすごく寒い・・・鳥肌がざっと立つくらい。なんだったんだ・・・と思いつつ、無事に本番を終え、次の出番は出演者全員での合唱の伴奏。すでにスタンバイしていた大阪ガスマンドリンクラブさんの中に入れていただくんですが、なぜか後から行った自分がプルトの表に・・・いえいえ、合同練習もでていませんし。。。。そのときも場所は多少ちがったんですが、やはり楽器を演奏し始めると左がすごく寒くなってくる・・・演奏も拍手で終えることができ、何とか終わったんですが・・・楽器運搬でやっぱりすごく汗もかいたし(実際に今日は1万5千歩以上歩いているし)、会社に戻って楽器を片付けて、他のメンバーさんたちからも打ち上げに誘われましたが、足も限界(3cmのパンプスをはいていたので)で、まだ本調子ではないので、辞去して病院へ寄ってきました。病院の近くも今日はだんじりの日なんですが、うちはだんじりの地域ではなく、どっちかというと「よそ者」なので、できるだけ邪魔にならないようにという感じで、こういうときは車では出掛けないとか、不要不急の買い物などは控えています。そして病室の窓から見える風景・・・(目の前は職員さん用の駐車場)その向こうのほうからだんじりのお囃子が聞こえてくるんですけどね・・・どのルートを通っているんだろう。母も散髪をしてもらっていて、今日は元気そうでした。よかった。色んな想いとか心配事がいっぺんに吹き飛んだので、明日からはまた自分のペースの淡々とした生活に戻ろうと思います。

      58
      2
      テーマ:

月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。