こんな言葉がけが子どもの「問題解決能力」を奪う?! | 【大阪】イライラ・不安解消『マインドフルネスセラピー』子どもに感情をぶつけるのはもうイヤ!なママをサポート

【大阪】イライラ・不安解消『マインドフルネスセラピー』子どもに感情をぶつけるのはもうイヤ!なママをサポート

大阪(鶴見区)のピースオブマインドは、子育てや人間関係の悩みなどの相談事業やマインドフルネス、啓発講座による女性や子育てママのサポートと共に、音楽ライブやダンスワークショップによって、心が癒され生きる力の回復を促す活動も行っています


テーマ:


こんにちは。
ピースオブマインドです。



子どもとの会話の中で、
ついつい言ってしまいがちなのが、



「~したら~してあげる」


「~しないと~してあげないよ」


「おりこうさんの○○ちゃんが好き」




という言い方。




言われたことがある、
という方も多いかもしれませんね。



こうした言葉がけを、
条件付きの愛情と言います。




これらの言葉が、
子どもの脳に刻み込まれることは、



自分のままではダメ


~しないと認めてもらえない。


~しないと愛してもらえない。




というメッセージです。



自己肯定感が育ちにくく、
自分に自信を持てなくなってしまいます。



これは、


自分の思うようにすると愛されない。


親の思うようにすれば愛してもらえる。



ということなので、
子どもにとって、
親の言うことを聞かないと
見捨てられるという恐怖となります。




そうすると、
親の考え方が行動の基準となりますよね。


行動基準が自分以外の他者
となるのですね。




親子間でそういう関係性が続くと、
大人になっても大事なことを決める時など、


どうしたらいいのかわからない


ということも起こります。




自分で感じ、考え、行動する機会がなかったので、
問題が起こった時に対処する力
が育っていないですね。




でも、大丈夫ですウインク



今まで使っていた言葉であっても
手遅れだということはないので
安心してくださいね。




「~したら~してあげる」


「~しないと~してあげないよ」



これらの言い方は、



「~して欲しいな」


とストレートに
気持ちを伝えるといいですよ。




そして、
「どんな○○ちゃんでも大好きだよ」
と子どもを大切に思う気持ち
を伝えてあげてくださいね。



そのような関わりは、私たち親も
自分自身を好きになれるように思います。



言葉の裏側には、
深い意味があることが多い
ので
適切な関わり方を知っておくことは
大切なことですよね。




受付中のメニュー


〜すべては感覚を取り戻すことから始まる〜
考え方のクセを変える(脳の構造を変える)
人生脚本を書き換える「最新科学」の心理療法です。
   ↓↓↓

先着2名様!6月のマインドフルネスセラピー
○ブレない、揺るがないストレスに強い心を作りたい! なりたい私を実現し、充実した幸せな日々を送りたい!方へ


 


先着3名様

6月のお試し相談・カウンセリングの受付


 


あと1名様!
ママの悩みを解決する『ママの安心サポート』


 


 


イライラしたくない!自分を変えたい方へ


 




機能不全家族の呪縛から解放されたい方へ


 


 


○子育ての基礎を知りたい方の無料メール講座  


【子育て中のイライラ・不安を解消する7つのステップ】


すぐに使える!「子どもへの適切な声かけリスト」を進呈。



日々の気づきに幸せを感じるカナヘイハート


「心の栄養メッセージ」無料メルマガ


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°


  


お客さまの声



携帯090-8208-2487


 


 


 


 


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ にほんブログ村


子育て情報 ブログランキングへ


 


 


マインドフルネス 大阪 イライラ


子育て相談 悩み相談  育児ノイローゼ 


鬱 パニック症  アダルトチルドレン 


機能不全家族 虐待 母親失格 


子育て 辛い 子育て支援 ママ友


 


 

ママの不安・イライラ解消 マインドフルネスセラピーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります