子どもへの声かけ「どっちが適切?」 | 【大阪】イライラ・不安解消『マインドフルネスセラピー』子どもに感情をぶつけるのはもうイヤ!なママをサポート

【大阪】イライラ・不安解消『マインドフルネスセラピー』子どもに感情をぶつけるのはもうイヤ!なママをサポート

大阪(鶴見区)のピースオブマインドは、子育てや人間関係の悩みなどの相談事業やマインドフルネス、啓発講座による女性や子育てママのサポートと共に、音楽ライブやダンスワークショップによって、心が癒され生きる力の回復を促す活動も行っています


テーマ:



こんにちは。
ピースオブマインドです。




さて問題です(^-^)


子どもへの声かけ「どっちが適切?」



ある寒い冬の日の出来事です。



病院の混み合った待合室で
2歳ぐらいの女の子を連れたお母さんがいました。


女の子はお母さんの隣で座っていましたが、
靴や靴下を脱ぎ出しました!



ここでお母さんが一言、


「○○ちゃん、せっかく自分で履いたのだから履いておいて!」



と言いました。




近くで見ていたおばさんは、

「寒いから履いておこうね」



と、声をかけました。




あなたなら
どんな声かけをしますか?



子どもといると、
なんて言ってあげたらいいのだろうと
悩みますよね。




子どものために【適切な声かけ】は・・






「寒いから履いておこうね」




です!!





理由は、
「せっかく自分で履いたのだから履いておく」



これは親がして欲しいことであって、
子どものためにはなっていないですよね。



履かせる時に子どもが履いてくれなくて
大変だったのかもしれないのですが、


もし、これが電車の中で座っていて
上に上がりたい場合は、


座席が汚れないように、
隣の方には安心して座ってもらえるように
靴は脱ぎますよね。




子どもが
「自分で履いた時は履いておく」と
覚えてしまうかもしれないので、



おばさんが声をかけてくれたように
「寒いから履いてこうね」
と声をかけるのが適切です!!




そうは言っても
子どもが脱いでしまう場合は
強制的に押し付けなくてもいいのですが、



「寒いから、靴下だけは履いて
あたたかくしておこうか」
とか、



「○○ちゃんが風邪をひかないように
靴下は履いておこうね」
とか、


子どもを大切に思う気持ちを
伝えてあげるといいです!!




「ダメ!」
「履いておきなさい!」と、


叱って、言うことを
聞かせることは簡単ですが、


子どもは自分の行動や
気持ちが否定されたと傷つき、


「命令されたら従う」
ということを覚えていきます。




たとえ面倒でも
丁寧に関わることで


親が子どもを大切にしていることが伝わり
子どもが自分を大切にすることを覚えていきます(^^)



適切な方法を知っておくことは
自分にとっても子どもにとっても
大切なことですよね。



そして、
心のやさしい子どもに育ちます。




受付中のメニュー


先着3名様

1月のお試し相談・カウンセリングの受付


【先着2名様】1月のマインドフルネスセラピー
○ブレない、揺るがないストレスに強い心を作りたい!
なりたい私を実現し、充実した幸せな日々を送りたい!方へ



あと1名様!
ママの悩みを解決する『ママの安心サポート』


イライラしたくない!自分を変えたい方へ


機能不全家族の呪縛から解放されたい方へ


ママの不安や悩みを解決していくサポート


 


○子育ての基礎を知りたい方の無料メール講座 


【子育て中のイライラ・不安を解消する7つのステップ】


すぐに使える!「子どもへの適切な声かけリスト」を進呈。




日々の気づきに幸せを感じるカナヘイハート

「心の栄養メッセージ」無料メルマガ


 


 


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°


  


お客さまの声



携帯090-8208-2487


 


 


 


 


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ にほんブログ村


子育て情報 ブログランキングへ


マインドフルネス 大阪 イライラ


子育て相談 悩み相談  育児ノイローゼ 


鬱 パニック症  アダルトチルドレン 


機能不全家族 虐待 母親失格 


子育て 辛い 子育て支援 ママ友


ママの不安・イライラ解消 マインドフルネスセラピーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります