2017年を振り返り……

テーマ:
2017年も今日1日。


貴女はどのような1年を過ごされましたか?





私は駆け抜けるような1年でした。

と言うより24~25歳位からずっとのような氣がしますがですが、

特にこの数年間は全力で駆け抜けていますf(^^;



妹をみおくり、母の病も悪化し始め「何か母の為に出来ないか?」と

考えていた時に出会ったレイキ。

母の癒しの為にと始めた事は、私の大切な土台となっています。

その後アロマに出会い、気学や風水に繋がって行きます。



全て母の為にと始めたご縁。

きっと私自信に必要な出会いだったのだと、今なら解ります。



本格的に気学を学び始めたのは2015年。

その時既に何度もICUのお世話になる状態だった母。

何とかしたくて、何か無いか、何か出来る事は無いか?と

探していたときに、今の師匠とご縁を頂きました。


気学では、病についての学びもあります。

どうしても知りたくて、必死で学びました。

病の学びは上級クラスです。

母にはそんなに時間の余裕が無かったので、必死でした。

上級合格まで約1年半。

周りの方をみても、かなりのハイスピードだったと思います。


学びながら、実践し活用しながら。


母は「私があなたの実験台になってあげる」といって、気学を

否定するのではなく、むしろ応援し協力的でした。

きっと、母の為に懸命な私の為に、母がくれた愛なのだと思います。


そしてドクターから「いつ旅立ってもおかしくありません」と

聞かされてから約1年半。

母は家族に見守られながら、静かに旅立ちました。



そして2017年、私は今も家族の為に、気学を実践・活用しています。



私は、病は氣づきの為のメッセージだと考えています。

ただ技に溺れるのではなく「なぜ?」の原因に氣がつき、次の

行動にうつす事が大切だと思うのです。

家族に重い病の患者がいる場合、周りの片のサポート無くして

過ごす事は出来ません。

そこで沢山の感謝をおぼえます。

嫌でも家族や自分自身と向き合わなければなりません。

でも、こんなに深く向き合う機会なんて、こんな状況でなければ

無かったかもしれない。

こんなに一瞬一瞬の時間が「いとおしい」なんて感じ無かったかも

しれません。


2017年は、正直今まで以上にフル回転の1年でした。

一人で5役以上をこなしています。
(丈夫に産み育ててくれた母に感謝です(^▽^;))

そんな中、自分自身の運勢をより太いものにする為に、夏に仮吉方を

行いました。自宅を吉方位にするため、一旦逆方位にお引っ越しをし、

75日間以上滞在し、吉方位のベストなタイミングで自宅に戻って参りました。


(仮吉中のリビングではバーベキューで使う椅子とテーブルを使用してました💦)


取った方位や星が顕現(吉の効果)が大きく出てくるのは約2年後位ですが、

小さな顕現はチョコチョコ顕れます。
(顕現の象位等も検証する楽しみが気学にはあります(^^)🎵)

そして仮吉中は本気で運勢を変えたいのか?と試されるかのように色々な

事が起こりますし、自分自身と向き合う時間を過ごしました。


仮吉方を終えて感じたのは、以前よりの自分自身のグラウディングが

出来ているように感じますし、ぶれなくなった様に感じます。




昨年は私のサロンを株式会社にしました。(気学を活用してます)

母の看病に、会社設立で手探り状態でしたが、2018年は3年目になります。

サロンのスタッフ共々、更に活躍し笑顔で皆様をお迎えしていきます。


そして私の活動としては、自分の経験があるからこそ、

九星気学の講師・鑑定士としてお伝え出来る事がある!と思うのです。

2018年も貴女の笑顔のお手伝いをさせてくださいね。



【一日一生】で2018年も過ごしてまいります❗








皆さま、一年間ありがとうございました。

2018年が皆さまにとりまして、素晴らしい一年になりますように…



よいお歳を、お迎えください。









  秋山祐喜代