⭐️サムライ先生に学ぶ健康情報⭐️
2021年1月21日、第65回目配信
 
 
皆さん、こんにちは。2021年1月21日、
ニッポン元氣生活むらの時間です。
 
チャンネルコンセプトは
『ニッポンの元氣生活を次世代へつなぐ』です。
 
 
 
 
 
本日のテーマ
健康の鍵は『食養生』にあり
〜在宅ワークに欠かせない食養生〜
 
 
についてお話します。
 
 
本のページは119ページになります。
 
 
皆さんは、『食養生』という言葉 聞いたことがありますか?
 
 
日本には江戸時代から食で病気を治す、食で健康な状態を維持するという考え方と知恵、実践がありました。
 
 
それを食養生、食べ物で治す生き方と言います。
 
 
当時、幕府の方針として、生活の苦しい庶民も医師による治療を受けられるよう療養所を開設しました。
 
 
お金がなく病気ができないため、食事管理に力を入れていました。
 
 
この時代の庶民の食生活は、朝食にお米と味噌汁、昼食には野菜の煮物と魚を添え、夕食は漬物をおかずにお茶漬けを食べていたと言われています。
 
 
めちゃめちゃ健康な食生活ですよね。
 
 
今の私達と比べてどうですか?
 
 
朝、お米と味噌汁ですよ。
 
 
昼には野菜の煮物、魚を添えたもの、夕食は漬物でお茶漬け、なんと質素だと思うかもしれませんが身体にとっては 本当に贅沢な食生活だったと思います。
 
 
1850年代には、日々徳用倹約料理角力取組、番付ランキングが出ています。
 
 
これを見ると漬物はたくあん、麴漬け、梅干し
 
 
おかずが煮豆腐、イワシのめざし、きんぴらゴボウ、煮豆などでした。
 
 
まさにこの時代の庶民の食生活は、マクガバンレポートでも注目された元禄時代以前の和食の形が大衆に根付いてきたと言えます。
 
 
こういった先人がより健康で元氣に生きていた時代の食生活や生活文化を参考にしていけば 今私達がどんな食べ物を選んで、どんな食べ方を選択すればいいかわかってくると思います。
 
 
あとは体験を通して感動体感することで行動が強化されてきます。
 
 
是非、今日どんなランチを食べているか?
 
 
振り返りながら午後も脳が活性化して集中しやすい、パフォーマンスが向上する食べ物を摂取していただきたいと思います。
 
 
ではまた会いましょう!
 
 
 
 
 
 
本の購入はこちら👇