3月3日
中島みゆきリスペクトライブ 2018 歌縁(日本武道館)
に行ってきました。
もちろんお目当ては、島津亜矢さんです。
でも共演する最近話題の実力派、まさに「稀代の女性アーティスト」が、
「中島みゆきの世界」をいかに表現して見せるのかもとても楽しみでした。
収容人員約14400人余りの会場は、ほぼ満員でした。
・・・・・北の丸公園の中に日本武道館はあります。近くに皇居もあり、この先にライブ会場があるなかなと、人波について行くと、日本武道館がありました。・・・・・・・・
公演は、新妻聖子さんの『糸』から始まり、中村中、半崎美子、平原綾香、クミコ、高畑淳子、島津亜矢、研ナオコその娘さん、という順に休みなしの3時間の熱傷でした。
黒の着物姿の亜矢さんは、
『命の別名』、『歌姫』、『誕生』の三曲を
あの高音で、ビートルズも公演した日本武道館内に響き渡らせました。
とにかくこの日は、ひな祭りに十分ふさわしい
女性アーティストのパワー全開の公演でした。
出演者それぞれ、音楽人生の苦難を乗り越える支えに
中島みゆき音楽があったとのユーモアを交えたトーク。
確かにそこで培われてきたパワーを
それぞれの持ち味の歌唱力の中に、感じることができたような気がしました。
そして、ひとりひとりの歌手が糸を紡ぎ、編み上げ、鮮やかな色で染め上げていく
「中島みゆきの世界」が見事にそこにありました。
このひと時、アリーナ席の私はなんと幸せだったことか。
最後のあいさつは、全員勢ぞろい。
そして、出演者と会場の観客とで『時代』を合唱。
記念写真もね。
・・・・・中は、何を使っているのか分かりませんが、霞んでいました。ライトの演出の為のようです。・・・・・・光の通り道が照らし出され、そんな演出でした。ほかのライブもこのような感じなんでしょうか。・・・・・・あまり経験がないので、なんだろうと初めは、思ってしまいました。・・・・・中で写真は撮ったらいけないので、内緒です。・・・・
 
(この時もう午後七時、亜矢さん平原綾香さん、NHKのど自慢チャンピオン大会2018
に出演予定、間に合うのかちょっと心配)
赤の着物に着替えた亜矢さんは、
研ナオコさんから
「次もお願いね」「落ち着くのよ」「私、大好きです」と声をかけられていました。

亜矢さんは本当にいろんなアーティストの方々から慕われている、一目置かれている
人を引き付けてしまう、歌の実力だけでない、抜群の人柄!深い優しさをそこに見ることができました。
どおりでコンサートの集客力も強いわけだね。
らむちゃん聴いてたよね。
今日の女性アーチストのパワーすごかったよ。
今、日本と海外、どんな世界、ジャンルでも、女性の活躍目覚ましい。
これからも、もっともっと進んで行く。
だから平和で豊かな日本と世界の未来は大丈夫だよ。
「元始、女性は太陽であった」んだから!!