さて、今回はアルトワークスにブーストメーターを取り付けたので、その整備手帳らしき記事です。


今回から、数回に分けて書こうと思います。


ちなみに、友人に手伝ってもらったので、友人のブログ と記事がかぶることが何回かあるかもですwシートレール加工とか、もう書かれてるしw



では早速いきましょう。


まずはエンジンルーム側の配管を確認します。


ぶった切って三つ又を取り付ける訳ですが、なんか変な皮膜があったので切断


ゲーマーとして、父として・・・


取り付ける場所はこの管です(真ん中の茶色いものにつながっている管)


ゲーマーとして、父として・・・

んで、今回取り付けるメーターはこれ。

送料込みで4680円という安さが魅力のオートゲージメーターです。


ゲーマーとして、父として・・・

参考までに、付属品はこんな感じ。(見にくいのは勘弁w)


ゲーマーとして、父として・・・

さっきの管の真ん中あたりをぶった切ったら、三つ又をさして、センサーに繋ぎます。


ゲーマーとして、父として・・・


車内にセンサーの配線を引き込むのは、このサービスホールを使いました


ゲーマーとして、父として・・・

ここから通すと、ちょうどクラッチの上の辺りに入ってきます。

かなり通しにくいので気合でやってくださいw


次はメーターの配線です。

今回は、オーディオのあたりにこんな親切な配線があったので、ここからもらうことにしました。
ゲーマーとして、父として・・・


オートゲージ側の配線は


・赤:12V(メイン電源)


・黒:アース


・オレンジ:イルミネーション


・白:イグニッション


です。


イルミは、ライトをつけたときにちょっと暗くなるだけなので、分からない場合は無理してつけなくてもいいかも知れません。


アースはボディにつながるようにとればいいのですが、(今回は最初簡単につないだので、段差でスイッチが入ったり消えたりしてましたw今は改良して解決済み)問題はイグニッション。


ちゃんと探すとテスターやらなんやら色々大変なので、私はアクセサリー(ACC)からとりました。


この場合、キーを一回まわすとメーターのスイッチが入るようになるだけなので、問題ありません。



後は、位置決めして、配線をメーターに繋ぐだけなのですが、この日は真っ暗になってタイムリミット。


かなり適当に配線をして、ぶら下がったまま終了しましたw


画像は取り忘れましたが、それはもう・・・・・



今日、配線の改良と、その他もろもろやったので、後日取り付け後の姿とまとめて記事にします。


またもや友人に手伝ってもらったので、こっちのブログ に先に上がってるとは思いますがw


今回手伝ってもらった友人には工具や材料を色々もらったので、かなり助けられました。


多謝!!!



ではノシ