愛鳥祭向け途中経過(爆2)なんでち(・◇・;) | ぴいちゃん工房

ぴいちゃん工房

止まり木作ってます。


テーマ:

 

愛鳥祭へ向けて大抽選会の2日目のおまけ商品(抽選会景品)が出来上がりました

 

高さ50cm位ありますが

バラバラになりますので分解してお持ち帰りくださいー。

なんでち(・◇・)

 

300g位の子でも使えると思います。

※支柱は食べないように

 

 

----------------------------------------------------

 

 

ここ数日、SNSなどで

「毎日の気温の変動が激しくて、ケージの温度管理が上手く行かない」という書き込みを拝見します。

 

 

 

この時期はまさにその通りで、

年明けから最近まではお部屋の空調は「暖房」を使っていたはずで、その空調はまもなく「冷房」に切り替えられるはずです。

という事は、どこがで暖房→冷房への切り替えのタイミングがある、という事になります。

 

皆さんが「うまくいかない」と書かれていらっしゃることは「温度が上がり過ぎる」ということと拝見はしていますが。

 

保温器具の温度の考え方は

「○○Wのヒーターを使えば、部屋の温度に対して+〇℃上がる」とあくまでお部屋の温度を規準に考えます。

 

通常は真冬の時期は安定して寒い(?)ので、お部屋の温度は暖房で一定近くに安定しています。

 

これが、冬場の寒い部屋を規準にお部屋の温度を上げずに大きいヒーターの単独運転のみに頼ってしまうと、今の時期になって部屋の温度が上昇してしまうと、そのヒーターでは温度が上がり過ぎます。

 

基本は

①暖かい部屋で

②十分な出力のヒーターを取り付け

③サーモスタットで温度が上がり過ぎないようにする   と設定します

 

サーモスタットを「節電」のために備えると、全く上手くいきませんが、

「温度の上がり過ぎを防ぐ」ために設置すると、大きな温度変化にも対応出来ます。

 

 

保温器具が何もない状態から器具一式を用意する場合は

「この冬をどうするか」ではなくて「この冬を越して、暖かくなった時期にどう調整するか」まで考えて設定しないといけません。

 

 

 

うちのおもち宅の場合は、

最高温度 = 約30℃

最低温度 = 23~28℃ (季節、天候によって大きく変動あり)

 

ぴいちゃん宅の場合は

最高温度 = 約32℃

最低温度 = 20~28℃(季節、天候によって大きく変動あり)

 

ぴいちゃんのケージ内で32℃は高すぎるように見えると思いますが、

この32℃エリアは冬季の昼間におもちが使うために設置してあります。

465ケージは大きいので、ピンポイントで高温にしても全体の温度の上がり過ぎにはならないからです。

(465と35で保温カバーの掛け方が違います)

二人とも、就寝場所は「ヒーターから一番遠い所」で寝ています。

 

 

 

迷子対策も保温対策も考え方としては同じで、

「今はこれでよいが、この先こうなった場合、こうなってしまうのを防ぐにはどうしたらよいか?」を考える必要があります。

 

 

 

 

愛鳥祭で流す映像作らないとなー(==;)

なんでち(・◇・;)

 

 

たけちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ