ビジネスモデルキャンバス

 

これからのセミナー用に、ビジネスモデルキャンバスの研究をしています。

 

ビジネスモデルキャンバスは9つの要素に分解して、ビジネスモデルを可視化するフレームワークです。

 

 

 

  1. 顧客セグメント
  2. 顧客にもたらす価値
  3. チャネル
  4. 顧客との関係
  5. 収入の流れ
  6. 主なリソース
  7. 主な活動
  8. キーパートナー
  9. コスト

 

初めて見たときは、難しいなぁと思ってサジを投げてしまったのですが、最近、すでにビジネスを回している方、何人かにこのフレームワークを使いながら、お仕事の様子を聞く機会があり、ちゃんと回している人は意図も簡単に全部の枠が埋まる!と言うことがわかったのです。

体験談を聞きながら埋めていくことで、私の理解もスムーズになって、参考の内容を理解しやすくなりました。

 

わかればわかるほど、これっていいツール!となったわけで、セミナーでも使います!

 

 

全部キレイに埋まると、収入と支出の流れを客観的に見ることができ、変化を加えることで、さらなるビジネスの形をつくることができます。

 

 

 

 

 

足りないものは妄想する

ぜひ、みなさんも現状を書いて、書き直してを繰り返して、いろいろなパターンのモデルを作って実行してみてください。

 

そして、「今の私には無いけど、これは欲しいなぁ」と思うものは★印か何かつけて書き残してみてください。

 

持論ですが、「想像できないものは手に入りにくく、素通りしてしまいやすい」と思っています。想像しておくことで、気が付きやすくなったり、近寄ってきたりすると思います。

さらに、想像は想像できないものは浮かばないので、“妄想”の方がいいかな。

 

 

来年はセミナーや講座の中に取り入れていきたいなと思ってて、まずは11月のドロン女座談会でみんなでやってみます!

 

 

じょうごフロー

 

今年のマーケティングフローで好評だったのは“じょうごフロー”

 

 

これは、私の事業計画プレゼンに使った内容ですが、SNSセミナーでは、集客の入り口はどこ?どこに誘導する?などを流れを把握するのに、使っています。

 

3段階くらいで、フローをつくれるといいですね。

 

じょうごフローを使った今年最後のセミナーは、11月28日のドロン女座談会です。
 

 

 

ニコ
 
 
今年の初めにアメブロの過去の記事を削除して、リセットしてから、アメブロの更新は、“たまに”です。
普段の活動の様子はHPやFacebookページでご紹介しています。
ぜひ、覗きにきてください♪
 
 
========