ここ最近はなぜか外国人風の?
アイメイクにハマっているわたくしです

↑こんなイメージ、、眉は違うけど。


さて。

パーソナルカラー診断で得た自分色情報で
メイクをする際の色合わせのお話を少し。


パーソナルカラーを生かすメイクでは
トータルでパーソナルシーズンのカラーを
意識して仕上げていきますよね。
ex.ファンデーションの色みや眉色、チークの色みや
リップやシャドウですね


が。


肌の悩みどころの色み
シーズンカラーは関係ないです

いわゆるカバーメークでは
パーソナルカラーは無視する、
という意味です


例えば、
ブルーアンダートーン*の方でも
イエローアンダートーン*の方でも
クマがあったり、シミがあったり、と
隠したい肌色の悩みってありますよね。
※アンダートーン→色の色み度合いのこと。
そもそもパーソナルカラーはアンダートーンという
考え方のもと存在するものです。ブルベ/イエベは
日本人が表現上勝手に作った造語です。


私はブルーアンダーでサマータイプですが
気になるアザやシミは灰色がかった
渋みのある青い色のような色をしていて、
部分によっては黄くすんだ渋みの灰色があります

そんな色の上にサマータイプだからといって
青みピンクなどのチークをのせたら
顔色が悪くなるに決まってますね。


青クマのある方もそうですが
血色をよくするにはサーモンやオレンジなどの
暖色系が必須です。
そうなると、
色的にはブルーアンダーの方には苦手色で
ファッションでも使いにくい色みです

だけど肌悩みカバーには必要な色です

ブルーアンダーでサマータイプだからといって
オレンジ系アイテムは買わない、使わない、
ではないよ☆ということです。


ほかではニキビのある方。
赤みを伴うものならグリーンで打ち消し、
赤みがないなら黄系ベージュで目立たなく、など
それぞれをそれぞれで補正したあとに
仕上げとして得意色(パーソナルカラー)を纏う
といった感じでお化粧しましょうね。


個人的にはクリームタイプのものが
今使っているファンデーションと相性が良く
肌に馴染みやすいので愛用してます
悩み部分はサーモン系で打ち消し、
仕上げはベリー系で、といった使い方。
これはチークだけどコンシーラーとして、そして
仕込みチークとしてを兼ねた使い方をします
(これは私の場合、です)


カバーメーク方法は一つではありません。
また意外と皆さんが思うような
簡単なものではないです。

その方法は果たして肌にとってよいことなのか、
あなたにとってベストか、塗り絵ではないこと、
症状や状態に合わせてベストな方法を
探す、見つける、施す、
目に見える問題だけでないところも含めて
カバーメークは実に簡単なものではありません。
それほどお肌とこころは繊細で
一時の良しを追求するものではありませんから
危険なカバーメークは✖️なのですよ。

気になる方は正しいを知るスキンケア教室や
パーソナルメイクレッスンにご参加ください。
きっとこれからの自分が変わります。
【アピラボ美容ケア富山】
"パーソナルケアサロン-iki-"

☆ 提供メニュー ☆

ご予約/お問い合わせ

 
高齢者向けメイクレッスンも
お気軽にお問い合わせください★

最後までお読みいただきありがとうございました