「ユーザー」と「ユーザ」どちらを使う | 中小企業システム管理者協会

中小企業システム管理者協会

ITエンジニアとして会社に勤めながらエンジニア経験で培った問題分析力を生かして仲間の抱える悩み解決。ITと統計学による人間分析が好きな50代。 おもしろ、おかしく、真剣に。がモットー。

コンピューター好きシステム管理者の まちの おうる です。


メールやマニュアルを書くときに「ユーザー」と「ユーザ」のどちらを使いますか?

私は「ユーザー」を使っています。

なぜならユーザーとの会話で、そのように発声しているから。

逆に「ユーザ」の方はITエンジニアの書く文章で見かけます。

エンジニアの世界ではカタカナ用語の末尾の長音「ー」を省略する方が「業界人ぽい」という感覚があるのかもしれません。

この他にも次のような物があります。
 サーバー → サーバ
 コンピューター → コンピュータ
 プリンター → プリンタ

私はユーザー企業に勤めるITエンジニアです。

日常的に相手をするお客様(相手)はエンジニアではなく、一般ユーザーになります。

ですので、使う言葉はユーザーが自然に読める表現が良いと思い、意識してこのような書き方をしています。


Windows XPからWindows 7になってアイコンやメニューの表記が変わったのにお気づきでしょうか?

 マイコンピュータ → コンピューター
 エクスプローラ → エクスプローラー

実はWindows 7になって末尾の長音が付くようになっているのです。
(Vistaは使っていませんのでこの際パスします)

実はこれ、マイクロソフトがカタカナ用語末尾の長音表記を付ける様に方針を変更したからなのです。

■長音表記の変更について/マイクロソフト


私がこの情報を知ったのは、かなり後になってからでした。

しかし、この記事を読んで私自身の考えが間違っていなかったのだと分かりました。


マイクロソフトが製品やサービスの表記を変え始めてからかなり時間が経っています。

しかし、今でもITベンダーからの提案書等で「サーバ」や「ユーザ」と書かれていることがあります。

この様な提案書を見ると「時代遅れ」や「勘違い」と感じてしまうほどになってしまいました。

なにせ、メーカーが書いている製品名やサービス名と違う名前で堂々と提案しているのですから。


今までそうだったから。

自分たちはこういう書き方をしている(読むときは末尾に長音がつけるけど)。


そのような凝り固まった考えをせずに、これからも柔軟に自然体で対応できるようになりたいものです。


私のブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。