書店イベント「読書のすすめ」にて絵本セラピー体験会 | 絵本セラピスト協会 公式ブログ

絵本セラピスト協会 公式ブログ

絵本セラピスト協会からのお知らせを発信するブログです
主に絵本セラピスト協会主催の講座・イベントのご案内になります

※書店内でのイベントになりますので

 お席に限りがあります

 

出来るだけ事前に

Facebookイベントページで参加クリック

https://www.facebook.com/events/1414130152101646/

 

または

お店にお電話で参加申し込み下さい

「読書のすすめ」 TEL 03-5666-0969

 

当日参加も可能となっていますが

満席の場合入れない場合もありますので

ご了承ください

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

詳細案内

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

「大人のための絵本セラピー体験」の初めての開催が決定!

講師は、絵本セラピスト協会代表の岡田達信さん。

大人の皆さんが絵本を読むことの可能性も無限大!
今回が、読書のすすめでの初開催なので、「絵本セラピー」を初めて知ったという方も、ご興味あればお気軽にご参加ください。

◆「大人のための絵本セラピー体験 in 読書のすすめ」
日時:2月9日(土) 14:00~16:00
会場:読書のすすめ店内奥のイベント会場
〒133-0061
東京都江戸川区篠崎町1-7-5
参加費:1000円
お問い合わせ先:読書のすすめ
TEL:03-5666-0969

※当日のご参加も可能ですが、お席のご用意ができるのが、30名様までになります。
ご希望の方は、お早めにFacebookイベントで「参加ボタン」を押していただくか、お電話にてお申込ください。

「大人のための絵本セラピーとは?」

ほとんどの絵本は、子どものために作られています。でも子どものために読んでたはずなのに自分が涙ぐんでしまったり何かを思いだしたり
大切なことに気づかされたり・・・そんな経験ありませんか?

大人が自分のために絵本読んでもいいんじゃない?と多くの大人が感じています。そうです、大人が絵本を読んでもいいんです。

「なぜ、大人にも絵本なのか?」
建築の会社で設計の仕事と人材育成をしていた岡田氏が、大人になってから絵本に目覚めた結果それを言語化して、誰でも体験できるワークショップにしました。

絵本セラピーは「大人に絵本って何となく良いね」といった感覚的なものではありません。具体的で、実践的で、誰でも応用可能です。

大人と子どもの絵本の楽しみ方はかなり違います。
子どもは絵本を「疑似体験」します。しかし大人には人生経験や価値観、生まれた時代背景、国の文化などが詰め込まれているため、それらを使って物語を自分なりに解釈します。
絵本を読んだときに感じる事は、その人の人生のパラダイムが現れる傾向があります。この原理を使ったのが絵本セラピーです。
グループでシェアリングしていくうちに気づきや癒しが起きやすくなり、グループの人間関係も良くなっていきます。
絵本の力を借りて人と人がつながっていきます。
そんな「場」を作る技術が絵本セラピーと言えます。

実際にやっていることは絵本を読んでグループでおしゃべりするだけです。何も難しい事はない、大人なら誰でも参加できる楽しいワークショップです。

この絵本セラピーを考案した絵本セラピスト協会 代表 岡田達信氏の話を聞いて絵本セラピーも体験してみませんか?

多くのみなさまに
大人ならではの絵本の楽しみ方をお伝えします。


講師:岡田達信(おかだたつのぶ)
 

プロフィール
建築技術者として現場監督、設計士、管理職を経て大企業の人材開発部門で
社員教育に携わる。2006年独立
子どもが生まれたのをきっかけに集めていた絵本と、自己啓発・心理学が教えている事の共通点を発見、絵本を使ったプログラムとして「絵本セラピーR」を考案。
2007年4月から「絵本セラピーR」を誰でも参加しやすいワークショップとしてはじめる。
「絵本セラピーR」には毎年1000人以上が参加しマスコミでも度々とりあげられる
2009年 絵本セラピスト協会設立
絵本で人をつなぎ「絵本でいつのまにか世界平和」を理念に絵本セラピーの普及活動を
日本国内だけでなくアジアで展開中
 

<著書>
2011年「絵本はこころの処方箋 大人のための絵本セラピー」(瑞雲舎)
2016年「大人のための絵本セラピー2 絵本はこころの架け橋」(瑞雲舎)