脱産後太り! プレママが今からしておきたい“ボディケア” | プレミア マタニティ ライフ

プレミア マタニティ ライフ

ステキなママになるための『プレミアマタニティライフ』
ステキママ、キレイママになるためのワンランク上の情報をお届けします。


テーマ:


妊娠中の体重増加はどれくらいならセーフ? 出産後にちゃんと体型を戻せるかしら?などなど、体重についてのお悩みはすべてのプレママに共通といっても過言ではありません。

 

妊娠中に気を付けたい体重の増減

「赤ちゃんの分も食べなきゃ!」というのは、食糧事情が悪かった時代の話。現代の妊婦さんはむしろ、食べすぎ・太りすぎに気をつけなければなりません。体重が増えすぎると難産になりやすいだけでなく、妊娠中毒症や妊娠糖尿病、腰痛や膝痛などの原因にもなります。
一方、少し前までは「小さく生んで大きく育てる」のが理想といわれていました。でも、太ることを気にして食べる量を過度に制限していると、赤ちゃんが低出生体重児になる恐れもありますから、要注意です。生まれたときの体重が2500グラム未満の赤ちゃんは、大人になってから生活習慣病になりやすいという研究結果があります。健康な赤ちゃんを生むためには、適度な体重増加はとても大切なことなのです。

 

プレママの理想的な体重とは?

それではどれくらいの増加が理想なのでしょうか。まずは、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で得られる肥満判定指数(BMI)を算出してみましょう。BMIが18.5未満の人は9~12kg、18.5~25.0未満の人は7~12kg、25以上の人は5kg程度の増加が目安です。
そして1日のカロリー摂取量は年齢や運動量、BMI値から決まってきます。たとえば20代で家にいることの多い人は1800kcalが目安です。

 

産後太りを防ぐカギは「骨盤」

出産後は自然と体重が減っていくものですが、妊娠前より体重が増えてしまった、下半身が太くなってしまったというお悩みもよく聞かれます。そうした産後太りを防ぐカギは「骨盤」にあります。
出産時は赤ちゃんが通りやすいように骨盤全体が開きます。出産が終わった後は元の状態に戻るはずなのですが、もともと骨盤が歪んでいたり筋力が低下していたりすると、うまく骨盤が戻らず広がったままになってしまいます。骨盤が広がると、血流が悪くなって老廃物が流れにくくなったり内臓の働きが低下するなど、さまざまな悪影響が生じ、結果として太りやすくなってしまうのです。

 

おすすめしたいマタニティエクササイズ

出産後すみやかに体重を戻すために最適なのがマタニティエクササイズです。妊娠中はどうしても運動不足になりがちですが、運動しないでいると筋肉量が減って基礎代謝量が低下し、痩せにくい体になります。適度な運動は筋力をアップして産後太りを解消するだけでなく、太りすぎを防ぎ、肩こりやむくみの解消、ストレス発散、お産がスムーズになるなどメリットがたくさん。体に負担のかからないマタニティビクスやヨガ、ウォーキングなどがおすすめです。マタニティエクササイズは体調が安定する16週以降頃に始めるのが目安。お医者さんに相談のうえ、楽しく続けられるものを選んでくださいね。

 

 




引用元:脱産後太り! プレママが今からしておきたい“ボディケア”













↑ ↑ ↑
良かったらクリックお願いします。



↑ ↑ ↑
こちらもクリックお願いします。














pbs-mamaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります