studio p-body☆ピラティス&キッズダンス

studio p-body☆ピラティス&キッズダンス

ピラティストレーナー・キッズダンスの講師として練馬区大泉学園でスタジオを主宰。
スタジオ最新ニュースやフィットネス情報
日々のレッスンで感じたこと・体のこと等々お伝えします。
スタジオ HP   http://studiopbody.com


テーマ:

いつもなら爽やかな5月
今年はなんだかおかしいですね
これから梅雨も迎えるわけで
体が順応するのは大変ですよね~



今回は
夏へ扉を上手に開ける
自分でできる体の調整法を
三回に分けて
お伝えしようと思います

ではまず
1つめ

1,「体=背骨をゆるめる」

体温調整はの自律神経の担当
毛穴を閉じ維持、毛穴を開き汗をだす
背骨には自律神経が通っていますよね

冬→夏の変化
若い頃は普通に🆗でも
年々硬くなる背骨のお陰で
大変な作業になってくるんですね

背中や背骨が固いと、この調整が出来ず
困った体は他の何かで不具合をだす

これが
気持ちへいったり
内臓にいったり
○疲れやすい
○重だるい
○眠れない
○眠い
○イライラ
等々
5月病というものだったり…するわけです




ここ最近、首コリの方が多いですね
スマホ問題も多分にあるけれど

首は頭と胴体をつなぐ道路
いくつもの筋肉達が折り重なっています
だからちょっと揉んだり
貼ったりしても到底届かない

頭、首、肩甲骨、肋骨、骨盤
すべて背骨で繋がってるので
脊椎の狭いところの機能が滞る☝




だから
背骨をいろいろな方向にゆっくり動かし
緩めてあげましょう  

最も適した動きは
ピラティスの「ロールアップ」

背骨を引っ張り出すように
椎骨1つ1つを丁寧に
ゆっくり動かしていきます




ぜひ、お試しあれ

わからなかった人は・・・
こちらへ☟ご参加くださいね

◎夏への扉◎

〇江の島であけたい!人は

〇スタジオであけたい!人は

( ^^) _U~~