あなたも相場のプロになれる

あなたも相場のプロになれる

わたなべ投資経済研究所の日常

株式の無料銘柄診断のご案内


現役、相場師の渡辺による、株式の無料銘柄診断のご案内です。


 


個別株の無料分析コーナーにて回答させていただきます。


お1人様、1メールアドレスあたり3銘柄まで無料銘柄診断を行います。


こちらのブログなどの内容を読んで、やり方や見方などご納得いただける


方のみ、お気軽にお申し込みください!


(※個別メールでの対応も行います!)


 


こちらより ↓ メールフォームにて


 



 


この情報の利用における、利益および損失は利用者に帰属するもとのいたします。


Amebaでブログを始めよう!

 

あなたも相場のプロになれる~無料メルマガ創刊いたしました

 

♪♪TOPIX-17業種分類の相場感は無料メルマガに移行いたしました♪♪

 

♪♪よろしければ↑のリンクより無料メルマガの読者登録をして戴けると励みになります♪♪

 

資産運用・このデータの見方は?というお題で書きます。

 

さて、最近色々とお問い合わせがございましたのでデータの見方や利用の

仕方を書いてみたいと思います。

 

 

上記画像のデータの見方ですが

 

1番上は、その分野(もちろん個別の銘柄でも計測が可能です。)の期待できるリターンが

おおよそ月換算でこのくらいになりますよという事を示しています。

 

2番目は、その月換算を年率に換算した数値になります。

 

その下の3つは

想定されるリスクとなります。土2σまでの幅に約95%程度の確率でおさまる可能性が

あることを示しています。

 

期待(予想)・想定ランキングでは

期待されるリターンの上位のものや下位のものが現されます。

想定されるリスクの上位のものや下位のものが現されます。

 

これにより

ハイリスク/ハイリターン

ハイリスク/ローリターン

ローリスク/ローリターン

ローリスク/ハイリターン

 

などの傾向がある程度、把握できることになります。

逆に狙った分野や、狙った銘柄が基準よりも

 

ローリターンかつ、ハイリスクの場合、基準となるものを購入した

方が無難な結果に収まるという傾向もつかめます。

 

逆に、狙った銘柄がローリスク、ハイリターンの傾向であれば

トレンド分析などを生かし、時間的にも値幅的にも利益を

享受しやすくなる傾向になるかも知れません。

 

基準となるものと比較して、さまざまな値動きの銘柄やセクタを

組み合わせることにより、更にローリスクハイリターンを享受し

やすくなる傾向になるかも知れません。

 

最後のグラフは、さまざまな組み合わせにより、この中の組み

あわせで想定されるリスクが1番小さくなると思われる、比率が

示してあります。

 

現在までを分析することが、未来を予測することとはいえませんが

 

昨日と今日は似ている、今日と明日も概ね生活は一緒と考える

ならば、ある程度の傾向を把握した上での、チャートやファンダ

メンタルの分析の精度が上がるかも知れません。

 

現在50銘柄まで1度に比較が可能です。

 

もし気になったら下記をクリックか 

 

わたなべ投信・ファンド設計サービス

 

もしくは

 

わたなべ投信

 

で検索してみてください。

 

@@@今後のメールマガジンの予定@@@

ブログにて当日の相場感(相場観ではなく、あくまでも筆者が売買するための相場感)

を分析し記載します。こちらのメールマガジンではブログでは書かない分析や、相場に

関するコラムをより詳しく(コラムは週に1回程度の割合で)書く予定です。

 

1・手法(建て玉や、私自身の相場のやり方など)

2・分析の仕方

3・相場の感覚

 

2005年頃から今まで経験に基づくことや、これからも続けていく相場に関する勉強など

 

@@@筆者のこと@@@

 

2005年の郵政解散頃から、日経225先物とオプション、通貨や金利をいじって

います。リーマンショック、大震災、アベノミクスなどもそうですが・・・イ○ドさんの売買

タイ○ムさんの顧客の巨大なオプション売買、サ○ビシAMSの日経225オプションによる

本業の破綻、アイ○ワさんの1発300~500枚売買板、ド○ツ証券の日経平均先物巨大

発注板プログラムミスなどなど。

あと、大震災のひ○わり証券の顧客ショートストラングル事故など・・・色々見てきました。

そんな中でもしぶとく生き延びています。

 

以下無料メールマガジンにて配信中

 

あなたも相場のプロになれる~無料メルマガ創刊いたしました

 

登録はこちらから↑

 

あなたも相場のプロになれる~無料メルマガ創刊いたしました

 

♪♪TOPIX-17業種分類の相場感は無料メルマガに移行いたしました♪♪

 

♪♪よろしければ↑のリンクより無料メルマガの読者登録をして戴けると励みになります♪♪

 

資産運用・何を目安に考える?というお題で書きます。

 

さて、株を購入する上でみなさんは何を目安にしていますか?

情報?値段?PERとか?ファンダメンタル・テクニカル?それこそさまざまな

分析がある。中には、直感!という方もみえるだろうし。

 

おれっちが、個別株を動かす仕手戦の本尊という方もみえるだろう。

確かに、どんな相場の仕方でも利益が上がるのなら問題ない。

逆に利益が上げられる、分析ならばどんな方法でも正論になると思う。

 

渡邊はそこまで、相場を動かすほどの実力はない・・・。

だからなるべく、損をしないということを第一に考えている。

 

 

以前あった理論で「敗者のゲーム」と言う言葉がある。

いわゆる、ミスや自滅によって負けてしまうということだ。

 

どういうことか?というと資金が逃げていると思われるセクタや

業種にいくら資金を打ち込んでも、買い支えているだけということに

なる。つまりその支えの資金が尽きれば、いずれ自らの重みで瓦解

していくことになる。

 

指数に関して言うと・・・みんなの売買が重なって、あの数字になって

いくのではない。どういうことか?私も含め、みんなの小口の売買が

集まって数字が形成されていくのではない。

 

そう考えると、市場に対しての傾向をつかむのは、ミス減らす

第一歩になると思う。

 

 

もし気になったら下記をクリックか 

 

わたなべ投信・ファンド設計サービス

 

もしくは

 

わたなべ投信

 

で検索してみてください。

 

@@@今後のメールマガジンの予定@@@

ブログにて当日の相場感(相場観ではなく、あくまでも筆者が売買するための相場感)

を分析し記載します。こちらのメールマガジンではブログでは書かない分析や、相場に

関するコラムをより詳しく(コラムは週に1回程度の割合で)書く予定です。

 

1・手法(建て玉や、私自身の相場のやり方など)

2・分析の仕方

3・相場の感覚

 

2005年頃から今まで経験に基づくことや、これからも続けていく相場に関する勉強など

 

@@@筆者のこと@@@

 

2005年の郵政解散頃から、日経225先物とオプション、通貨や金利をいじって

います。リーマンショック、大震災、アベノミクスなどもそうですが・・・イ○ドさんの売買

タイ○ムさんの顧客の巨大なオプション売買、サ○ビシAMSの日経225オプションによる

本業の破綻、アイ○ワさんの1発300~500枚売買板、ド○ツ証券の日経平均先物巨大

発注板プログラムミスなどなど。

あと、大震災のひ○わり証券の顧客ショートストラングル事故など・・・色々見てきました。

そんな中でもしぶとく生き延びています。

 

以下無料メールマガジンにて配信中

 

あなたも相場のプロになれる~無料メルマガ創刊いたしました

 

登録はこちらから↑

 

あなたも相場のプロになれる~無料メルマガ創刊いたしました

 

♪♪TOPIX-17業種分類の相場感は無料メルマガに移行いたしました♪♪

 

♪♪よろしければ↑のリンクより無料メルマガの読者登録をして戴けると励みになります♪♪

 

機動力を高めたオリジナルファンド(その3)~金融コラム

 

基本的には、↓トレンドで強いときに売る、弱いときに追っかけで売らない。

これは基本だね。↑トレンドの時は弱いときに買って、強いときに追っかけで

買わない。これも基本中の基本。

 

これにポジショニングが加わって、更にヘッジの仕方が加わったら

そんなに大負けはしない。

 

さて機動力を高めたオリジナルファンド(その3)ということで。

ファンドの基本的な考え方はできたと思う。いつも言うとおり、人類の経済

経済の拡大という部分なんだな。

 

これに、渡邊が設定している、セクタ別の基本分析や、業種別の基本分析を

見て効率をよくしようと思ったら、やっぱりトレンドの分析はいるんだな。

 

セクタ別や業種別の基本分析は↑トレンドも↓トレンドもすべて混ぜ混ぜで

経済の拡大・・・なんだよな。そう考えると、今度は個別で買うわけだから

少なくとも、上昇トレンドならば拡大するスピードの中で、そのスピードを

享受することになるんだな。

 

逆に、下トレンドのものは個別の要因が拡大するスピードに勝ってしまうと

なかなか浮かび上がれないことになる。

 

調整局面もどのあたりまで・・・って言うのは基本的には目安がつくことに

なる。2600付近からの前田道路にしても2200~2300付近ならと

個別株の無料診断のところで書いている。

 

そんな感じで、さまざまな要素を組み合わせて、合理的な考え方を

するようになれば

 

「投資の中でも再現性」が出てくる。

 

その再現性は、一般社会でも上達するコツになると思う。

 

渡邊が、機動力を高めたオリジナルファンドの設計を個人の

方にも勧めるのはこんな感じに思っているからだな。

つまり、再現性の目安ができれば、その売買にはきちんとした

理由や根拠が持てるから。そうすれば失敗したとしても

どこを工夫すればよいか?考えることもできる。

 

 

 

 

 

こんな目安で、色々と今後も上達していけたらと思う。

 

 

もし気になったら下記をクリックか 

 

わたなべ投信・ファンド設計サービス

 

もしくは

 

わたなべ投信

 

で検索してみてください。

 

@@@今後のメールマガジンの予定@@@

ブログにて当日の相場感(相場観ではなく、あくまでも筆者が売買するための相場感)

を分析し記載します。こちらのメールマガジンではブログでは書かない分析や、相場に

関するコラムをより詳しく(コラムは週に1回程度の割合で)書く予定です。

 

1・手法(建て玉や、私自身の相場のやり方など)

2・分析の仕方

3・相場の感覚

 

2005年頃から今まで経験に基づくことや、これからも続けていく相場に関する勉強など

 

@@@筆者のこと@@@

 

2005年の郵政解散頃から、日経225先物とオプション、通貨や金利をいじって

います。リーマンショック、大震災、アベノミクスなどもそうですが・・・イ○ドさんの売買

タイ○ムさんの顧客の巨大なオプション売買、サ○ビシAMSの日経225オプションによる

本業の破綻、アイ○ワさんの1発300~500枚売買板、ド○ツ証券の日経平均先物巨大

発注板プログラムミスなどなど。

あと、大震災のひ○わり証券の顧客ショートストラングル事故など・・・色々見てきました。

そんな中でもしぶとく生き延びています。

 

以下無料メールマガジンにて配信中

 

あなたも相場のプロになれる~無料メルマガ創刊いたしました

 

登録はこちらから↑

 

あなたも相場のプロになれる~無料メルマガ創刊いたしました

 

♪♪TOPIX-17業種分類の相場感は無料メルマガに移行いたしました♪♪

 

♪♪よろしければ↑のリンクより無料メルマガの読者登録をして戴けると励みになります♪♪

 

機動力を高めたオリジナルファンド(その2)~金融コラム

 

さて、渡辺の見立ては、あいかわらず戻り売りです。そんなに目まぐるしく

見立てを変えないのですが、日経平均はオプションが使えないと

戦略的に苦しいです。TOPIXの方が正直いいですよ。

 

TOPIXのオプションはあるのですが、なんで個人向けというか流動性が

ないんだろうね。

 

今後、予定している渡辺のメールマガジン(すみません17業種と33業種の

無料メルマガは必ず復活させます・・・はい)

 

月に1回末日に発行を予定しています。サンプルの画像を貼っておきます。

内容的にはこんな感じですが、配信形式はもう少し検討いたします。

 

少なくとも、このくらいのやり方がわかれば、川の流れを逆行して

効率の悪い投資はしなくても済むと思います。

 

使い方としては、セクタ別を勘案して個別の分析に持っていく感じ

ならば、大きな傾向は間違わない投資が行えると思います。

 

また、下の方のセクター配分を考慮に入れて、リスクを抑えリターンを

追及することもできます。

 

17業種分類バージョンのサンプル

 

より詳しい33業種バージョンのサンプル

 

 

 

この後に、銘柄ごとの分析を行う方向になるかなぁ。

 

 

@@@今後のメールマガジンの予定@@@

ブログにて当日の相場感(相場観ではなく、あくまでも筆者が売買するための相場感)

を分析し記載します。こちらのメールマガジンではブログでは書かない分析や、相場に

関するコラムをより詳しく(コラムは週に1回程度の割合で)書く予定です。

 

1・手法(建て玉や、私自身の相場のやり方など)

2・分析の仕方

3・相場の感覚

 

2005年頃から今まで経験に基づくことや、これからも続けていく相場に関する勉強など

 

@@@筆者のこと@@@

 

2005年の郵政解散頃から、日経225先物とオプション、通貨や金利をいじって

います。リーマンショック、大震災、アベノミクスなどもそうですが・・・イ○ドさんの売買

タイ○ムさんの顧客の巨大なオプション売買、サ○ビシAMSの日経225オプションによる

本業の破綻、アイ○ワさんの1発300~500枚売買板、ド○ツ証券の日経平均先物巨大

発注板プログラムミスなどなど。

あと、大震災のひ○わり証券の顧客ショートストラングル事故など・・・色々見てきました。

そんな中でもしぶとく生き延びています。

 

以下無料メールマガジンにて配信中

 

あなたも相場のプロになれる~無料メルマガ創刊いたしました

 

登録はこちらから↑

 

あなたも相場のプロになれる~無料メルマガ創刊いたしました

 

♪♪TOPIX-17業種分類の相場感は無料メルマガに移行いたしました♪♪

 

♪♪よろしければ↑のリンクより無料メルマガの読者登録をして戴けると励みになります♪♪

 

その銘柄は市場平均を上回っているのか?~金融コラム

 

さて、最近オリジナルファンドの設計と称して、色々と考えている。

例えば、その銘柄は市場平均を上回っているのか?ということだ。

 

正確には、上回っているか?ではなく上回る傾向にあるのかないのか?

といった方が誤解がないかな。確かに、過去の傾向を見たところで

今後の株価を予想することは無理だ。

 

しかし、長期的なリターンということであれば、いつも言っている

世界経済の拡大に対する恩恵を受けることができるか?という

傾向はわかるのではないか?と思う。

 

先日作った、為替ファンドなのだが為替に関しては、常に円高傾向が

見られるため、さまざまな通貨を持っていたとしても、値段としての

円安の恩恵は受けづらいということになる。

 

あくまでも、価値としてではなく値段としてですが。

 

株価の場合、個別株で考えるとやはり流動性がカギになる。

通貨のようにダイレクトで、流動性が高ければ動きとしてはある程度

信頼がおける。逆に、参加者が限られている銘柄に関しては

板の状況によっては、意外な値段も付きかねない。

 

市場平均を上回るリターンも大事だが、そこに潜む変動も

色々想定に入れておくと割りと安心して、すごすことができる。

 

リスクを可視化して、次の一手が打てるように備えることも

大切だと思う。

 

@@@今後のメールマガジンの予定@@@

ブログにて当日の相場感(相場観ではなく、あくまでも筆者が売買するための相場感)

を分析し記載します。こちらのメールマガジンではブログでは書かない分析や、相場に

関するコラムをより詳しく(コラムは週に1回程度の割合で)書く予定です。

 

1・手法(建て玉や、私自身の相場のやり方など)

2・分析の仕方

3・相場の感覚

 

2005年頃から今まで経験に基づくことや、これからも続けていく相場に関する勉強など

 

@@@筆者のこと@@@

 

2005年の郵政解散頃から、日経225先物とオプション、通貨や金利をいじって

います。リーマンショック、大震災、アベノミクスなどもそうですが・・・イ○ドさんの売買

タイ○ムさんの顧客の巨大なオプション売買、サ○ビシAMSの日経225オプションによる

本業の破綻、アイ○ワさんの1発300~500枚売買板、ド○ツ証券の日経平均先物巨大

発注板プログラムミスなどなど。

あと、大震災のひ○わり証券の顧客ショートストラングル事故など・・・色々見てきました。

そんな中でもしぶとく生き延びています。

 

以下無料メールマガジンにて配信中

 

あなたも相場のプロになれる~無料メルマガ創刊いたしました

 

登録はこちらから↑