新しい犬の石けんワークショップのお知らせ | ももはなの部屋
新型コロナウイルスに関する情報について

ももはなの部屋

犬との暮らし、せっけん作り、ワンコグッズや講座情報などをご紹介するブログ


何年か前から少しずつ温めてきた構想を、ついに実行しようと思います。

旅立った愛犬たちに贈る石けん作りのワークショップです。

そんなことを始めて、里見はヘンになったのではないか? 石けんからスピ系に鞍替えしたのか? なんて思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そうですね、わたしもなかなか人に言うこともできずにいて、今回ついに勇気を振りしぼって行動に移すことにしました。

これまで犬の石けんを作って提供してきた目的は、ワンちゃんの健康や快適をサポートするためです。
そのためには石けん作りの経験を積むことはもとより、材料の知識、犬の生態やケア方法を知る必要があり、一生懸命学んできました。

もっとよい原料を見つけたい、

もっと最適な配合にたどり着きたい、

あの子にもこの子にもよい石けんが作りたい、
でもたどり着けない、
モノで物理的にどうにかしようとしてもそこには限りがあるんだ。
そう気づいてしまったら、別の思いがだんだんふくらんできました。
皮膚や被毛によいだけじゃなくワンちゃんの心も癒すこともできる石けんが作りたいなぁと考えるようになったんです。
化学や実験で説明のつくものではありませんが、手作りだからこそ「健康になってほしい、快適になってほしい」という願いや祈り、エネルギーがとても大切なんだと思います。
加えて、洗ってあげる飼い主様のワンちゃんに対するやさしい気持ち。
目に見えるものと見えないもの、両方が必要なんだという思いに至ったんです。

それにしても、犬の一生は短い。
最愛の犬たちとの別れは、自分の死生観に大きな大きな影響を与えました!
わが家ではももとはなという2頭の犬を看取りました。

たいへんつらい出来事ですが、飼い主である限り、免れられない義務です。
初めての看取りの経験をPeach Blossomホームページのコラムに残してあります。
 はなことの3ヶ月 ~その1・なぜこの子が~
 はなことの3ヶ月 ~その2・ぜったい直してあげる~
 はなことの3ヶ月 ~その3・最期の日~
 はなことの3ヶ月 ~その4・はなこが遺してくれたもの~


しかしつらい出来事であると同時に、感謝と愛情に満たされた素晴らしい出来事でもありました。
この世の役目を終え、肉体を脱ぎ捨てて自由なスピリットになったあの子たち。
生まれてくるのと同じように死があり、それは自然なこと、不幸なことではありません。
肉体は死んでもスピリット=魂は死にません。
それを教えてくれたのもやはり愛犬たち。

それでもわたしたちは悲しみが癒えなかったり、後悔が残ったり、肉体があるから苦しみます。
あの子は逝ってしまった、何もしてあげることはできない…
果たしてそうでしょうか?

よくいろんな飼い主様から、「あの子が生きていたら石けんを作ってあげたかったわ」と言われます。
ならば、作ってあげましょうよ、魂の存在のその子に。

生前に皮膚トラブルを抱えていた子でも、魂に皮膚トラブルはありません。
難しい生理生体学の知識も、アレルギーを気にすることもありません。
ただただ、その子のために作りたい石けんを、心を込めて作るだけでいいのです。
そこには愛情というエネルギーがいっぱいに詰まっています。

ヘンだと思われるかもしれません。
それに何の意味があるのか?と。
でも、日本人は昔からそれをやってきた民族でしょう?
ご先祖の精霊を迎えるお盆という習慣があるではありませんか。
これって魂の存在があると信じているからですよね。

その子のことを思う気持ちは今もこれからも変わらないはずです。
ならばその子の思い出を過去の悲しみや後悔にせず、もう一度その子のために愛情をこめて何かをしてあげませんか?

参加者の皆様が、ワンちゃんのことを思って作れるよう、材料とレシピを思案中。
作るわたしたちはこの世の肉体を持った存在なので、材料とレシピが必要です。(笑)
初めての方でも安全に作れるようご指導します。
できた石けんはワンちゃんのスピリットにプレゼント、そして飼い主様とご家族様に心地よく使っていただきます。

すべての方に共感していただけるとは思っていませんが、もしこのワークショップに参加したい衝動に駆られたとしたら、あなたにとっては必要な体験なのだと思います。


ワークショップの詳細とお申し込みはこちらからどうぞ。
お待ちしております。

https://www.sapolier.co.jp/workshop_takaranoniwa_0325.html


『人も犬も使えて仕上がりアップ、石けんシャンプー専用しっとりサラツヤリンス』のワークショップも同日開催いたします。