最後まで難しい… | 静岡 Salt Water Fishing

静岡 Salt Water Fishing

地元の静岡で、シーバス、ヒラスズキ、ヒラメ、青物、等を自分なりの考え方、攻め方で楽しく狙っています。

最近は、何処へ行っても登場してくれるのが、30㎝~45㎝くらいのショゴ、40㎝~50㎝くらいのワカシ、指3本~4本のタチですね。


時間で魚がかわり、薄暗い時間はタチ。タチがいなくなるとショゴ。そうしている間にワカシの群れ…


と、海はそんな感じだったので、今週は、釣る。と言うよりも、ジグやアシストフックの勉強をしていました。










最近の釣りの中で、ジグをボトムまで落とした際に、たまたまフラットが釣れちゃった事がポツポツあったので…


今日は、超久々にフラットでも…と思い、ジグでフラットを狙ってみました。


撃投ジグ レベル 40gをボトムまで落としネチネチ誘うと…
やはりフラットは素直に食ってくれる魚ですね。難しく考える必要がありません。


それにしても、コチがブログに登場するのは久々ですね。


最近も、ヒラメやコチがたまたま釣れちゃった事は何回もありましたが、狙って釣れた訳では無いので、写真も撮りませんから、ブログに載る事もありませんでしたからね。


ちなみに、アシストフックは、青物の場合はフロント1本でやっていますが、フラットを狙う場合には、アシストをリアにもつけてやってみました。










明るくなって来た頃から、波がほんの微妙な程度ですが軽く入り始めてきたので…


フラットは止めて、ヒラスズキを狙う事に…


フラットをやっていたのは30分無いくらいですかね…


いつもの事なんですが…


海へと立っていて、ヒラスズキ狙いが出来る可能性が少しでもあれば、場所なんかは関係無く、その今居るポイントで、その少しの可能性を求め、ヒラスズキを探しにいってしまいます。


今回やっていた場所は、海が穏やかな状況に限り、フラットはよくやりますが、荒れた状況でヒラはやった事が無く…と言うより、掛けてからの寄せや、取り込みまでを、どうやろう…?と、考えてしまうような激難ポイントなので、あえてやらなかったと言った方が正しいかもしれません。釣りをやり始める前に、どう攻めて、何処で掛けて、何処でどう取り込みして…等を予測しなければ、まずキャッチまでは難しいんです。


場所は相当難易度は高い場所ではありましたが、やはり数投で反応は出ました。
サイズも、こうしたサイズ(40㎝~60㎝)ばかりでしたから、掛けた魚はラインを切られる事無く、しっかりとキャッチ出来ましたが、今の自分のレベルでは、このポイントで、80㎝、90㎝、が掛かれば、キャッチ出来る自信は無いですね…





今回のポイントもそうなんですが、自分がやる場所で魚をキャッチ出来ない一番の原因はラインブレイク。今回も魚を掛けてから、超ハードストラクチャーゾーンを10m程越えてのキャッチとなります。


それなら、ロングリーダーでやれば良いんじゃないのか?


とも思うかもしれませんが、10m程度のリーダーでは全くの無意味。現に今回、PEに傷が入っていたのは20m程の所。
魚を掛ける場所(40m程)にも、勿論ストラクチャーはあり、寄せる最中もちらほらストラクチャーがあり、最後の10mは、ストラクチャーしかありませんからね。ですから、結果的に言うと、このポイントに限っては、PEは使えないのか…?と言う事になりますね…










今回は…


ヒラスズキを釣る為には、ある程度の条件が必要で、掛けるまでも難しく、更に魚を掛けてからも悩まされる… こうした他には無い難しさがあるからこそ、自分はハマってしまうんだろうな…


と、感じた釣りとなりました。