色々と、壁にぶつかっています。そんな中、すばらしい記事をみつけました。

 

人間というのは学習動物です。

頭脳を発展させ仲間と協力し、

生存と発展を遂げてきたのですから、

教え、教わるというのは
コミュニケーションの根幹をなす
非常に重要な要素です。

人間同士というのは常に
学び合う動物だとも言えます

 

参考:https://communication-relationship-skill.com/post-3573

 

人間とは、学び合い助け合いで生きている動物である。

にもかかわらずなぜ、そういった組織ができないのかを最近は良く考えます。

 

私が出した答えは

「これまで教わってこなかったし、教えることもしなかった。結果、今のその人を形成している」のだと思いました。

 

どんなことも人のせいにせず、まずは自分自身に問いかけて器の大きい人間になりたいと思います。