こんばんわ。

 

深夜のツインソウル、天野祐志です。

 

 

この記事の↓続きです。

 

『ツインの彼女をいかせられなくなってしまった。泣』

https://ameblo.jp/pawarai/entry-12315146880.html

 

 

 

今週の木曜日に、自由起業の集まりがあって。

 

そこの懇親会で聞かれてしまった。

 

 

「いかせられなくなったんですってね」

 

 

うーん、エデンの様なスピ系の世界で、ツインソウルブログ、

 

それも、エッチ系の話がでることはあったけど。

 

 

ビジネス系の世界で、このブログの話がでるとは。

 

 

さすがにちょっと恥ずかしい・・・といいつつ。

 

面白れーーー、が強いなぁ。

 

興味もたれるんだなぁ、この話。笑

 

 

ツインの彼女がいかなくなってしまったのは、

 

実は、快感の質が変わってしまったから。

 

 

僕とエッチをするようになってから、

 

彼女の快感の変化は著しくおきているんだ。

 

 

どんどんと快感を開発されてしまっている。

 

「こんなに気持ちいいのはじめて」

 

って、最初の頃から言っていて。

 

 

「先月よりもっと気持ち良くなっている」

 

と、毎月言っている。

 

 

「もっと気持ちよくなるなんて・・・もう想像できない」

 

といいつつ。

 

まだ毎月気持ちいいがあがってきている。

 

 

その結果。

 

 

僕の気持ちいい耐性を超えてしまいました。

 

 

元々、エッチ経験においては、僕のほうが先行していた。

 

彼女の快感を高めるように誘導していた。

 

だから、どうすれば絶頂に達するか、゛たいたい予想できた。

 

 

ところが。

 

最近は、追いつかれてしまった気がする。

 

 

ここから先は、僕も分からない未知の領域。

 

どこまでツインソウルの快感が先に進んでしまうのか。

 

 

いかせられない、というのは、いく直前のすごく気持ちいい状態が

 

延々と続くことを言っているんだ。

 

 

僕のほうが気持ち良すぎて、耐えられなくなってしまう。

 

彼女はいかないけど、すっごく気持ちいいが延々と・・・。

 

 

このあたりは、よっぽど体の相性がいいとか、エッチ経験が豊富だとか、

 

そういう人しか、しらないこと、だと思う。

 

 

ツインソウルのエッチは、そういう人しか知らない、

 

もしくは、そういう人も知らないレベルの快感を得られるエッチなんだ。

 

 

これから、僕らツインソウルは、エッチの快感の未知の領域に旅立ちます。

 

 

もちろん、そこで起きたことは、こっそり、深夜のツインソウルでお話しますね。

 

↓ツインソウルなら必ずいける?

ソウルメイト・ツインソウル

 

☆ツインソウルセッションやってます→ 詳しく知りたい

 

☆ツインソウルのこともっと知ろう→ ツインソウル無料メール講座

 

AD

コメント(4)