テーマ:

 

 「アンタの世渡りヘタなだけだろうが?w」、「一言謝ればよかったのでは?」とか色々意見が聞こえてきそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 確かに私は頑固かもしれん、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 退職の日、組合事務所へ顔を出したら委員長殿が不満そうだったw 何の相談も無くこちらの一存だけで退職したのが気に入らんみたいだった。

 

 

 

 そして、「何か言いたいことはあるか?」と聞いてくるので「不満の類でもいいですか?」と聞いたらそうだと言うので、前記のごとくありとあらゆる不満因縁めいたことを真摯に聞いてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 在職中は「組合もグルだ、相談しても聞いてくれん!」と思い込んでいたのだが、驚くほど念入りに聞いてくれた。 ありゃ、こんなことなら何故在職中に一言ぐらい相談しなかったかな?w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 豊田議員の暴言報道で長い間忘れかけていた昔のパワハラ被害が鮮明に蘇ってしまった。

 

 

 昔のことを思い出しては書いていたのですが、書きながらストレスで頭が痛くなってきましたw

 (片頭痛の持病もうつ症状の1つとして有りました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他、D社での女子社員自殺の件等々でパワハラに悩む人が世の中に結構多いと認識した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私の経験上、暴言には暴言で返した方が効果的、暴言を吐く人というのは自分が言われたことが無いから自覚が無い、つまり相手の気持ちがわからない

 

 

 殴り合いになってもそれはそれで良いじゃないですか、ケンカの1つもできないようで人生やってられますかの(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご自分自身が被害者となることでやっと相手の気持ちがわかるのである、「そんなことはできません!」という人もいるでしょう、その際は遠慮なく110番して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会社内であっても脅迫・恫喝行為は立派な犯罪です、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一度新社会人の時代に戻れるなら、まずは誰か弁護士先生と仲良くなっていつでも連絡を取れる状態にしておいて、そして仕事中はいつもレコーダで録音、私らが若いころはカセットしかなかったから無理な話だが、今ICレコーダーという大変便利な物がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パワハラには時効が有るのをご存じでしょうか? 一般的なパワハラ行為は2年、職環境的な嫌がらせ10年という時効が有ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 わたしがこの記事を書いた理由の1つがそれです、退職して数年たってからあれは嫌がらせだった、あれは法律違反だった、もう時効だ、訴えることが出来ない・・・www

 

 

 と、泣き寝入り状態です、そういう人々を減らしたいのが目的でこのブログを書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 退職して4年後、うつ病という病気が精神障害者の認定対象になることを知りました。

 

 

 しまった・・・、在職中に認定を受けていればどうなってたか・・・w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、市役所の障害福祉課で「精神障害者に認定します、よろしいですね?」と、5回くらい念を押されたような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その意味が後日判明した、ハロワ主催で身障者対象の合同就職面接会というのが有ってそれに参加したのですが、二言目には「精神の方は・・・」でした、つまり精神障害者は事実上、差別状態であったのですwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 怒り心頭の私はその時の会話の様子を某大型掲示板に書き込み、雇用支援機構に抗議文とともにURLを送りつけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政府に意見が通ったのか? その辺を汲んでくれたのでしょう、2018年度から各企業とも一定率の雇用が義務付けされるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私自身はもう五十を過ぎてますから、もうあきらめてますが、障害者差別解消の一助が出来ただけで満足しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 健常者なら五十過ぎでも人生まだまだと言えるでしょうが、大量輸血、大量の投薬で内臓ガタガタの私はもう長くなさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残念ながら自己退してまで「ネット事業で身を立てる」と豪語しておきながら、何ら成果は得られず、スズメの涙ほどの障害年金では食うのがやっとで親族には家族葬、しかも火葬式のみの費用しか残してやれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「価値のない人間だった」と思われるのもイヤなので半生をここに書き記すことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 数少ない身内たちが私の死後、ここを見てくれることを祈りつつ、カキコはこれで最後とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 随所に修正・追加文記載があるかもしれませんが、一応これにて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 長々とご閲覧ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パワハラ110番

 

 

法テラス

 

 

腰痛・首痛の悪い方へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。