ワーキングメモリーについて考えながら | ブレインジムを学ぶなら!「はじまりの家」で~大阪・京都・奈良・神戸・和歌山・三重

ブレインジムを学ぶなら!「はじまりの家」で~大阪・京都・奈良・神戸・和歌山・三重

ブレインジムとMBL(旧 BBAs講座)や、原始反射の統合を取り入れた言語療法をしています。自閉症・吃音・ダウン症・ことばの遅れ、ADHDなど発達障害のご相談、滑舌相談をお受けしています。

昔、知り合いに、

一流の国立大学を出た心理士さんがいらっしゃったのですが、

その方。

とっても暗算が苦手。

 

とても知能が高いし、お勉強もできるのに、

なぜ、暗算ができないんだろう???とかと

考えていたら。

ある答えに行きつきました。

 

ヒトって、外言語が発達して、

その後、外言語と内言語が分かれていきます。

 

内言語というのは、

内的な思考力になります。

 

さて、

ワーキングメモリーが弱いと、

やはり思考力も弱いのでは?って思います。

 

なぜならば、

さっきまで考えていたことを忘れてしまう。

つまり、

悩んでいる途中で、

何を悩んでいたか?ってわからなくなります。

 

ある意味、

「楽天家」

 

この話、

しばらくつきつめてみる予定です^^

 

実は某所から、原稿を頼まれたので、

今、このテーマで考えています。

 

 

さて

年内最後になりました。

MBL1DAY講座  12月22日開催

 お申込みは、ホームページから。こちら。