中谷正恵さんーコミュニケーション支援の方法講演会ー | ブレインジムを学ぶなら!「はじまりの家」で~大阪・京都・奈良・神戸・和歌山・三重

ブレインジムを学ぶなら!「はじまりの家」で~大阪・京都・奈良・神戸・和歌山・三重

ブレインジムとMBL(旧 BBAs講座)や、原始反射の統合を取り入れた言語療法をしています。自閉症・吃音・ダウン症・ことばの遅れ、ADHDなど発達障害のご相談、滑舌相談をお受けしています。




おはようございます😃
大阪でPECS実践されている
中谷正恵さんとあきさん親子の講演会が
10月26日!
千葉県野田市で開催されます。

私が、中谷正恵さんとあきさんに
初めて出会ったのは、6年前。

そのときに、こんなに重度の自閉症の成人の方で
好奇心いっぱいで、瞳がいきいきしてる方には
私は、初めて出会い、本当に驚き‼️そして感動したのです。

それまで私は、
重度の自閉症の成人の方で、
生き生きして笑顔いっぱいの方には出会ったことが
ありませんでした。

娘さんのあきさんは、今は30歳になられます。
最重度の無発語の自閉症のあきさんは
毎日の生活にPECSをフル活用されていて
自分の気持ちをつたえるだけでなく
お母さんや、支援の方達とのコミュニケーションを
見事にされています

あきさんは、とても積極的で、
要求などもたくさん出る、そして
多動もあり、自傷行為や、いろんな問題がある
自閉症の女性です。

この前の、お口の発達講座に参加していただいた皆さんは
笑顔で、お口のトレーニングをしていた
あきさんの動画を見ていただきました。

実際に今回は、あきさんご本人が同行されて
実際のPECSの実践を当日は見学もさせていただけるようです。

ぜひ、この機会に、
無発語の最重度の自閉症のお子さんが
実は、どれだけ
豊かなコミュニケーション意欲があり
豊かなイメージの世界があり、
表現したい!伝えたい!理解してほしい!と思ってられるのか。

表現手段をあたえられてないだけで
表現できれは。
実は、たくさんの内言語(あきさんは、1000以上の
絵かーどを操ります^_^)があることを知り
その内言語をPECSで表現できると
日常生活が、どのように変化していったのか?

そして、最重度の自閉症のあきさんを
生まれてから今まで
どのように子育てされてきたのか?

自閉症のお子さんを育てた方にしか語れない
そんな中谷正恵さんのお話しを聞きに行ってくださいね。