よく言われました。

私が白人の彼女と付き合い始めた頃、多くの知人は、


「白人の女の人って将来太るんでしょ?」



と。



今回、こんな記事を書いたのは、こいつがきっかけ。


白人女性と付き合ってきた男が語る、白人女性、外国人女性と付き合う方法!



エイリアン2 (完全版)


私の大好きなB級映画の一つです。
エイリアンシリーズでは最高傑作だと思っております。


懐かしいのでDVDを購入してしまいました~。
1986年の作品ですが、クオリティ高いな~。


そこで、当時の俳優さんたちが今でも元気に活躍しているか、どんな姿になったのか、Googleで検索しちゃいました。



マイケル・ビーン、シガニー・ウィーバー他、懐かしい実力派の俳優ばかり。

※著作権の関係で近いうちに消すかもしれんけど・・・。


俳優:マイケル・ビーンさん

エイリアン2のヒックス伍長!

http://fonda127.exblog.jp/11280935



こっちはターミネーターのカイル

http://blogs.yahoo.co.jp/bz178_cafe7/33709721.html


エイリアン2でもターミネーターでも、ヒロインを最後まで守って、結局は死んでしまう…。

そんな役回りがすごく合っていたマイケル・ビーン!

男気あふれる姿に、小中学生の頃は惚れてたZE~!


ターミネーターの方が先に放映されました。

エイリアン2でもターミネーターで使用した同じショットガンを使っていたそうです^^

監督が同じジェームズ・キャメロンだから、遊び心も入れられたんでしょうね!





続いてジェニット・ゴールドスタインさん

バスケス役で弾けた女戦士!

ターミネーター2にも出演されています。


http://johnnycat.wordpress.com/2010/08/09/jenette-goldstein/




エイリアン2で生き残ったヒックス伍長もエイリアン3では、冒頭で死んでしまっています^^;

ですが、エイリアン3のシナリオはもうひとつあって、ウィリアム・ギブソンの『エイリアン3』という幻の作品があります。


この物語だとヒックスとビショップ、ニュートも生き残っていて、エイリアンを生物兵器としようとする組織と戦うストーリーです。



詳しくはこちらで
http://www.asahi-net.or.jp/~kz3t-szk/oth_al3.htm


昔、エイリアン3のレンタルビデオ屋で借りて見ましたが、つまらなくて途中で見るのをやめたのを覚えています。


私はウィリアム・ギブソンのエイリアン3の方が好きです^^


すいません・・・本題からズレまくりました…。




エイリアン2でニュートという可愛い女の子が出演していました。


コロニーで唯一の生き残りのニュート

http://www.alicia-logic.com/capspages/caps_viewall.asp?hidName=Carrie+Henn



この娘の名前は、キャリー・ヘン Carrie Hennさん。



現在は、

http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Carrie_Henn.jpg


まるで別人の~♪プロポーション♪

嗚呼~水際のエンジェ(略)



http://www.wireimage.jp/celebrity-pictures/Actresses-Carrie-Henn-and-Jenette-Goldstein-attend-The-20th/72781489?cc=JPN&language=ja

向かって右側が、バスケス役を務めたジェニット・ゴールドスタインさん



1976年生まれですから・・・私よりも年上か!


なかなか恰幅がよろしくなっていますね^^;

私はぽっちゃり好きなので、あの下っ腹はありだぜ!!( ゚д゚)


それと、エイリアン2ではありませんが、私がCSの再放送でよく見ていたアメリカのハートフルコメディードラマ『フルハウス』。



めちゃくちゃはまっていたので、出演者のみんなが大好きです。


子役が多いドラマは、彼ら子役のその後がどうなったのか・・・を知りたいもんですよね。



ちょっとショックだったのが、ジョディ・スウィーティン(Jodie Sweetin)が薬物中毒になってしまったことですかね。


でも、過去の出演者(フルハウス一家)のサポートを受けて中毒から抜け出し、何度か結婚をしています^^;


フルハウスの出演者は今でも仲良しで、とっても絆が深いそうです^^!


http://www.gophoto.us/key/jodie%20sweetin

ジョディースウィーティン画像



さて、



「白人女性は年をとると太りやすいのか?」



これは、体質的な問題ではなく、食生活の問題
アメリカなどはハンバーガーやらステーキやら、脂肪たくさん、タンパク質たくさん、炭水化物もたくさんなので太りやすい環境にあります。


もちろん、ベジタリアンの方もいますし、ジャンクフードを控えて、摂り過ぎに注意している人もいるので一概には言えませんが、テレビでは太ったアメリカ人をよく見かけるので、『体質的に太りやすいんだな』と思う人が多いのでしょう。




ロシアやヨーロッパでも、じゃがいもと肉の塊がメイン。

紅茶やコーヒーに砂糖をタップリと入れたり、かなりこってりした茶菓子も食べるので太りやすいのだと思います。


黄色人種と比べて、白人、黒人は筋肉量が多いので、同じ食生活を送ったら、黄色人種の方が太りやすいです。




私の知人でもアメリカに留学してから、随分肥えて帰って来た人もいましたし、太る原因は個人差こそあれ、やっぱり食生活次第なんでしょう。



動物性タンパク質を摂らないと、肌がカサカサになったりするようですが、脂質を摂り過ぎてしまうと体の代謝が悪くなり老化が進むと言われています。


その証拠として、戦後、日本の食生活が大きく変わり、肉、乳製品がどんどん食卓に並ぶようになり、肥満を始めとする様々な病気が出て来ました。菜食メインだった日本人がいきなり欧米の食生活に変わってしまうと、肥満が出るのは当然。




人種の体質ではなく、食生活によって体型は変わる( ゚д゚)!





国際恋愛・結婚 ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村