2024年7月早いもので今年も半年が経ってしまいました。

 2023年に書いたブログ忘れないように見直して反省と新しい事へのチャレンジになればと昔の日記を見直し中

最近カラーの時にあるものを混ぜると髪の毛がいい感じになる事を発見カラーのたびにドヤ顔している今日この頃

 

さてみんなが意識すると逆の方向に行くってサイエンス知っていますか?危ない・危険って思っていると案外何もないことが多いい 大丈夫・安全って思っていると突然の出費があったり思いとはま反対のことが起こりやすいので都市伝説のクリミア書からあったら良いななかったら良いな

19世紀 ミタール・タラビッチ の詩

 

二つの大きな戦争の後 世界が平和になり 人々が豊かに暮らすようになるが それは小さな幻想と成り果ててしまう

なぜなら人々は神を忘れ知識のみを崇拝するようになるからだ しかし神の意思から見ると人間の知性などとるに足らなしものだ

神が海なら人間の知性など 一滴の海水にもならない 知識が増大するにつれてこの世の人間たちは互いを愛したっり

心配したりすることはなくなる 彼らの相互の憎しみはあまりにも大きく 彼らは自分の親戚よりも自分の持っている所有物や

小物のことを気に掛ける 人々は自分の隣人の人間よりも 自分の持っているいろいろな機械や装置の方を信頼する

 

 

人々は畑仕事を辞めて地中を掘るが本物のエネルギー源は 彼らの周囲にあるのだ人間がこのエネルギー源の存在を思い出し

地中に多くの穴を開けたことがいかに馬鹿げているのか 後悔するようになるまでは長い時間がかかる そいしてこのエネルギー源は

人間の中にも存在している しかし人間がそれを発見し取り出す術を獲得するには 長い年月がかかる なので人間は自分自身の本来の姿を

知ることなく 長い年月を生きることになる

 

マグラブ フリーエネルギー (笑) 夢がある テスラコイル とかも夢がある

 

高い教育を受けた人々が現れる 彼らは本を投資て多くのことを知り 考え そして自分たちが なんでもできると思い込んでしまう

それからの人間の存在は 人間が自分自身の真の姿に気づくことの 大きな障壁になる 「人間の真の姿への気づき」 を得ると

こうした教育のある人々の言葉に 聞き入っていた自分自身がいかに大きな錯覚に陥っていたのか 自覚するようになる

この人間本来の姿の知識は あまりにも単純で なぜこんなことをもっと早く 発見しなかったのかと後悔するだろう

それまで人間は何も知りもしないのに 自分を全知全能だと思い込み あらゆる馬鹿げたことを行うだろう

 

昔の人の詩 夢だねロマンだね

 

月や星では人々は 馬車のようなものを運転する 彼らは生物を探すが 自分たちと似た生物が 見つかることはない

生命はそこに存在しているが 彼らはそれが生命であることを 理解しないし知ることもない

 

高次元すぎてわからないのかな? (涙)

 

北方の国の国民で愛と慈愛を 人々に説いてまわる小男が現れる しかし彼の周囲には多くの偽善者がいる こうした偽善者は

誰も人間の真の偉大さとは何かを 知ろうとはしない だがこの北方の古男の書いた文章と 話した言葉は残るので 人々は自分たちが

いかに自己欺瞞に陥っていたのか 気づくようになる その時代には 多くの数字が書かれた本を読んだりあるいは 書いたりするものたちが

もっともよく 物事を知っていると考えられる

 

これらの教育のある者たちは 自分の人生を計算に基づいて送ろうとし 数値の命ずるままに行動する こうした人々の中にも

悪人と善人が存在する 悪人は悪行を平気で行う 例えば空気や水 そして河川や土地を汚染し このため人々は

様々な病気で死ぬようになる 善人で賢い者たちは 数字から導かれた努力には何の価値もなくそれはただ 世界を破壊するだけであることを

悟るようになり 数字に答えを見出すのではなく 瞑想をとうして真実を発見しようとする 人は瞑想すると神の知恵に近づいていく

しかし時はすでに遅い 悪意を持つ者たちが 全世界を荒らしまわっており 巨大な数の人々が 死に始めるからである

 

人間の魂は悪魔にのっとられるのではない もっと悪いものにのっとられるのだ そのころの人間の信じているものには

真実など一切ないのに 自分たちの信じる幻想こそが真実だと思い込むのである 人々はきれいな空気をきらい 神々しい爽やかさと美しさは

人間が作った 上下関係の階層関係の中で見えなくなってしまう しかもこれは誰かから強制されてこのようになるわけではないのだ

人間は自分の自由意志からこうしたことを行うのだ

 

東洋の賢者が現れる 彼の知恵は海を越え国境を越え世界に広がる しかし人々はこの知恵を虚偽と決めてしまい長い間信じることはない

人間の魂は悪魔にのっとられるのではないもっと悪い物に乗っ取られるのだ 自分の信じる虚偽の幻想こそ真実だと思い込むのである

 

三つの十字のある所誰か教えて・・・

 

世界中で奇妙な伝染病が万永する 誰もその治療法がわからない知識のある物たちが「私には高い知識があるのでこの治療法はわかっている」

と言い張るが 実は誰も何もわからない 人々はいくら考えても正しい治療法を見つけることはできない だが治療の鍵となるものは

人間自身の中や 周辺にあるのである

 

YAP遺伝子だといいな〜

 

そんなこんなでご予約お待ちしています。