(米国特許出願)費用 | 弁理士Hの気まぐれメモ

弁理士Hの気まぐれメモ

カモノハシのイコちゃんをこよなく愛する38歳弁理士♂が、日頃の仕事で知り得た情報でメモっておこうと思ったことや、思ったことをとりとめもなく発信します。


テーマ:
個人的なメモでもありますが、米国特許出願における料金について。

※2011年9月26日からの改定料金です。

出願時には、庁費用として、出願料、調査料、審査料の3点セットが必要です。さらに、現地代理人費用は別途かかります。

・出願料:380 USD(small entity 190 USD)
・調査料:620 USD(small entity 310 USD)
・審査料:250 USD(small entity 125 USD)

というわけで、最低1,250 USDがかかります。

そして、クレーム数が多いとsurchargeがかかることもご考慮に。

・全クレーム数
全クレーム数が20までであれば、追加手数料がかからない。20を超えると、1クレームあたり60 USD (small entity 30 USD)の追加手数料がかかります。

・独立クレーム数
独立クレームの数が3つまでであれば、追加手数料がかからない。3を超えると、1独立クレームあたり250 USD (small entity 125 USD)の追加手数料がかかります。

・マルチクレーム
入れないのがベター。入れる場合には、450 USD (small entity 225 USD)の追加手数料がかかります。

従って、特別な理由がない限り、「全クレーム数は20個以内、独立クレームは3個以内、マルチクレームは使わない」を一定の目安にするとよいでしょう。

詳細は、以下のUSPTOのサイトをご参照ください。
http://www.uspto.gov/web/offices/ac/qs/ope/fee092611.htm

ほか、よく出てくる費用として、

・特許証発行費用(issue fee)(1740 USD、small entity 870 USD)
・RCE費用(930 USD、small entity 465 USD)
・仮出願費用(250 USD、small entity 125 USD)
・延長費用(1ヶ月)150 USD、small entity 75 USD
     (2ヶ月)560 USD、small entity 280 USD
     (3ヶ月)1,270 USD、small entity 635 USD

などがあります。

何かの参考になれば。

hamadaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス