知財戦略

テーマ:

知財戦略とは何か?

知財を活用して競争優位を獲得する理論、という説がある。


特許を戦略的に取得するためには基本特許、利用特許を、もれ、抜けの無いように取得する必要がある。

しかし、これは企業でも難しい。製品開発が完成すれば企業としては次の製品開発にかかる必要がある。

製品完成後に完成した製品に関する網羅的なデータを出して特許壁を構築するだけの余裕がないことが多い。


これを防ぐためには、研究開発の当初から特許壁が作れるような研究計画を立てるのがよい。

つまり、基本発明を基本特許で押さえ、さらに、それに重ねて利用特許を取り、他社が実施できなくする。


基本特許だけを押さえても、他社に利用特許をその範囲に重ねて取られてしまうとそこが穴あき部分となり、基本特許を持っている特許権者と言えども利用特許のライセンスを受けなければ実施できなくなる。

これでは先願主義と言えるのだろうか?後願特許によって先願特許権者の実施が妨げられるのである。


逆に、他社が基本特許を持っていても、その利用特許を網羅的に押さえてしまえば、他社はその利用特許を実施できないことから改良品を出せなくなってしまう。


そこで、基本特許、利用特許ともきっちりと取得してその製品、事業を守る特許壁を作る必要がある。これがきちんとできている会社はそう多くない。


特許壁を作る出願戦略を練るためには特許マップを作り、穴の無い知財ポートフォリオを構築するべきだろう。