特許相談というか、特許鑑定についての雑感である。


 特許相談で、「こんなものを企画し、試作案をまとめてみました。ところが先行する特許がありました。本件、この特許に抵触する、しない。」の特許鑑定に関する問い合わせがあるが、このなかで、実は、相談者は特許に関する知識が豊富で、先行する特許の内容を十分に検討しており、抵触しないように試作案を練り、次の試作・量産段階に移行する前に一応「抵触しない」との確証(?)を得ておこうとの意図が見え見えのときがある。

 

 こんな特許鑑定の前に費用の見積を求められるが、相談者の意向を尊重(忖度?)した「抵触しない」の鑑定結果が予測される場合と、意向に沿うのがどう考えても難しく意向に反した「抵触する」の鑑定結果が予測される場合とで見積りをどうするかで迷う。


 迷わないとの考えもあり、そもそも鑑定費用は鑑定結果により相違することはなく、依頼内容から予測される労力に基づいて決めるものだからというのが主な理由。


 確かに正論だけど、自分の意向に沿わない鑑定結果に対してお金を支払うかというと、なかなか難しいのが現実。

 実は相談者が思い描いていた結果と反対の鑑定結果を報告したとき、請求書を何度か発行しも支払がなく、ほぼ忘れかけた時にやっと支払があった。

 

 そこで、相談者の意向を尊重した鑑定結果を報告すると共に、それと反対の鑑定結果になる場合があり得ることを併記しておくと、よいとのアドバイスを受けたことがある。


 こんなのが鑑定になるのかという気がした。


 でもね、かなり前、某大先生の鑑定書を読んだとき結果がどうであれ責任追及されないような内容になっていたので、まあそういうものかと思ったこともある。


 ただね鑑定結果がどうであれ、最終的には裁判の場で決まるので、弁理士の鑑定なんかそんなものだよとの意見があるが、それには賛同し難いよね。


 じゃあどうすればいいの?


 相談者に対し、これでは特許に抵触するとの鑑定結果を伝えるとき、必ず回避策を提案すること。


 でもね、回避案を提案することは、相談者が求める技術の専門家ではないので、難しくない。

 難しいかもしれないが、相談者に回避策について再考するように促すことは出来る。

 例えば、素人考えですが「こんなのはどうでしょうか?」と問いかけに対し、「ダメ、ダメ、素人はこれだから困る」と、したり顔でいいつつも、先行する特許を回避するどころかそれを凌駕する凄い発明を生み出すことがある。

 

 鑑定で面白いと思うのはこんなやり取りである。

 

 そうすると、相談者の意向などに構わずに鑑定をし、必要なときは必ずフォローするということなのか。

 

 どうもそういうことだね。

 

 もっともらしい知財の話しはこれまでとしましょう。

 


 

 憲法9条信者、戦前の軍国主義者と同じではないのかと疑問に思うことが有る。


 当事務所はJR御茶ノ水駅の御茶ノ水橋付近にあり、よく駅前で憲法9条改正反対と喚いているのが耳に入る。


 東京都の騒音防止条例は適用されないのか?
 緑のタヌキ、いいえ間違えました小池知事殿、何とかして。
 五月蠅くて仕方がない。

 

 憲法9条改正反対、憲法9条を守れなどを喚き散らしているが、こいつら、大和魂や神風を叫んでいた戦前の軍国主義者と、

 現実を直視しないという点、

 異なる意見に耳を貸さない点、

 自分たちはエリートでそれ以外は愚民と見下している点、

などで精神構造が同じではないのか?


 日本人、いや人間は何も変わらないのでは?

 ウソを付く人は、ずっとウソをついているし、それは国家も同じ(某国を思い出してくれれば納得)。

 

 憲法9条信者のことをいったけど、日米安保条約で米国が外国からの侵略者に対し日本を守ってくれるなどを信じている輩も同類かもしれない。