実用新案登録出願人はその出願日から3年経過前ならば特許出願に出願変更することが出来る(特許法46条第1項)。
 実用新案権者は、その登録にかかる実用新案登録出願日から3年経過前ならば特許出願に出願変更することが出来る(特許法46条の2第1項)。


 実用新案登録出願又は実用新案登録から特許出願への変更出願の場合、巷では意味があると云われているが本当なのか?


 実用新案のままならば無審査で登録が認められるけれど、特許では審査があり、拒絶されることがあるけれど。


 実用新案登録後、実施したら結構いけることが分かった。


 そうだ特許で権利化しよう。


 ところがどっこい、特許出願に変更したら、拒絶査定をくらってしまった。


 オイオイどうするの?


 仕方がないので実用新案に戻すことにしようと思うが、駄目か?


 そりゃ駄目でしょ。


 権利として使える可能性があるに、実用新案に戻すなんて意味不明。


 拒絶査定不服審判請求をして、あくまでも特許として権利化を目指すほうが得策では???


 但し、留意することがある。


 それは、権利化を目指す余り権利行使が難しくなるようなクレームの限定はなるべく避ける様にすることである。

 

 はじめ特許を目指したけれど、将来休眠特許になる可能性が大きいならば、実用新案登録出願に変更する。


 はじめ実用新案にしたけれど、将来使えると分かったら、特許出願に変更する。

 

 特許と実用新案との間の出願変更、権利行使可能か否かで分かれる。


 出願変更による特許戦略、分割出願制度を利用した特許戦略に比して結構単純で、選択肢が乏しいと思う。


 でもね、出願変更と出願分割を併用すると結構面白い特許戦略を描くことが出来るのでは?

 

AD