10月18日の倫理集合研修時に討論用議題の一つになった成功報酬について考えたく、ブログにした。

 

成功報酬(謝金)について、弁理士会のホームページによれば、「弁理士が手続をすすめて結果が成功したときに受け取る弁理士報酬をいう」と定義されている。

 

例えば、特許出願をし、進歩性などを理由に拒絶理由通知を受けたとき、意見書・補正書を提出し、その結果、特許査定を受けた時に弁理士報酬として請求するものである。


出願時に請求する弁理士手数料とは異なる性質のものである。

 

拒絶理由通知を受けることなく特許査定を受けた時にも弁理士報酬として請求する場合がある。

意見書・補正書を提出するも拒絶査定を受け、不服の審判請求をし、審判段階で特許査定を受けた時に弁理士報酬として請求する場合もある。

 


何故、成功報酬(謝金)を問題にしたかというと、これに対してはいろんな意見があるからである。

 

依頼者側にしたら成功報酬など支払いたくないという意見がある。
尤もである。

 

弁理士側にしても、今時成功報酬を口にしたら依頼が来なくなるという意見がある。

成功報酬は時代遅れであると、言い切る意見もある。

 

成功報酬はトラブルのもとになるとの意見もある。

例えば、出願依頼時に十分説明しなかったことが起因する場合がある。
特許査定後に成功報酬を請求すると、出願時に一応口頭で説明したにもかかわらず、そんなことは聞いていないと云われることがある。

 

反対に、依頼者側から出願時の手数料を安くして特許査定になったら成功報酬を支払うようにして欲しいと、頼まれたことがあると、聞いたことがある。

 


もともと成功報酬は依頼者側の出願時の負担を軽減するものであるといわれている。
具体的には、出願時の弁理士手数料のうち、成功報酬に相当する分を予め減額して請求しておき、特許査定になったら減額した分(成功報酬)の支払を求め、ならなかったら求めない。

そう考えると、成功報酬、結構、合理的ではないのか。

 

成功報酬を請求するという前提にたち、トラブルを避けたかったら、予め出願から登録に至るまでかかる費用の見積書(出願時の手数料、中間処理時の手数料、成功報酬など)を作成しておき、これを提示した上で依頼を受けるようにすればよいかも知れない。

 

面倒ならば成功報酬を請求しなければ済むだけの話。