特許鑑定をしていると予想だにしなかったことに遭遇することがあります。


 例えば、抵触するとの鑑定結果に対し、依頼人は鑑定対象の特許を回避した上にそれを凌駕する内容の技術を開発することに遭遇することがあります。


 詳しい話を聞きますと、先行技術の存在は知っており、下品な言い方をすると、この先行技術をパクリ、金もうけをしようと企みましたが、気になり製造販売する直前に抵触鑑定を依頼しました。そうしたら案の定抵触するとの鑑定結果でしたので、根本から考え直しました。そして先行技術とは別のアプローチがあることが分かり、今回の新技術の開発に至った次第です、とのことでした。


 よくここまで考えたかと思います。

 

 でもこれはレアケースではないかと思います。


 設計変更しして先行技術を回避することは誰でもできることではありません。


 技術開発力があれば可能ですが、そうでなければ普通出来ないことだからです。


 ただ注意しなければならないことがあります。


 それは、特許権者は自己の特許の権利範囲を広くとらえ、先行技術の特許を回避して先行技術を凌駕する新技術について、抵触しているとして警告書を送ってくることがあるからです。


 これに備えるためにも再度抵触鑑定をすることを勧めます。


 備えあれば患えなし、ということですね。