知的財産と米国経済

テーマ:

 以前、USPTOのホームページにタイトル「 USPTO Report Shows
Intellectual Property-Intensive Industries Contribute $5 Trillion, 40 Million Jobs to U.S. Economy 」
のタイトルの記事があったことを思い出した。


知財雑感ブログ


 同記事は下記URLで入手することができる。
http://www.uspto.gov/ip/officechiefecon/report_ip_and_the_us_economy.jsp


 その一部を紹介すると、
「 On April 11, 2011, Secretary of Commerce John Bryson
introduced Intellectual Property and the U.S. Economy: Industries
in Focus, a report jointly authored by the Economics and
Statistics Administration (ESA) and the USPTO, both bureaus in the Department of Commerce (DOC). This report is the first
comprehensive analysis using USPTO administrative data to identify U.S. industries using intellectual property (IP) most intensively, and reports on the economic impacts of these industries.
The report demonstrates that IP is widely used in the economy, and the industries that most intensively use IP account for a large
share of economic activity upon which Americans rely upon for
employment and new products and services. While this report does
not contain policy recommendations and is not intended to directly advance particular policy issues, it suggests that the private and government sectors must pay increasing attention to the IP system
and the public policy surrounding it. 」


 知的財産が米国経済にとってどの位寄与するのかを金額と雇用の面から分析したものである(知的財産集約型企業が5兆円と40万人の雇用を米国経済に寄与)。


 詳しい内容については、タイトルが「 Intellectual Property and the U.S. Economy:Industries in Focus 」のPDFにあるので、興味のある方は参照してみては。

 このPDFは、上記記事の最下欄にある
 「The report in its entirety can be found here.」「here」
部分をクリックすると、入手することができる。



 ところで、最近特許庁から「特許行政年次報告書2012年版~グローバルな知的財産システムの実現に向けた競争と協調~」の発表があった。

 今後、上記報告書に、知的財産が日本経済にどのように影響を与えて、どの位のお金や雇用を生み出したかについての分析、報告などもあると、さらに役立つものになるのではと期待している。