股関節を使った投球フォームの指導法~巨人・澤村はこれをやれ!!~ | セミナー実績No.1!!トリガーポイントと古武術を極める理学療法士・波田野〜手技・書籍紹介やセミナー情報〜

セミナー実績No.1!!トリガーポイントと古武術を極める理学療法士・波田野〜手技・書籍紹介やセミナー情報〜

Oriental Physio Academy代表・波田野征美。
トリガーポイントと東洋医学を組み合わせた施術。痛みだけでなくめまい、不眠、胃腸症状にも対応。
施術&講師依頼の方はhatano_masaharu0511@yahoo.co.jpに。さいたま、上尾、整体。

どうも、体軸コーディネーターの波田野です!!


先日の記事で

巨人・澤村の投球フォームの問題点を指摘しました。

http://ameblo.jp/pata0511/entry-11694884732.html




それを改善するためのエクササイズを

一部ですが

ご紹介します。



まずは

股関節で体重を受け止める練習です。

$理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0112.JPG

まずはまっすぐに立ちます。
もちろん「ウナ」に乗った3軸姿勢で。


そこから・・・

$理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0113.JPG


お尻を少しだけ後に引いて腰を落とします。
このときは股関節を挟むような意識で。
あとは膝は殆ど前に動かないようにしましょう。
スクワットなどではよく「膝がつま先より前に出ない範囲」とされますが、膝は殆ど動かしません。
そうすることで脛骨は垂直に近い形を保ち骨で支えることができるからです。



これを片脚でも行います。
理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0116.JPG
理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0117.JPG

これだけでも一流のプロ投手みたいではないですか?


$理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0115.JPG



この形を脚を実際の投球時と同じくらいに挙げたところからでもできるように練習することです。





で、股関節に体重を受け止めたら

次のエクササイズ。

理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0118.JPG
理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0119.JPG


上の写真では挙げてる側の脚は外旋で挙げています。
これで大腰筋を刺激します。
脚を挙げるときに内旋で挙げてしまいますが、それではBADです。

下の図で軸脚のブラッシングを協調することで前方推進時に軸脚にタメをつくる練習をします。
これでふらつくようだと軸脚で支えられないという判断をします。





これを反対の脚でも行います。
理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0120.JPG
理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0121.JPG

広島・前田健太のようなフィニッシュですね。

これで投球の最後のブラッシングを練習します。
このときに支持脚、投球の踏み込み側の脚は外旋で足底の外側でバランスを取れるようにならないとダメです。
内側荷重ではなかなかバランスが取れないと思います。




基本的にはこのエクササイズを徹底的にやってください。

まずはゆっくり大きくして可動域やバランス能力を。

それができるようになったらスピードを上げて、鋭さを。




で、ブラッシングをさらに練習するには


これも。


$理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0122.JPG


後脚を椅子の上に置いて、フォロースルーの形を作って

$理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0123.JPG

踏み込み側の股関節を絞りこむイメージでもいいし。
後脚側の骨盤を下に向かって押し付けるように絞っていきます。





こういうエクササイズで骨盤の動きを引き出したら

最終的には片脚立ちでの投球練習でチェック&練習です。


まずは軸脚側での片脚立ち。

理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0126.JPG

軸脚にしっかりとタメて~~

理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0127.JPG

踏み込み脚を引きつけて投げる。
これでふらついてはいけません。
あとここでのチェックポイントは引き付けた脚はしっかりと外旋です。
内旋で引きつけてしまう選手はバッドネイチャーです。

ちなみにこの形はサッカーのフリーキックに近いですね。
サッカー選手も練習するといいです。
野球少年で内旋で引きつけてしまう子にサッカーボールを蹴らせるとインサイドキックができませんよ。



次は踏み込み脚側で。
$理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0124.JPG


$理学療法士の年収アップのための治療&ビジネスアイデア情報局-SBSH0125.JPG

これでバランスを取れるように。



これで実際にボールを投げさせてください。


コントロールの悪い選手は、コントロールを気にしすぎて手投げになってさらにコントロールが悪くなるという悪循環に陥りますが

そんな選手にこれをやらせて、単純に片脚でもバランスを取らせる・・・というだけでなく

振り切ったほうがコントロールが安定することを実感してもらうことができます。



もちろん私もまだまだ股関節が固いので練習中ですが

どんどんと投球が安定しています。


お試しあれ。


では~~~!!!