広報ジャーナリスト 堀 美和子のブログ

「売り込む」のではなく「欲しくなってもらう」仕掛け。
広告宣伝・販促と広報の“両輪”で、あなたもブームを巻き起こして下さい。
広報ジャーナリストならではの視点で、記者に「この情報を伝えたい」と思わせるプレスリリースの秘訣もお伝えしていきます。


テーマ:

私の困った(?)癖の一つに、新聞のスクラップがあります。スマイリー

ちょっと気になったのは何でもかんでも取っておいてしまうので、
このデジタルな時代に、紙がワサワサ貯まってます。あちゃー


でも、“紙だからこそ”の奇貨っていうんでしょうか、
A+B=Xとかになったりするから、止められましぇ~ん。(笑)

 





今日も広報ジャーナリスト・堀美和子のブログにお越しくださり、
ありがとうございます。あなたに感謝ですっ!







そんな奇貨の一つが、全然違う時期に載った
瀬戸内寂聴さんの連載と、
ある高齢女性(故人)の記事を続けて読んだこと。


最初に読み返した寂聴さんの連載は、
岩手県の天台寺に晋山された時のこと。

※「しんざん」と読みます。
  僧侶が新たに一寺の住職となることです。

 



(天台寺 Wikipediaより)

 

 


「青空説法」ですっかり有名になったあのお寺ですが、
最初「住職に」と持ちかけられた時は
「断ろう」と思われたそうです。

それがまるで観音様と大阿闍梨に導かれるように、
住職の任を受けていた、と綴られていました。

 

 



「へぇ~、不思議なことがあるもんだなぁ」と読み終え、
次に目についたのが、

「働き通して貯めた1億円以上、被災地の子へ 91歳死去」
と題された記事。


愛知県豊橋市の老人ホームで亡くなった女性が、
遺産のほぼ全額を「東日本大震災こども未来基金」
遺贈した、というもの。



 

 

 


私の中で

なぜかこのお二人が“スパーク”しました。
 

 


寂聴さんにとって天台寺晋山が“奇貨”だとしたら、
私にとっての“奇貨”は、
別々に書かれたお二人の記事を一緒に読んだこと。


 

 



作家としての本分よろしく、
歯に衣着せぬ提言を続けておられる寂聴さん。


生涯“職業婦人”として独身を通した豊橋市の女性も、
寄付先を自ら選んだり、正式に遺言に残すなど、

 


歯に衣着せぬ物言いの人で、
自分が正しいと思ったことを最後まで貫いた方。




お二人の生き様が相まって、ズドンと腑に落ちました。



「言うべきことは言う。
 言うべきでないことは言わない」





広報を職業とする身として言うべきこと、それは、

「我さえ良ければ」、
「自分とこだけが注目されれば」、
「とにかくうちの商品だけが売れればいいんだ」、




と考えてメディア登場を目指さないで下さい、ということ。





それよりも、

「どうしたら、社会のためになるか?」

「そのために、
 自分の技・業や商品をどう役立てられるか?」

を考えた方が、遥かに容易にしかも早く
取材に結びつきます。

 



 

 


そこに思いを馳せてマスコミに届け続ければ、
記者は放っておきません。

 


そして、

記者

 矢印(下)

新聞・TV・雑誌・ラジオ・ネット媒体
 

 矢印(下)


読者・視聴者

 矢印(下)

必要な人

へと、情報と商品・サービスが渡っていく。


即ち、「売れる」「ヒットする」ということです。

最初からそこを狙ってないにも関わらず。。。

 

 



大切な事なのでもう一度繰り返しますね。

最初からそこを狙ってないにも関わらず、です。

 

 

 



なぜかというと、そもそも
「広報」="Public Relations"だから。

 


「社会との関係性」を作り、
その中でずーっと売れ続ける仕組みを作っていくことだから。

 


 

(小さい労力でまず小さい歯車を回し、
 小さな力が伝わって伝わって・・・

 やがて大きな歯車を回すイメージです。(^_^)/)

 

 



寂聴さんの年にはまだ遠いですが、^^;
今から言い続けますね。


あなたのプレスリリースには、
“社会”という視点がはいっていますか?と。


「我さえ良ければ」とか、「売りたい売りたい」では、
決して記者は振り向きませんし、
「いいね!」と売れてはいきませんよ、と。




そしていずれ、

「言うべきことは言い、
 言うべきでないことは言わないおばあさん」

になれればいいな~って思います。(・.・*)(._.)




ご訪問ありがとうございました。m(_ _)m
人気ブログランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

パタさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。